[NT] エラーメッセージ:メモリが "read" になることはできませんでした。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP262490
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows 2000 ベースのコンピュータのローカル コンソールにログオンしたとき、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
"'<アドレス>' の命令が '<アドレス>' のメモリを参照しました。
メモリが "read" になることはできませんでした。
プログラムを終了するには [OK] をクリックしてください。
[OK] をクリックすると、コンピュータが再起動し、その後のログオンは成功することがあります。

注意: このエラー メッセージは、Terminal Services クライアントを使用してログオンした場合にも発生することがあります。
原因
この現象は、オペレーティング システムにより、許容される最大文字列長に対して十分な大きさのバッファが割り当てられないために発生します。データがバッファの大きさを超えると、Winlogon サービスが異常終了して、このエラー メッセージが生成されます。
解決方法

Windows 2000

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
状況
弊社ではこの問題を本資料の冒頭に記した製品の問題として認識しております。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 262490 (最終更新日 2000-08-16) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:262490 - 最終更新日: 12/05/2015 20:11:11 - リビジョン: 4.2

Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kberrmsg kbfix win2000presp1fix KB262490
フィードバック
' の命令が '<アドレス>' のメモリを参照しました。 メモリが "read" になることはできませんでした。 プログラムを終了するには [OK] をクリックしてください。 [OK] をクリックすると、コンピュータが再起動し、その後のログオンは成功することがあります。 注意 : このエラー メッセージは、Terminal..." />
' の命令が '<アドレス>' のメモリを参照しました。 メモリが "read" になることはできませんでした。 プログラムを終了するには [OK] をクリックしてください。 [OK] をクリックすると、コンピュータが再起動し、その後のログオンは成功することがあります。 注意 : このエラー メッセージは、Terminal..." />