大規模な組み込みグループを使うと、Lsass.exe でメモリ リークが発生する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP262539
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
システム モニタ ツールを使って、Lsass.exe の "Private Bytes" でメモリ リークが観察される場合があります。
原因
この現象は、組み込みのグループ (Administrators グループや Account Operators グループなど) がかなり多くのメンバを所有している場合に発生します。これを確認するには、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の情報を使って、システム モニタでログを作成します。
248345 How to Create a Log Using System Monitor in Windows 2000
リークは、Lsass プロセスに対する空きメモリのバイト数のカウンタで発生します。また、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) および Umdh.exe を使用して、メモリを解放しない関数が Samsrv.dll にあるかどうかを確認できます。
268343 Umdhtools.exe: How to Use Umdh.exe to Find Memory Leaks


状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれています。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
詳細
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Installing Microsoft Windows 2000 and Windows 2000 Hotfixes
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 262539 (最終更新日 2001-02-22) をもとに作成したものです。

lsass exe
プロパティ

文書番号:262539 - 最終更新日: 01/30/2014 03:06:57 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp2fix kbhotfixserver KB262539
フィードバック