現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 7 と Windows Server 2008 R2 で、Virtual WiFi/SoftAP が「ホストされているネットワークを起動できませんでした」で開始に失敗する

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2625519
現象
Windows 7 と Windows Server 2008 R2 で、Virtual WiFi/SoftAP を開始しようとすると 「ホストされているネットワークを起動できませんでした」エラーになる。
原因
ワイヤレス ネットワーク アダプターの電源の管理オプションの「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフできるようにする」がオフになっている場合に発生します。
解決方法
ワイヤレス ネットワーク アダプターの電源の管理オプションの「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフできるようにする」は、次の手順を使用して、有効にします。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] を選択します。
  2. [システムとセキュリティ] を選択します。
  3. [デバイス マネージャー] でシステムを選択します。
  4. 選択し、[デバイスの一覧からネットワーク アダプターを展開します。
  5. ワイヤレス ネットワーク アダプターを右クリックし、プロパティ] をクリックします。
  6. [電源管理] タブを選択します。
  7. 電源の管理] タブで、次のオプションをオン (有効) 確認:"コンピューターを電力を節約するこのデバイスを無効にするのには".

注:コントロール パネルを小さいアイコン、または大きいアイコンで表示するように構成されている場合は、手順 2 に記載されている、システムとセキュリティ] カテゴリが表示されません。この例では、使用可能なコントロール パネルのアプレットからシステムを選択し、[左側のペインでデバイス マネージャーを選択します。手順 2-3 を省略して手順 4 に進みます。

詳細
この電源オプションが無効になると Microsoft Virtual WiFi/SoftAP は Windows 7/Windows Server 2008 R2 ではサポートされません。

Virtual WiFi/SoftAP の詳細については、MSDN の次の資料を参照してください。

About the Wireless Hosted Network

仮想の Wifi、SoftAP、ワイヤレス ネットワークのホスト
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2625519 - 最終更新日: 11/10/2011 05:26:00 - リビジョン: 4.0

  • kbmt KB2625519 KbMtja
フィードバック