[NT]IPconfig を使用し Services.exe でワトソン博士のエラーメッセージが発生

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP262637
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Ipconfig.exe を DNS リゾルバ キャッシュ表示スイッチ (/displaydns) 付きで実行すると、キャッシュに大量のエントリが含まれる場合に、Services.exe によりワトソン博士のエラー メッセージが生成されることがあります。この現象は、2000 個のエントリを含む DNR (Domain Name Resolution) キャッシュが存在する構成で報告されています。
原因
この問題は、DNR キャッシュに 2000 個以上のエントリが存在する場合に発生することがあります。このため、問題を解決するために、Ipconfig.exe を /displaydns および /flushdns スイッチ付きで実行し、クライアントに対する Web サイトの失敗発生個所を検索しようとすると、Services.exe が応答を停止 (ハング) することがあります。
解決方法

Windows 2000

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 262637 (最終更新日 2000-08-16) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:262637 - 最終更新日: 02/04/2014 14:06:04 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix win2000postsp1fix win2000presp1fix KB262637
フィードバック