Windows 2000 の無人インストールの実行中に、静的 IP アドレスが保持されない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP262688
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows 2000 の無人インストールを実行中に、応答ファイル (Unattend.txt) が静的 IP (インターネット プロトコル) アドレス情報を使って構成されないことがあります。オペレーティング システムのインストールが終了し、すべてのネットワーク コンポーネントがインストールされると、コンピュータの IP 構成が、無人応答ファイルで指定された IP アドレスを使用せずに、DHCP (動的ホスト構成プロトコル) を使用するように構成されていることがあります。
原因
この現象は、コンピュータで見つかった赤外線デバイスのポートがネットワーク アダプタとして扱われ、アダプタ番号を割り当てられることが原因で発生します。無人応答ファイルは、アダプタ インスタンス固有のパラメータ (Adapter1、Adapter2 など) を設定するので、別のアダプタの情報があると、この番号が 1 ずつ増加し、応答ファイルで指定された情報が正確でなくなることになります。ネットワークの構成が指定されたアダプタ インスタンスを見つけることができないので、デフォルトの情報を使用します。その結果、DHCP がアドレスを割り当てることになります。


状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれています。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 262688 (最終更新日 2000-11-15) をもとに作成したものです。

irda
プロパティ

文書番号:262688 - 最終更新日: 01/23/2014 08:09:57 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbenv kbpending KB262688
フィードバック