ファイル コントロール ブロックの削除でメモリ リークが発生

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP262825
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ファイル コントロール ブロック (FCB) を使用してプログラムからファイルにアクセスすると、プログラムからファイルを閉じるたびにメモリ リークが発生することがあります。時間の経過に伴って、メモリ不足エラー メッセージが表示される可能性があります。
解決方法
この問題を解決するには、コンピュータを再起動してメモリを解放します。
状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しており、現在調査中です。詳細がわかり次第、サポート技術情報にてお知らせする予定です。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 262825 (最終更新日 2000-10-04) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:262825 - 最終更新日: 02/13/2014 18:31:25 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbenv win2000presp1fix KB262825
フィードバック