エラー: Microsoft Security Essentials をアップグレードしようとすると 0x80070645 が表示されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2635095
現象
Microsoft Security Essentials をアップグレードするように求められますアップグレードをインストールしないし、エラー 0x80070645 が表示されます。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Security Essentials をアンインストールする、残りのレジストリ サブキーを削除する、Microsoft Security Essentials の最新バージョンを手動でインストールします。

注:Microsoft Security Essentials をアンインストールする前に、Windows ファイアウォールがオンになっているかどうかを確認します。
ウイルス対策ソフトウェアは、ウイルスからコンピューターを保護できます。ダウンロードしなかったり、信頼されていないソースの訪問 web サイトの信頼、またはを行わないウイルス対策ソフトウェアを無効にすると、電子メールの添付ファイルを開くことからファイルを開く必要があります。コンピューターのウイルスの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報」の次の資料を参照してください。129972: を防ぎ、ウイルスやその他のマルウェアを削除する方法



これを行うには、次の手順を実行します。

注:この資料を最初に印刷する場合は、手順を実行する方が簡単な場合があります。

手順 1: 使用の追加と削除] Microsoft Security Essentials をアンインストールするのには

Windows XP
  1. [スタート] ボタン、実行型] または [コピー] をクリックしappwiz.cpl実行] ボックスに貼り付けるし、[ OK] をクリックします。
  2. Microsoft Security Essentialsを選択し、[削除] をクリックします。
  3. コンピューターを再起動します。
Windows Vista または Windows 7
  1. 開始型、またはコピーをクリックし、[検索] ボックスにAppwiz.cplを貼り付け、Enter キーを押します。
  2. Microsoft Security Essentialsを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
  3. コンピューターを再起動します。
Microsoft Security Essentials は、前の手順を使用してアンインストールすることができた場合は、手順 4 に進みます。 Microsoft Security Essentials を再インストールします。Microsoft Security Essentials をアンインストールできなかった場合は、Microsoft Security Essentials の一部のコンポーネントはアンインストールすることがあります、Microsoft Security Essentials を再インストールすることできません可能性があります。

追加またはプログラムの削除」または「プログラムと機能]、ステップ 2 を使用して Microsoft Security Essentials をアンインストールできないかどうか: レジストリとステップ 3 のバックアップ: Microsoft Security Essentials のレジストリ サブキーを削除します。 手順 2: レジストリをバックアップします。

重要このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が起こります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。これを変更する前に追加された保護のために、レジストリをバックアップします。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。

バックアップし、レジストリを復元する方法の詳細については、次の資料を Knowledge Base または Windows のヘルプを参照してくださいとする方法。

Windows XP でレジストリをバックアップするを参照してください。
322756: バックアップし、レジストリに Windows XP を復元する方法
Windows Vista では、レジストリのバックアップを作成するを参照してください。 レジストリをバックアップします。
Windows 7 のレジストリのバックアップを作成するを参照してください。 レジストリをバックアップします。


レジストリをバックアップするには、実行しているオペレーティング システム用の手順を実行します。

Windows XP
  1. [スタート] ボタン、実行型] または [コピー] をクリックし、 regeditで貼り付け、 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない [ ].
  2. ナビゲーション ウィンドウのレジストリ エディターで、コンピューターを右クリックし、[エクスポート] をクリックします。
Windows VistaまたはWindows 7
  1. 開始型、またはコピーをクリックし、貼り付け をクリックし、 検索] ボックス、および [ regedit.exe] をクリックします。
  2. ナビゲーション ウィンドウのレジストリ エディターで、コンピューターを右クリックし、[エクスポート] をクリックします。
手順 3: Microsoft Security Essentials のレジストリ サブキーを削除します。

Microsoft Security Essentials を自動的にレジストリ サブキーを削除するには、[修正] ボタンまたはリンクをクリックします。実行ファイルのダウンロードダイアログ ボックスをクリックし、[修正ウィザードで手順します。

自分でこの問題を解決する場合は、「自分で修正する」に進みます。


注意
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。ですが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、自動的な解決をフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。


自分で解決する更新プログラムをインストールしたら、

Microsoft Security Essentials プロセスを停止します。

  1. タスク マネージャーを開きます。これを行うには、実行しているオペレーティング システム用の手順を実行します。
    • Windows XP
      1. [スタート] ボタン、実行型] または [コピー] をクリックし、 taskmgrに貼り付け、 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない ボックスし、[ OK] をクリックします。
    • Windows 7およびWindows Vista
      1. 起動型] または [コピー] をクリックし、[検索] ボックスにtaskmgrを貼り付けるし、クリックしてください taskmgr.exe.
  2. [プロセス] タブをクリックします。
  3. Msseces.exeファイルのエントリを検索します。エントリを右クリックし、[プロセスの終了] をクリックします。確認ウィンドウが表示されたら、 [プロセスの終了をクリックします。
停止し、Microsoft Security Essentials のサービスを無効にします。

Windows XP
  1. Windows XPでは、 [スタート] をクリックし、[実行] をクリックします。
  2. 入力またはコピーしnet stop msmpsvcを貼り付けるし、クリックしてください ].
  3. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックします。
  4. 入力するかコピーして貼り付けsc config msmpsvc スタート = 無効、し ].
Windows Vista または Windows 7

  1. Windows VistaまたはWindows 7では、開始をクリックして型 実行 続いて 検索 ボックスし、[実行] をクリックします。
  2. 入力またはコピーしnet stop msmpsvcを貼り付けるし、クリックしてください ].
  3. [スタート] ボタン、実行を入力、 検索ボックスし、[実行] をクリックします。
  4. 入力するかコピーして貼り付けsc config msmpsvc スタート = 無効、し ].


Microsoft Security Essentials の実行のサブキーを削除します。

Windows XP
  1. Windows XP では、[スタート] をクリックし、[実行] をクリックします。
  2. 入力するかコピーしregeditを貼り付けるして、[ OK] をクリックします。ユーザー アカウント制御ウィンドウが表示されたら、[ OK] をクリックします。
  3. 次のサブキーをクリックします作成。
  4. 詳細ペインで、 Microsoft Security Essentialsをクリックし、[削除] をクリックします。

Windows Vista または Windows 7

  1. Windows VistaまたはWindows 7では、開始をクリックして型 実行 続いて 検索 ボックスし、[実行] をクリックします。
  2. 入力するかコピーしregeditを貼り付けるして、[ OK] をクリックします。ユーザー アカウント制御ウィンドウが表示されたら、[ OK] をクリックします。
  3. 次のサブキーをクリックします作成。
  4. 詳細ペインで、 Microsoft Security Essentialsをクリックし、[削除] をクリックします。

MSE の残りのレジストリ サブキーを削除します。

Windows XP

  1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックします。
  2. 入力するかコピーしregeditを貼り付けるして、[ OK] をクリックします。ユーザー アカウント制御ウィンドウが表示されたら、[ OK] をクリックします。
  3. 次のサブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\Current version\Uninstall\Microsoft セキュリティのクライアント
  4. 詳細ペインで、 Microsoft Security Essentialsをクリックし、[削除] をクリックします。
  5. 英数字のキーの下の次のエントリを検索、各エントリを右クリックし、[削除] をクリックします。
    • マイクロソフト マルウェア サービス XX-XX 言語パック、 XX-XXがインストールされているロケール id です。各言語のロケールでは、独自の id があります。ロケール id に関係なく、この形式ではすべてのサブキーを削除します。このサブキーがアメリカ英語向けがない (en-我々) インストールします。
    • マイクロソフト マルウェア
    • Microsoft セキュリティのクライアント
  6. 次のサブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft セキュリティのクライアント
  7. 詳細ペインで、マイクロソフト セキュリティのクライアントを右クリックし、[削除] をクリックします。
  8. 次のサブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft のマルウェア
  9. 詳細ペインで、マイクロソフト マルウェアをクリックし、[削除] をクリックします。

Windows Vista または Windows 7

  1. 開始をクリックして型 実行 続いて 検索 ボックスし、[実行] をクリックします。
  2. 入力するかコピーしregeditを貼り付けるして、[ OK] をクリックします。ユーザー アカウント制御ウィンドウが表示されたら、[ OK] をクリックします。
  3. 次のサブキーをクリックしますセキュリティ クライアントの HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\Current version\Uninstall\Microsoft。
  4. 詳細ペインで、 Microsoft Security Essentialsをクリックし、[削除] をクリックします。
  5. 英数字のキーの下の次のエントリを検索、各エントリを右クリックし、[削除] をクリックします。
    • マイクロソフト マルウェア サービスXX-XX言語パック、 XX-XXがインストールされているロケール id です。各言語のロケールでは、独自の id があります。ロケール id に関係なく、この形式ではすべてのサブキーを削除します。このサブキーがアメリカ英語向けがない (en-我々) インストールします。
    • マイクロソフト マルウェア
    • Microsoft セキュリティのクライアント
  6. 次のサブキーをクリックしますセキュリティ クライアントの HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft。
  7. 詳細ペインで、マイクロソフト セキュリティのクライアントを右クリックし、[削除] をクリックします。
  8. 次のサブキーをクリックします HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft のマルウェア。
  9. 詳細ペインで、マイクロソフト マルウェアをクリックし、[削除] をクリックします。


インストーラーのサブキーを削除します。

Windows XP
  1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックします。
  2. 型、またはコピー/貼り付け をクリックし、をクリックし、[ OK] をクリックします。ユーザー アカウント制御] ウィンドウが表示されたら、[ OKを] をクリックします。
  3. 次のサブキーを見つけます: HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products
  4. [商品名]フィールドの英数字のキー] で、次のエントリを検索します。検索の各インスタンスの番号に注意してください。各エントリを右クリックし、[削除] をクリックします。
    • Microsoft セキュリティのクライアント
    • マイクロソフト マルウェア
    • マイクロソフト マルウェア サービス XX-XX 言語XX-XXがインストールされているロケール id ですパック。各言語のロケールでは、独自の id があります。ロケール id に関係なく、この形式ではすべてのサブキーを削除します。このサブキーがアメリカ英語向けがない (en-我々) インストールします。
Windows Vista または Windows 7
  1. 開始をクリックして型 実行 続いて 検索 ボックスし、[実行] をクリックします。
  2. 型、またはコピー/貼り付け をクリックし、をクリックし、[ OK] をクリックします。場合は、 [ユーザー アカウント制御 ウィンドウが表示されたら、[ OKを] をクリックします。
  3. 次のサブキーを見つけます: HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products
  4. [商品名]フィールドの英数字のキー] で、次のエントリを検索します。検索の各インスタンスの番号に注意してください。各エントリを右クリックし、[削除] をクリックします。
    • Microsoft セキュリティのクライアント
    • マイクロソフト マルウェア
    • マイクロソフト マルウェア サービス XX-XX 言語XX-XXがインストールされているロケール id ですパック。各言語のロケールでは、独自の id があります。ロケール id に関係なく、この形式ではすべてのサブキーを削除します。このサブキーがアメリカ英語向けがない (en-我々) インストールします。





手順 4: Microsoft Security Essentials の再インストールします。
  1. 参照してください、 ダウンロード Microsoft Security Essentials web サイト。
  2. 適切な言語とオペレーティング システムを選択しをクリックしてください ダウンロード.
  3. を実行する] をクリックし、インストールを完了する指示します。
  4. コンピューターを再起動します。
問題が解決されたかどうかの確認
  • Microsoft Security Essentials をインストールすることができた場合は、問題を解決し、ここで作業は完了です。問題が解決しない場合に連絡することができます。Microsoft のサポート。
  • マイクロソフトはフィードバックをお待ちしています。フィードバックを提供するために、またはこのソリューションで問題を報告するには、してください、コメントを残す、 「を修正」 ブログや 電子メール メッセージを送信します。.


詳細
Microsoft Security Essentials の詳細についてを参照してください、 Microsoft Security Essentials web サイト。

Microsoft Security Essentials のサポートの詳細についてを参照してください、 ヘルプとサポートでは、Microsoft Security Essentials web サイト。
その他のリソース
kbfixme kbmsifixme KB2483120

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2635095 - 最終更新日: 05/25/2012 18:39:00 - リビジョン: 2.0

  • kbmt kbsmbportal KB2635095 KbMtja
フィードバック