Google Android 用 Lync 2010 モバイル クライアントのトラブルシューティング方法

はじめに
前提: Microsoft Lync 2010 for Google Android を使用する際は、組織の Lync アカウントが必要です。Lync アカウントを保有しているかどうかが不明な場合は、組織のシステム管理者やサポート チームに問合せてください。

Lync 2010 for Google Android (スマートフォン用) は、Android タブレット、または電話機能が無効な Android デバイスではサポートしていません。詳細については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2691382 Lync 2010 for Android と使用可能な Android スマートフォン デバイスについて (英語)
本資料は、Lync 2010 for Google Android を使用する際に生じるいくつかの一般的な問のトラブルシューティング方法について説明しています。

注: Lync Mobile 2013 for Android 用の電話やタブレットについてサポートが必要な場合は、以下の Microsoft の ウェブサイトを参照してください。
手順

Google Android による Lync 2010 へのサインイン要件

パスワード、アカウント情報、サーバー設定、クライアントバージョンの確認

  1. Lync Mobile 2010 にサインインできない場合で、よく起こるサインイン問題についてはLync Sign-In Troubleshooter for Users (英語) を参照してください。
  2. 最初に、Lync 2010、Lync 2013、Lync for Mac 2011 で、デスクトップ クライアントから Lync にログインできることを確認します。通常のデスクトップ クライアントからサインインできない場合は、モバイル クライアントからもログインできないことになります。
  3. 正しいパスワードを入力してください。パスワードが間違っている場合は、変更する必要があります。詳細は以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
  4. 入力したアカウント情報に誤りがないかどうかを確認します。通常では、管理者から指示がある以外は、Outlook、SharePoint、会社のコンピューターには同じアカウントを使用してログインします。デスクトップ コンピューターから Lync にサインインできた場合は、同じアカウント情報を用いてモバイル デバイスから Lync にサインインします。

    以下の表は、Lync アカウントの場所、アカウント情報の設定ごとの Google Android ユーザーのサインイン時の入力必須情報です。
    Lync アカウントSIP アドレスおよびUPN必須項目
    オンプレミス Lync サーバー同一Sign-in address: SIP アドレス
    User name: 空白

    オンプレミス Lync サーバー異なるSign-in address: SIP アドレス
    User name: UPN または domain\username

    Office 365 Skype for Business Online (旧名称 Lync Online)同一Sign-in address: SIP アドレス
    User Name: 空白

    Office 365 Skype for Business Online異なるSign-in address: SIP アドレス
    User name: UPN

  5. 自動検出サーバーがオンであることを確認します。Lync は、サインイン アドレスを基に、Lync サーバーを識別します。Lync サーバーを識別できない場合は、自動検出サーバーをオフにし、Lync サーバーの手動による指定が必要となる場合があります。

    自動検出がオンに設定されていてもサインインできない場合は、以下の内部および外部アドレスを手動で入力する必要があります。これにより、問題を解決できない場合でも、管理者が自動検出サーバー オプションを正しく設定していないということを確認できます。
    • Office 365 Skype for Business Online ユーザー:
      • 内部検出アドレス: https://webdir.online.lync.com/Autodiscover/autodiscoverservice.svc/Root
      • 外部検出アドレス: https://webdir.online.lync.com/Autodiscover/autodiscoverservice.svc/Root
    • Lync オンプレミス ユーザーについては、サポート チームまたはシステム管理者に内部および外部検出アドレスを問い合わせてください。多くの場合、この内部および外部の検出アドレスは以下のようになります。
      • 内部検出アドレス: https://lyncdiscover.lyncFE01.contoso.local/Autodiscover/autodiscoverservice.svc/Root
      • 外部検出アドレス: https://lyncdiscover.contoso.com/Autodiscover/autodiscoverservice.svc/Root

      注: [User name][Domain][Internal discovery address]、および [External discovery address] 欄にアクセスする場合には、サインイン画面の [Server Settings] (サーバー設定)を表示してください。
  6. 最後に、最新版の Lync 2010 for Google Android を使用していることを確認します (Google Play から最新バージョンをダウンロードします)。クライアント バージョンを使用できない場合やサポート対象外であるといったメッセージが表示される場合は、Lync サーバーがモバイル クライアント用に設定されていないことが考えられます。この場合は、サポート チームまたは管理者に問い合わせてください。

認証プロキシを介するWi-Fi への接続

使用するWi-Fi 通信の種類によっては、接続前に認証の要求が行われることがあります。Lync には、プロキシを経由して接続する資格情報を使用できないため、ユーザーは Lync サービスに接続できません。このような場合は、Wi-Fiではなく、携帯電話事業者のデータ コネクションを使用して接続してください。

証明書が必要なネットワークでの接続

Wifi や企業ネットワークに接続する際に証明書が必要な場合で、証明書に誤りがある、または証明書が損失しているといったエラー メッセージが表示される場合は、企業の証明書をインポートする必要があります。証明書のインポートおよび管理については、Google Play ストアのアプリを利用できます。詳細についてはサポート チームまたは管理者に問合せください。

特定機能に関する追加サポート

Lync 2010 for Google Android を使用する際の追加サポートについては、以下の FAQ および資料を参照してください。:

他のモバイル クライアントとの違い

Lync 2010 モバイル クライアントの機能の違いについては、以下のMicrosoft TechNet Webサイトを参照してください。

ログの収集およびサポートへの送信

Lync 2010 for Google Android の使用に問題がある場合は、以下の手順に従ってログを電子メールでサポート チームまたは管理者に送信してください。

  1. Google Android デバイス上において、サインインをしてから、[Signing in] (サインイン) タブで、[Option] (オプション) を選択します。オプション画面で、[Diagnostic logging] (診断ログ)をタップし、サインアウトしてから、再度サインインをします。

    Google Android の診断ログ
  2. 問題を再現して、オプション画面に戻り、[About Lync] (Lyncについて) をタップします。
  3. [Send diagnostic logs] (診断ログの送信) をタップしてから、構成済みの電子メール アカウントを選択します。
     Google Android の診断ログ
  4. [To] 欄にて、宛先の電子メール アドレスを入力します。 (例: 個人用の電子メール アドレスやサポート チームのエイリアスなど)。[Subject] (件名) に件名を入力してから、[送信] をタップします。ログが、「.zip」ファイルで添付されます。
    Google Android の電子メール

注: 問題を再現し、ログを送信する前に、[Logging] (ログ) の設定が [ON] であることを確認してください。


この資料に記載されているサードパーティ製品は、Microsoft と関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性について Microsoft はいかなる責任も負わないものとします。

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2636313 - 最終更新日: 04/30/2015 23:04:00 - リビジョン: 21.0

Skype for Business Online

  • o365 o365a o365e o365p kbgraphxlink o365022013 kb3rdparty o365m kbgraphic KB2636313
フィードバック