PC カードの装着後にエラー メッセージや USB デバイスが機能しない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP263764
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
コンピュータに PC カードを装着すると、次のいずれかの現象が起こる場合があります。
  • ブルー スクリーンに "致命的な例外" エラー メッセージが表示される。
  • USB デバイスが機能しない。
  • タスク マネージャで Msgsrv が "応答なし" と表示される。

    注意 : タスク マネージャを起動するには、Ctrl + Alt キーを押しながら Delete キーを 1 回押します。
原因
この問題は、PC カードの取り付けによって USB ホスト コントローラに対するシステム リソースの再調整が起こった場合に発生する可能性があります。
回避策
この問題を回避するには、Windows 上で USB ホスト コントローラのリソースの変更 (再調整) を行うかまたは BIOS を無効にします。その手順は次のとおりです。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックして、[システム] をダブルクリックします ([システム] アイコンが表示されていない場合は、コントロール パネルの左側にある [すべてのコントロール パネルのオプションを表示する] リンクをクリックします)。
  2. [デバイス マネージャ] タブで、[ユニバーサル シリアル バス コントローラ] のプラス記号 (+) をクリックします。
  3. [USB ホスト コントローラ] をクリックし、[プロパティ] ボタンをクリックします。
  4. [リソース] タブで、[自動設定] チェック ボックスをクリックしてオフにします。
  5. [競合するデバイス] にデバイスが表示されない基本構成を一覧から選択し、[OK] をクリックします。
  6. 特定の構成を強制的に適用することによってプラグ アンド プレイ機能が制限されることを知らせる警告メッセージが表示されることがあります。その場合は、[はい] をクリックして次へ進みます。
  7. [閉じる] をクリックします。
  8. コンピュータを再起動します。
注意 : USB ホスト コントローラの基本構成を手動で設定できないことがあります。その場合、この回避策は利用できません。

また、上記の回避策を適用し、PC カードを装着した場合、デバイス認識後の再起動時に起動ができなくなるなど、動作が不安定になる場合があります。
動作が不安定になった場合には、上記回避策を使用せず、PC カード装着時には、USB デバイスを一時取り外し、PC カードの認識後、USB デバイスを再度装着します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 263764 (最終更新日 2000-06-28) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:263764 - 最終更新日: 02/02/2014 18:35:38 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbhw kbtool winmil KB263764
フィードバック