代理人が Live Meeting 予約を行うと「このアカウントの所有者の代理としてミーティング及び電話会議を予約する権限がありません。アカウントの所有者に問い合わせてください」が表示されます。

現象
Microsoft Office Outlook で代理人が他のユーザーの予定表に Live Meeting の予定を作成します。この操作を実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。 
このアカウントの所有者の代理としてミーティング及び電話会議を予約する権限がありません。アカウントの所有者に問い合わせてください

原因
Communicator は、Exchange の予定表フォルダのアクセス権を読み取り、代理人の設定を Office Communications Server/Lync Server のデータベースに同期させます。
以下のいずれかの条件に合致する場合、代理人設定の同期が失敗するため、他のユーザーの代理で Live Meeting の予定を作成することができません。
  • 代理人としてセキュリティ グループが設定されている
  • 予定表フォルダのアクセス権にセキュリティ グループが "編集者" として設定されている

解決方法
回避策
対象となるメールボックスの代理人としてセキュリティ グループが設定されていないことを確認します。また、予定表フォルダのアクセス権にセキュリティ グループが存在していないことを確認します。
いずれかにセキュリティ グループが設定されている場合、一旦削除します。
対象となるメールボックスの所有者で Communicator を起動してサイン インし、10 分ほど経過してから、代理人が Live Meeting の予定を作成できることを確認します。
その後、セキュリティ グループを代理人、または予定表フォルダのアクセス権に設定します。
状況
この動作は仕様です。
詳細
アクセス権に設定されるセキュリティ グループの権限が "編集者" 以外の場合は、Office Communications Server へ代理人設定は問題なく同期されます。
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2638065 - 最終更新日: 09/29/2016 14:21:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office Communicator 2007, Microsoft Office Communicator 2007 R2, Microsoft Office Live Meeting 2007, Microsoft Office Communications Server 2007 Standard Edition, Microsoft Office Communications Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Enterprise Edition, Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition

  • KB2638065
フィードバック