DDK:WinHEC 2000 DDK のチェックトビルド環境について

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP263979
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
WinHEC リリース版の Windows 2000 DDK を使用して、デバイスドライバのチェックトバージョンを構築する際に、コンパイラの最適化が有効になっています。このことにより、ドライバをデバッグする時に、多少異なる動作をすることがあります。
詳細
この問題を回避するために、%BASEDIR%\bin\Setenv.bat ファイルを以下のように変更してください。MSC_OPTIMIZATION の環境変数を変更します。
   :checked   rem set up an NT checked build environment   set BUILD_ALT_DIR=chk   set NTDBGFILES=1   set NTDEBUG=ntsd   set NTDEBUGTYPE=windbg   set MSC_OPTIMIZATION=/Od /Oi
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 263979 (最終更新日 2000-06-13) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:263979 - 最終更新日: 02/23/2014 22:13:58 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Win32 Device Driver Kit for Windows 2000
  • kbnosurvey kbarchive kbprb winhec msc_optimization setenv KB263979
フィードバック