現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 2000 ターミナル サービスでネットワーク プリンタがリダイレクトされない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP264039
概要
Microsoft Windows 2000 ターミナル サービスでは、Microsoft RDP 5 ターミナル サービス クライアントを使用してターミナル サービス セッションにログオンしたクライアントのローカル プリンタをリダイレクトできます。ローカル プリンタのリダイレクトはデフォルトの動作です。

ターミナル サービス セッションに接続したクライアントで、ネットワーク プリンタが構成されている場合、そのクライアントのネットワーク プリンタはリダイレクトされません。この動作は仕様です。マイクロソフトは、Windows 2000 Server および Windows 2000 Advanced Server でのネットワーク プリンタのリダイレクトをサポートしていません。この機能にはサードパーティのアドオン製品が必要です。

ターミナル サービスのユーザーがネットワーク プリンタで印刷する必要がある場合、クライアントはプリンタの追加ウィザードを使用してターミナル サービスのコンピュータにネットワーク プリンタをセットアップし、プリンタを選択して、印刷することが可能です。この方法を使用できない場合は、クライアント側の LPT (ローカル ポート) をネットワーク パスに割り当て、プリンタ ドライバをインストールすると、そのローカル ポートで印刷できる場合があります。この回避策を使用すると、印刷ジョブがローカル プリンタに自動的にリダイレクトされ、そのプリンタに送信された出力がネットワークの印刷デバイスに再度リダイレクトされます。この回避策は RDP 5 の設計上の機能ではないため、どんな場合にも機能するとは限りません。

この資料の情報はあくまでも情報として提供されており、ターミナル サービスのリダイレクト印刷の実装としてサポートされているものではありません。
詳細
ユーザーがネットワーク プリンタをリダイレクトする必要がある特殊な状況が生じた場合、ネットワーク プリンタをローカル ポートに割り当てることができます。

Windows 2000 と Microsoft Windows NT では、次のコマンドを使用できます。

net use lpt3 \\servername\printer /persistent:yes
このコマンドによって、ネットワーク プリンタがローカル ポート LPT3 に割り当てられます。その後、プリンタが LPT3 にインストールされているかのように、ユーザーはそのプリンタの適切なドライバをインストールできます。この操作を行うことにより、ユーザーがターミナル サービス セッションに接続するときに、LPT3 のプリンタがリダイレクトされます。LPT1 と LPT2 のどちらにもローカル デバイスが接続されていない場合、LPT1 と LPT2 に対してもこの操作を行うことができます。

Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98 または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) では、次の手順を実行します。

[プリンタ] フォルダのネットワーク プリンタを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。[プリンタのプロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細] タブで、[プリンタ ポートの割り当て] をクリックします。この操作によって、ネットワーク パスに割り当てる LPT ポートを選択することができます。

上記の回避策は、ユーザーがリモート ネットワーク上で (たとえば、インターネット経由で) ターミナル サービスのコンピュータとのセッションを開始し、LAN (Local Area Network) 上で共有されているプリンタに印刷する場合に役立ちます。

また、最新のバージョンのリモート デスクトップ プロトコル (RDP) および Windows 2000 ターミナル サービスと互換性のあるリモート デスクトップ接続クライアントをインストールすることでこの現象を回避することもできます。このクライアントは Microsoft Windows XP に含まれています。また、以下のマイクロソフト Web サイトからダウンロードすることもできます。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
309825 [HOW TO] Windows 2000 のターミナル サーバーとターミナル サービス クライアントの間でファイルを安全にコピーして貼り付ける方法
278139 Rdpclip と Drmapsrv はターミナル サービス アドバンスト クライアントでサポートされていない
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 264039 (最終更新日 2004-09-02) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:264039 - 最終更新日: 08/16/2005 09:50:11 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbinfo kbnetwork kbprint KB264039
フィードバック