現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SMTP がディレクトリ同期でオンプレミスのユーザーアカウントを Office 365 ユーザーアカウントと一致させる方法

はじめに 
ユーザーのアカウントが Office 365 管理ツールを利用して認証されていた場合、ユーザー アカウントの認証ソースを転送しなければならない場合があります。このような管理ツールには、Office 365 ポータルや Windows PowerShell 用Microsoft Azure Active Directory モジュールなどがあります。認証ソースを移行することにより、アカウントはオンプレミス Active Directory Domain Services (AD DS) のユーザー アカウントからディレクトリ同期を通じて管理することができます。

この資料は、”SMTP matching” (プライマリ Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) アドレスを使用して、オンプレミス ユーザー アカウントと Office 365 ユーザー アカウントを一致させる処理) による、認証ソースの転送への影響について記載しています。
詳細情報 

SMTP 一致制限

SMTP 一致処理には、以下の技術的制限があります。
  • SMTP 一致は、Microsoft Exchange Online 電子メール アドレスを持つユーザー アカウントでのみ実行可能です。
    : この場合、ユーザーは必ずしも Exchange Online のライセンス認証を必要とするわけではありません。SMTP 一致が正常に機能するには、プライマリ 電子メール アドレスを持つメールボックスが、Exchange Online に存在している必要があるということです。
  • Office 365 管理ツールを使用して認証されていたユーザー アカウントの SMTP 一致は一度のみ可能です。その後、Office 365 アカウントは、プライマリ SMTP アドレスではなく、変更不可能なID 値によりオンプレミス ユーザーを特定します。
  • クラウド ユーザーのプライマリ SMTP アドレスは、SMTP 一致処理を行う間、更新することはできません。これは、プライマリ SMTP アドレスが、オンプレミス ユーザーをクラウド ユーザーと結び付ける値のためです。
  • SMTP アドレスは一意の値として認識されます。複数のユーザーに同一の SMTP アドレスが割り当てられていないことを確認してください。複数ユーザーに同一の SMTP アドレスが割り当てられていると、同期に失敗し、次のようなエラー メッセージが表示されます:

    “Unable to update this object because the following attributes associated with this object have values that may already be associated with another object in your local directory services: [ProxyAddresses SMTP:john@contoso.com;]. Correct or remove the duplicate values in your local directory.”
    (オブジェクトを更新できません。オブジェクトに関連付いている属性値 [ProxyAddresses SMTP:john@contoso.com] は、ローカル ディレクトリ サービスの他のオブジェクトに既に関連付いています。ローカル ディレクトリの重複している属性値を変更または削除してください。)

オンプレミスユーザーとクラウド ID の SMTP 一致

ディレクトリ同期でオンプレミスユーザーとOffice 365 ユーザーアカウントとのSMTPを一致させるためには次の手順を行います:
  1. 次の手順にて、該当する Office 365 アカウントのプライマリ SMTP アドレスを取得します。
    1. 全体管理者アカウントを使用して、 Office 365 ポータルにアクセスします 。
    2.  [管理] をクリックし、[Exchange] をクリックして Exchange 管理センターを開きます。
    3. ECP または Exchange 管理センターで希望のユーザー アカウントを探し、ダブルクリックします。
    4. [電子メール アドレス] をクリックし、ユーザーのプライマリ SMTP アドレスのメモを取ります。
  2. [Active Directory ユーザーとコンピューター] を起動します。オンプレミス ドメインに、Office 365 ユーザー アカウントと一致するユーザー アカウントを 1 つ作成します。詳細は、次のMicrosoft TechNet Web サイトを参照してください。
  3. 手順 1D にてメモを取ったプライマリ SMTP アドレスと一致するように、新しいユーザー アカウントのプライマリ SMTP アドレスを設定します。

    Exchange 管理ツールを利用し上記を行うには、以下の Microsoft Web サイトをご参照ください。
    Exchange がオンプレミスにインストールされない場合は、[Active Directory ユーザーとコンピューター] を利用し、SMTP アドレスを編集することができます。
    1. ユーザー オブジェクトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    2. [全般タブ] にて、[電子メール] フィールドを更新の上、[OK] をクリックします。

  4. ディレクトリ同期を強制実行ます。方法についての詳細は、以下の Microsoft Web サイトをご参照ください。

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2641663 - 最終更新日: 06/24/2016 07:08:00 - リビジョン: 20.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Azure Active Directory, Office 365 Identity Management, Microsoft Office 365

  • o365 o365a o365e o365022013 o365m KB2641663
フィードバック
ml>