Windows Server 2008 で、パーティションの開始位置が異なる RDX カートリッジに入れ替えた場合、カートリッジが正しく認識されない

現象
Windows Vista、または Windows Server 2008 環境にて USB 接続の RDX カートリッジを使用していると、下記状況で 2 つめのディスクに入れ替えたタイミングで、ディスクをフォーマットする必要があるというメッセージが表示されます。
  • NTFS パーティションの開始位置が異なるカートリッジが二つ以上ある
  • 一方のディスクを挿入後、取り出してすぐに開始位置の異なる別カートリッジを挿入する

実際の開始位置に関係なく、先に挿入したカートリッジは正常に読み込めますが、 次に挿入したカートリッジを読み込むと下記メッセージが表示されます。

ドライブ <ドライブ文字> を使うにはフォーマットする必要があります。
フォーマットしますか?
 

この現象が発生すると、フォーマットをキャンセルし、Explorer から再度カートリッジを開こうとしても同じメッセージが表示されます。また、カートリッジを一度取り出してもパーティションの開始位置が異なるカートリッジでは同じメッセージが表示されます。


原因
この現象は、Windows が内部で最初のカートリッジの開始位置を記録しており、新たなカートリッジ挿入時に、この記録している情報を再利用するために発生します。2 つめのカートリッジが別パーティションで開始する場合、記録されている位置にパーティション情報はないため、Windows は正しくディスク情報を読み取ることができません。このため、カートリッジがフォーマットされていない、または認識できない形式であると判断し、使用前にフォーマットが必要であることをユーザーに通知します。
回避策
本現象は、下記の何れかの操作により回避できることが確認されています。

  • RDX カートリッジを挿入する前に、USB Flash Drive を挿入する (挿入後、取り外していただき問題ありません)
  • フォーマットを要求するメッセージが表示された際に、[ディスクのフォーマット] をクリックし、実際のフォーマット画面が表示されたらフォーマットを行わずに [閉じる] をクリックする
  • [ディスクの管理] コンソールを開いた状態でカートリッジの交換を行う
  • RDX カートリッジ リーダーの USB ケーブルを抜いて、さし直す 

状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2643678 - 最終更新日: 09/20/2016 10:29:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate

  • kbtshoot kberrmsg KB2643678
フィードバック