InfoPath をインストールするとドライブ直下に IDE フォルダが作成される

現象
Microsoft Office 製品に含まれる InfoPath 2007 または InfoPath 2010 をインストールすると、Microsoft Office をインストールしているドライブとは別のドライブのルート直下に IDE フォルダが作成される場合があります。

Windows Vista および Windows 7 では、InfoPath 2007 および 2010 の [Visual Studio Tools for Applications] が [マイ コンピュータから実行] に設定され、インストールされている場合に発生する可能性があります。
Windows XP では、"Microsoft .NET Framework 2.0" と "Microsoft Core XML Services 6.0" がインストールされた環境に、InfoPath 2007 および 2010 の [Visual Studio Tools for Applications] が [マイ コンピュータから実行] に設定され、インストールされている場合に発生する可能性があります。
原因
IDE フォルダは Infopath のコンポーネントである [Visual Studio Tools for Applications] をインストールすることで作成されます。
Microsoft Office のインストーラーでは、書き込み可能な空き容量に応じて、コンピューター内のいずれかのドライブのルート直下に IDE フォルダを作成する設計になっています。そのため、ご利用のコンピューターのドライブ構成やドライブの利用状況によっては Microsoft Office をインストールしているドライブとは別のドライブのルート直下に IDE フォルダが作成される場合があります。
解決方法
Microsoft Office のセットアップ時に InfoPath のコンポーネントである [Visual Studio Tools for Applications] のインストール先のドライブを指定する方法はありません。
回避策
ドライブのルート直下に作成された IDE フォルダを削除または移動するには、以下 2 つの方法を検討します。

方法 1
[Visual Studio Tools for Applications] のインストール オプションを "インストールしない" に設定した状態で InfoPath をインストールします。以下は InfoPath 2010 の場合の手順です。
  1. Office 2010 の Setup.exe を実行し、セットアップ ウィザードを起動します。
  2. プロダクト キーを入力し [次へ] をクリックします。
  3. [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項] をお読みいただき、同意する場合には [マイクロソフト ソフトウェア ライセンス状況に同意します] のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  4. [ユーザー設定] をクリックします。
  5. 以下のとおりインストール コンポーネントを展開し、[Visual Studio Tools for Applications] をクリックして "インストールしない" を選択します。
    [Microsoft Office]
    -[Microsoft Infopath]
    --[.NET プログラミング]
    ---[Visual Studio Tools for Applications]

方法 2
IDE フォルダの配置を移動します。
  1. コマンド プロンプトを起動します。
  2. コマンド プロンプトに以下のコマンドを入力し、現在追加されている [Visual Studio Tools for Applications] のコンポーネントを削除し、 IDE フォルダを削除します。
    msiexec /i {GUID} /qb REMOVE=VSTAIDEFilesIntl_1041
  3. コマンド プロンプトに以下のコマンドを入力し、[Visual Studio Tools for Applications] をインストール先のドライブを指定して追加します。
    msiexec /i {GUID} /qb ADDLOCAL=VSTAIDEFilesIntl_1041 TARGETDIR="<ドライブ名>:\"
    手順 2, 3 の GUID にはお使いの InfoPath の GUID を入力します。


状況
この動作は仕様です。
詳細
GUID は、インストールされている Office のバージョンに対応する製品コードです。一般的に次のようなテキスト形式で表示されます。

{BRMMmmmm-PPPP-LLLL-p000-D000000FF1CE}

例えば、InfoPath 2010 の GUID は下記になります。
32 ビット版 : 90140000-0044-0411-0000-0000000FF1CE
64 ビット版 : 90140000-0044-0411-1000-0000000FF1CE

Office 2010 のGUID の番号付けの仕組みを参照するには、次のサポート技術情報をご参照ください。
2186281 Office 2010 における製品コード GUID の番号付けのしくみ

Office 2007 の GUID の番号付けの仕組みを参照するには、次のサポート技術情報をご参照ください。
928516 2007 Office スイートおよび 2007 Office プログラムにおける製品コード GUID の番号付けのしくみについて
関連情報
Microsoft Office が 32 bit 版 あるいは 64 bit 版 であるかは下記の手順で判断できます。
  1. Word 2010 などの Office 製品を起動します。
  2. [ファイル]-[ヘルプ] をクリックします。
  3. 画面右側に表示される "バージョン" を確認します。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2645037 - 最終更新日: 09/29/2016 08:52:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft InfoPath 2010, Microsoft Office InfoPath 2007

  • kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced KB2645037
フィードバック