File and Print Services for NetWare (FPNW) Version 5.0 用の修正ファイル

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP264510
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
マイクロソフトは、Microsoft File and Print Services for NetWare (FPNW) バージョン 5.0 の以下の問題を解決する修正ファイルをリリースしました。
  • Active Directory のユーザーとコンピュータ スナップインを使用し、[NetWare-compatible logon] オプションをオンにしてユーザー アカウントを構成し、ホーム ディレクトリのパスに 2 バイト文字セット (DBCS) を含めると、ホーム ディレクトリのパスが適切に保存されない。
  • ログオン スクリプトに DBCS 文字が含まれている場合に ([OK] または [適用] をクリックして) Active Directory のユーザーとコンピュータ スナップインでユーザーのプロパティを閉じると、次のエラー メッセージが表示される場合がある。
    次のエラーのためログイン スクリプト ファイルを更新できません。

    システム コールに渡されるデータ領域が小さすぎます。
  • Active Directory のユーザーとコンピュータまたはローカル ユーザーとグループ スナップインを使用して FPNW Version 4.0 で新規ユーザーを作成すると、(ユーザーのオブジェクト ID の名前の付いた) サブフォルダが Sysvol\Mail フォルダに作成される。FPNW 5.0 では、ユーザーのログオン スクリプトを Active Directory のユーザーとコンピュータまたはローカル ユーザーとグループ スナップインの NetWare 互換のユーザー ログオン スクリプト エディタ ページで編集しない限り、このサブフォルダは作成されません。
  • NetWare が無効なアカウントを変更して NetWare を有効にし、同時にパスワードを期限切れにした場合、そのアカウントで NetWare が有効になるが、パスワードの期限切れの設定が保存されない。
  • [NetWare サービス] プロパティ ダイアログ ボックスで [Grace Logins Remaining] オプションを 0 に変更して [OK] をクリックすると、0 の値が受け付けられる。[Accept] をクリックすると、0 の値が自動的に 1 に変更されます。[Grace Logins Remaining] の本来の最小値は 0 です。


状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
詳細
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Installing Microsoft Windows 2000 and Windows 2000 Hotfixes
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 264510 (最終更新日 2001-02-22) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:264510 - 最終更新日: 02/06/2014 01:26:27 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbenv kberrmsg kbfix kbwin2000presp2fix win2000sp2fix KB264510
フィードバック