Cmd.exe がファイルへのリダイレクトを含むバッチ ファイルを実行するとアクセス違反のエラー メッセージが表示される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP264824
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
出力をファイルにリダイレクトするバッチ (.bat) ファイルを実行すると、多少時間が経過した後、Cmd.exe によってアクセス違反のエラー メッセージが表示されます。
原因
この問題は、リダイレクトされたファイル名のバッファ計算が正しくない場合に発生します。この場合、ヒープ メモリにオーバーライトが発生し、ヒープ メモリが破損します。

状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
詳細
バッチ ファイルは、次のようなエコー コマンドをファイルにリダイレクトします。

j1.bat には、ほかのバッチ ファイルを呼び出す次のようなコマンドが含まれます。

j2.bat >outputlog.log
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 264824 (最終更新日 2001-02-22) をもとに作成したものです。

cmd.exe batch bat
プロパティ

文書番号:264824 - 最終更新日: 02/14/2014 09:55:47 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwinnt400presp7fix KB264824
フィードバック