現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 365 環境の Outlook Web App を使用して、Outlook 2011 for Mac から Exchange Online に連絡先をエクスポートする方法

詳細

シナリオ

ユーザーが Outlook 2011for Mac のプロファイルを構成して、Office 365 環境のExchange Online メールボックスに接続を試みても、外部の連絡先が Exchange Onlineと同期されません。これは、Outlook 2011 for Mac から連絡先をエクスポートしてから、OWA にインポートをする必要があるために生じます。既存のOutlook 2011for Mac から連絡先をエクスポートするという方法では、Office 365 ではサポート外のタブ区切りテキストが使用されることになります。

手順

Outlook 2011 for MacからExchange OnlineへOWAを使用して連絡先をエクスポートするには、以下の手順に従ってください。

手順 1: Outlook 2011 for Mac から、連絡先をエクスポートします。
  1. Outlook 2011 for Mac の[ファイル] メニューから[エクスポート] をクリックします。
  2. エクスポート アシスタントで、[連絡先をタブ区切りのリストにエクスポート] をクリックして、右矢印をクリックします


  3. [完了] をクリックして終了します。.

注:
  • タブ区切りファイルは、.txt の拡張子で保存されます。
  • Microsoft Exchange Server アカウントまたはディレクトリー サービス アカウントに既に関連付けられている連絡先については、エクスポートされることはありません。
手順 2: Excel 2011 for Macを使用して連絡先を開きます。
  1. Excel 2011 for Mac の [ファイル] メニューから [開く] をクリックして、手順1で作成した .txt ファイルを選択します。
  2. テキスト インポート ウィザードにおいて、以下の手順に従います。これらの3つの手順の設定については、既定の設定が使用されています。
    1. 区切り文字ファイルの種類を [タブ区切り] を選択して、[次へ] をクリックします。


    2. 区切り文字の下で、[タブ] のチェックボックスをオンにしてから、[次へ] をクリックします。


    3. [列データのフォーマット] から、[General] を選択してから、[完了] をクリックします。
手順 3: Excel 2011 for Mac を使用して、連絡先を.csv ファイルにエクスポートします。
  1. Excel 2011 for Macの、[ファイル] から [名前を付けて保存] をクリックします。
  2. [名前を付けて保存] 欄で、ファイル名を入力します。
  3. [フォーマット] のポップアップ メニューで、[MS-DOS コンマ区切り(.csv)] を選択してから、[保存] をクリックします。
  4. 以下のダイアログ メッセージが表示されます。
    このワークブックには、選択したファイル形式で保存がされた場合、動作しなくなるか、削除される機能が含まれている可能性があります。処理を続行しますか。
  5. [はい] をクリックします。

手順4:連絡先をOWA にインポートする。
  1. OWA において、[オプション] メニューより、[すべてのオプションを表示] をクリックします。
  2. 右側の、[実行できる他の処理へのショートカット] の下より、[既存の電子メールアカウントから連絡先をインポートする] をクリックします。
  3. 手順3で作成した、.csv ファイルを探して、[次へ] をクリックします。
  4. 終了したら、OWA 連絡先フォルダーに、連絡先が表示されます。
関連情報
連絡先をインポートする方法については、以下のMicrosoft website中の資料を参照してください。


追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2648667 - 最終更新日: 10/21/2014 15:56:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Exchange Online

  • o365 o365a o365p o365e kbgraphxlink o365022013 o365m kbgraphic KB2648667
フィードバック