現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

システム復元機能を無効にする方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP264887
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
この資料では、Windows Me でシステム復元機能を無効にする設定について説明します。

注意 : システム復元機能を使用不可にすると、以前の復元ポイントがすべて削除されます。システム復元機能を使用してコンピュータを以前の復元ポイントに復元できるようにしたい場合は、システム復元機能を使用不可にしないでください。
詳細
システム復元機能は既定では使用可能にされています。システム復元機能を使用不可にするには次の手順を実行します。
  1. [マイ コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  2. [パフォーマンス] タブで、[ファイル システム] をクリックするか、または ALT + F キーを押します。
  3. [トラブルシューティング] タブで、[システム復元を使用しない] チェック ボックスをクリックしてオンにします。
  4. [OK] を 2 回クリックし、コンピュータの再起動を求められたら [はい] をクリックします。
  5. システム復元機能を再び使用可能にするには、上の手順 1 ~ 3 に従います。ただし、手順 3 では [システム復元を使用しない] チェック ボックスをクリックしてオフにします。
システム復元機能は、コンピュータ システムをある特定のイベント (たとえば特定のソフトウェアやハードウェアのインストール) が発生したポイントにまでロールバック (復元) できるようにする機能です。この機能はほとんどの場合において強力なツールとなりますので、通常は使用不可にしないことをお勧めします。
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 264887 (最終更新日 2000-06-28) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:264887 - 最終更新日: 10/02/2004 01:35:43 - リビジョン: 1.2

Microsoft Windows Millennium Edition

  • kbtool winmil kbhowto KB264887
フィードバック