現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Exchange Server 2007 環境で循環ログ機能を有効にすると、SCR パッシブ ノードで再シード処理が失敗する

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

2653334
現象
Microsoft Exchange Server 2007年環境では、循環ログ機能を有効にして後、スタンバイ連続レプリケーション (SCR) のパッシブ ノードを再シードします。この状況では、シード操作が成功しないし、トランザクション ログが切り捨てられます。さらに、SCR の別のノードから、必要なログ ファイルを手動でコピーする必要があります。
原因
この問題は、競合状態の場合にトランザクション ・ ログがトランケートされるため、SCR はバックアップのコンテキストで実行されている場合に発生します。

解決方法
この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
2608656 更新プログラムのロールアップ 6 の詳細については、Exchange Server 2007年サービス パック 3

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
スタンバイ連続レプリケーションの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。有効または、Exchange 管理コンソールまたは Exchange 管理シェルを使用して、ストレージ グループの循環ログを無効にする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2653334 - 最終更新日: 07/01/2013 05:09:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3
  • kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2653334 KbMtja
フィードバック