Exchange Server 2010 では ATTACH_BY_REF_RESOLVE によるファイルの添付がサポートされない

概要
Exchange Server 2003 および Exchange Server 2007 では ATTACH_BY_REF_RESOLVE によるファイルの添付がサポートされておりました。ただし、Exchange Server 2010 では ATTACH_BY_REF_RESOLVE によるファイルの添付はサポートされなくなりました。
詳細
Exchange Server 2003 および Exchange Server 2007 では PR_ATTACH_METHOD に ATTACH_BY_REF_RESOLVE を指定してファイルを添付する方法がサポートされておりました。

200174 How To Create a Message With an Attachment and Send It Using MAPI/VC++

ATTACH_BY_REF で始まるタイプの添付ファイルはリンクされた形式のファイル (ショートカット) となります。ただし、このような形式の添付ファイルはメールを開く際にリンクされたパスに存在するファイルなどが自動的に実行されてセキュリティ上の問題が発生する場合があります。このため、Exchange Server 2010 では ATTACH_BY_REF_RESOLVE によるファイルの添付はサポートされなくなりました。

Exchange Server 2010 でも ATTACH_BY_VALUE を利用したファイルの添付は引き続きサポートされております。

173353 HOWTO: Save a Message Attachment to File
関連情報
MAPI によるファイル添付の詳細については、以下の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。

Creating a Message Attachment
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc839700.aspx

Opening an Attachment
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc842411.aspx
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2655812 - 最終更新日: 09/20/2016 09:37:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1, Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2

  • kbinfo kbhowto KB2655812
フィードバック