ホスト コンピュータではインターネット接続の共有に 2 つのネットワーク アダプタが必要

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP265728
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ホスト コンピュータでインターネット接続の共有 (以下 ICS) を設定するとき、ICS を正しく機能させるためには、ネットワーク アダプタが 2 つ必要です。
詳細
装着されているネットワーク アダプタを特定するには、コントロール パネルの [ネットワーク] をダブルクリックします。[ネットワーク] ダイアログ ボックスで、使用している接続の種類に応じた情報を参照します。

標準的なモデム接続を使用しているコンピュータの場合、以下のアダプタが使用されています。
  • TCP/IP (共有) - ダイヤルアップ アダプタ
  • TCP/IP (ホーム) - ネットワーク アダプタ
ケーブル モデム、または DSL (Digital Subscriber Line) 接続を使用しているコンピュータの場合、以下のアダプタが使用されています。
  • TCP/IP (共有) - ネットワーク アダプタ 1
  • TCP/IP (ホーム) - ネットワーク アダプタ 2
: ファイルとプリンタの共有が有効になっている場合、ケーブル モデムまたは DSL 回線をネットワーク ハブに直接接続すると、ネットワークでセキュリティの問題を受けやすくなります。

インターネット サービス プロバイダ (ISP) として America Online (AOL) を使用しているコンピュータの場合、以下のアダプタが使用されます。
  • TCP/IP (共有) - AOL アダプタ
  • TCP/IP (ホーム) - ネットワーク アダプタ
: ISP で PPPoE (Point-to-Point Protocol over Ethernet) アダプタが使用されている場合、一部の DSL 接続で ICS が正常に機能しないことがあります。これは、ICS によってこれらの仮想アダプタが認識されないためです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 265728 (最終更新日 2002-08-07) をもとに作成したものです。

winmil winme win98se
プロパティ

文書番号:265728 - 最終更新日: 02/12/2014 22:04:36 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows 98 Second Edition, Microsoft Windows Millennium Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhardware kbhw kbinfo kbnetwork kbtool kbwinme win98se KB265728
フィードバック