Outlook 2010 または 2013 で電子メールを送受信する際に表示される 0x8004010F エラー

概要
この問題は、Outlook プロファイルが壊れることで発生します。新しいプロファイルを作成することで、問題を解決できる場合があります。
現象
Outlook 2010 を使用して電子メールを送信または受信しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

0x8004010F: Outlook データ ファイルにアクセスできません。

または

0x8004010F: 操作は失敗しました。オブジェクトが見つかりませんでした。

解決方法
エラー 0x8004010F を解決するには、既定の Outlook データ ファイルについて現在の場所を特定し、新しい Outlook プロファイルを作成します。これを行うには、以下の手順を実行します。

手順 1 - 既定の Outlook データ ファイルを見つける

  1. [スタート] スタート ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルの [メール] をクリックします。
  3. [メール設定 - Outlook] ダイアログ ボックスで [プロファイルの表示] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  4. 現在の Outlook プロファイルを選択し、[プロパティ] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  5. [メール設定 - Outlook] ダイアログ ボックスの [データ ファイル] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  6. [アカウント設定] ダイアログ ボックスの [データ ファイル] タブを選択し、プロファイルの既定のデータ ファイル (既定のデータ ファイルにはチェック マークが付いています) の名前と場所をメモします。

    この手順のスクリーン ショット
  7. [閉じる] をクリックします。

手順 2 - 新しい Outlook プロファイルを作成する


ビデオ: Outlook プロファイルを作成する方法 (英語)



方法 1: 自動アカウント設定を使用して、IMAP または POP3 電子メール アカウントを作成します。

重要使用している電子メール サーバーが IMAP と POP3 の両方をサポートしている場合は、自動アカウント設定によって既定で IMAP アカウントが作成されます。POP3 アカウントを作成するには、手動による手順を実行する必要があります。ただし、電子メール サーバーが POP3 のみをサポートしている場合は、自動アカウント設定によって POP3 アカウントが作成されます。
  1. [スタート] スタート ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [メール設定 - Outlook] ダイアログ ボックスで [プロファイルの表示] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  3. [メール] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[追加] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  4. [新しいプロファイル] ダイアログ ボックスで、新しいプロファイル名を入力し、[OK] をクリックします。
  5. [新しいアカウントの追加] ダイアログ ボックスで、お使いの電子メールのアカウント情報を入力し、[次へ] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  6. アカウントが正しく構成されたら、[完了] をクリックします。

方法 2: IMAP または POP3 電子メール アカウントを手動で作成します。

  1. [スタート] スタート ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [メール設定 - Outlook] ダイアログ ボックスで [プロファイルの表示] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  3. [メール] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[追加] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  4. [新しいプロファイル] ダイアログ ボックスで、新しいプロファイル名を入力し、[OK] をクリックします。
  5. [新しいアカウントの追加] ダイアログ ボックスで、[サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する] を選択し、[次へ] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  6. [サービスの選択] ダイアログ ボックスで、[インターネット電子メール] を選択し、[次へ] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  7. [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスで、アカウントの詳細を入力します。
  8. [アカウント設定のテスト] をクリックしてアカウントをテストします。
    注: 正しいアカウントの詳細がわからない場合は、インターネット サービス プロバイダーに問い合わせてください。

  9. [既存の Outlook データ ファイル] を選択し、[参照] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  10. [Outlook データファイルを開く] ダイアログ ボックスで、前に見つけた Outlook データ ファイルを参照して選択します。[OK] をクリックします。
  11. [次へ] をクリックします。
  12. [アカウント設定のテスト] ダイアログ ボックスで [閉じる] をクリックします。
  13. [完了] をクリックします。

手順 3 - 新しい Outlook プロファイルを既定のプロファイルとして構成する

新しい Outlook プロファイルを既定のプロファイルとして設定する場合は、次の手順に従います。
  1. [メール] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[常に使用するプロファイル] を選択します。
  2. [常に使用するプロファイル] のドロップダウンをクリックして、新しいプロファイルを選択します。
  3. [OK] をクリックして、[メール] ダイアログ ボックスを閉じます。
詳細
注: 既定ではないいくつかの .pst ファイルを Outlook プロファイルに含める必要がある場合には、次の手順を実行します。
  1. Outlook を起動します。
  2. [ファイル] タブの [開く] をクリックします。
  3. [Outlook データ ファイルを開く] をクリックします。
  4. 他の .pst ファイルが格納されているフォルダーを参照し、そのファイルを選択し、[OK] をクリックします。
新しく追加した .pst ファイルがナビゲーション ウィンドウに表示されます。
プロパティ

文書番号:2659085 - 最終更新日: 06/24/2014 08:13:00 - リビジョン: 12.0

Microsoft Outlook 2010, Microsoft Outlook 2013

  • kbvideocontent kbcip kbconsumer KB2659085
フィードバック