Outlook でサイズ制限を超えた PST ファイルを使用すると、エラーが発生する

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Outlook でサイズ制限を超えた PST ファイルを開くと、PST ファイルに接続できなくなったり、以下のようなエラーが発生することがあります。

 最大サイズに達しました。このファイル内のデータ量を減らすには必要ないアイテムを選択してから、Shift と Delete キーを使用して完全に削除してください。
原因
この動作は Outlook の制限事項です。

Outlook で使用する PST ファイルは、通常 MaxLargeFileSize や WarnLargeFileSize などのサイズ制限を超えてアイテムを格納することはできません。
各レジストリエントリでファイル制限のサイズを設定する方法については、以下のサポート技術情報をご参照ください。

832925 Outlook 2010、Outlook 2007、および Outlook 2003 の.pst ファイルおよび.ost ファイルのサイズの制限を構成する方法

なお、レジストリ設定前にすでにファイルサイズが制限値を超えていた場合には、これらのレジストリの制限値を超えた PST ファイルが使用できることがあります。
制限値を超えた PST ファイルを開くことはできますが、Outlook ではこのような状態を想定しておりません。
例えば、ユーザーが書き込みを行わなかったとしても、フォルダ内のアイテムを表示する際にビューの作成が必要となる場合には、Outlook の内部的な動作として PST ファイルへの書き込みが発生し、その際に制限によりエラーとなる可能性があります。

そのため、PST ファイルの内容を確認する際にエラーになったり、PST ファイルに接続できなくなるなど、動作が不安定となります。

回避策
本現象を回避するためには以下の方法を検討してください。

  • PST ファイル内のアイテムを Shift + Delete で削除する
  • MaxLargeFileSize や WarnLargeFileSize などのレジストリによる PST サイズ制限を一時的に解除し、PST ファイルを分割する

状況
この動作は仕様です。
関連情報
本現象が該当する製品:Outlook 2010, Outlook 2007, Outlook 2003
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2660033 - 最終更新日: 09/30/2016 09:03:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Outlook 2010

  • KB2660033
フィードバック