電子メール アドレス ポリシーは、Exchange Server 2010年または Exchange Server 2013年での受信者のアドレスを生成しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2661294
現象
次のような状況を考えます。
  • 一部の受信者を作成するには、Microsoft Exchange Server 2010年または Exchange Server 2013年環境で Exchange 管理コンソールまたは Exchange 管理シェルを使用します。または、一部を実行して、クラウドのメールボックスを有効にする、 有効にする RemoteMailbox または 新規のユーザ コマンドレットを Microsoft Exchange Server 2013年から設置環境です。
  • 受信者のエイリアスは、次の数字または数字と文字の組み合わせの後に小文字の文字の組み合わせのいずれかで始まる、"a"を"c"。
    • sa
    • sb
    • sc
    • s
    たとえば、エイリアスは、sa000c1 または s123456 です。
  • 電子メール アドレス ポリシーを作成し、受信者にポリシーを適用します。
このシナリオでは、電子メール アドレス ポリシーは生成されません、受信者の電子メール アドレス正しく。たとえば、受信者のセカンダリ電子メール アドレスは生成されません。
原因
この問題は、これらのエイリアスは、特殊なパターンを検索するために発生します。したがってはランダム化されたプロキシの名前として間違って認識します。
解決方法
この問題を解決するには、環境内の更新プログラムは以下のいずれかをインストールします。
2661854 Exchange Server 2010年のサービス パック 2 の更新プログラムのロールアップ 2 の説明

3135743 Exchange Server 2013年の累積的な更新プログラム 13

自動的に更新プログラムを有効にする、更新プログラムをインストールした後に、「Fix it で解決するセクションに進んでください。自分でこの更新プログラムを有効にしたい場合に、「自分で解決するセクションに進んでください。

Fix it で解決する

この更新プログラムを自動的に有効にするをクリックして、修正 ボタンまたはリンクします。をクリックし、を実行 ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックス ボックス、およびそれを修正するウィザードの手順に従います。




注:
  • マイクロソフト サポート技術情報 (KB) の資料に記載されている更新プログラムをインストールします。 2661854 または 3135743 このFix itソリューションを実行する前にします。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題が発生しているコンピュータで作業していない場合は、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行してください。

進みます、「この修正で問題は解決しましたか?セクションに進んでください。



自分で解決する

重要: このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

用の Exchange Server 2010
Exchange Server 2010 Service Pack 2 用の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後この修正プログラムを有効にするには、次のレジストリ キーを変更します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regedit、し、Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ExchangeServer\v14\Admin
  3. 管理者を右クリックし、[新規作成] をクリックし、の DWORD の値です。
  4. タイプ IgnoreGeneratedProxy、し、Enter キーを押します。
  5. を右クリックします。 IgnoreGeneratedProxy、し、[変更] をクリックします。
  6. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 1と入力し、[OK] をクリックします。
注:
  • V14または管理者のレジストリ キーが見つからない場合は、新しいを作成できます。
  • コマンド プロンプトでIISresetを実行し、手順の後に、少なくとも 30 分間待機する必要があります。

用の Exchange Server 2013
  • 以下の手順に従って、Exchange Server 2013年の累積的な更新プログラム 13 をインストールする前に
    1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regedit、し、Enter キーを押します。
    2. 次のレジストリ キーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\ExchangeServer\v14\Admin
    3. 管理者を右クリックし、[新規作成] をクリックし、[ DWORD 値] をクリックします。
    4. タイプ IgnoreGeneratedProxy、し、Enter キーを押します。
    5. を右クリックします。 IgnoreGeneratedProxy、し、[変更] をクリックします。
    6. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 1と入力し、[OK] をクリックします。

    注:
    • V14または管理者のレジストリ キーを参照することをしない、する場合は、新しいを作成します。
    • コマンド プロンプトでIISresetを実行し、手順の後、最低 30 分間待機する必要があります。
  • 以下の手順に従って、Exchange Server 2013年の累積的な更新プログラム 13 をインストールした後。
    1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regedit、し、Enter キーを押します。
    2. 次のレジストリ キーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\ExchangeServer\v15\Admin
    3. 管理者を右クリックし、[新規作成] をクリックし、[ DWORD 値] をクリックします。
    4. タイプ IgnoreGeneratedProxy、し、Enter キーを押します。
    5. を右クリックします。 IgnoreGeneratedProxy、し、[変更] をクリックします。
    6. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 1と入力し、[OK] をクリックします。

    注:
    • V15 までまたは管理者のレジストリ キーを参照することをしない、する場合は、新しいを作成します。
    • コマンド プロンプトでIISresetを実行し、手順の後、最低 30 分間待機する必要があります。

この修正で問題は解決しましたか?

  • 問題が解決したかどうかを確認してください。問題が解決した場合は、このセクションで終了です。問題が修正されていない場合することができます。 サポートにお問い合わせください。.
  • フィードバックをお待ちしております。フィードバックを提供する、またはこのソリューションで発生する問題を報告するためにコメントを記入してください、」Fix it で解決する」ブログでご連絡や、 電子メール.
回避策
この問題を回避するには、受信者のエイリアスで大文字を使用します。または、受信者の電子メール アドレスを手動で追加します。
詳細
電子メール アドレス ポリシーの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。電子メール アドレス ポリシーを作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。電子メール アドレス ポリシーを適用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
fixit に fixme を修正します。

プロパティ

文書番号:2661294 - 最終更新日: 06/22/2016 12:37:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbfixme kbmsifixme kbmt KB2661294 KbMtja
フィードバック