Office ドキュメントを SharePoint ドキュメント ライブラリからのハイパーリンクを使用して開かれた可能性がありますが不足しているサーバーのメッセージ バーをチェック アウト、ファイルを編集またはワークフロー タスクを開くと編集に必要なボタンを持つ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2661910
現象
Office 2007 または Office 2010 のすべてのクライアント オペレーティング システム上のユーザーは、SharePoint Server 2010 のドキュメント ライブラリ内にある Office ドキュメントへのハイパーリンクをクリックします。ハイパーリンク自体は、Outlook 電子メール メッセージであります。Office クライアント アプリケーションで、サーバーからドキュメントを開く代わりに、ローカル コンピューターのインターネット一時ファイル キャッシュからの Office アプリケーションでドキュメントが開きます。したがってサーバー ドキュメントとしては扱われません。以下の現象は、ユーザーが表示されます。
  • Word: サーバーのバーに「文書の編集」ボタンがないです。
  • Excel: は、[ブックの編集] ボタンを使用してサーバー バーです。
  • PowerPoint: は、[プレゼンテーションの編集] ボタンを使用してサーバー バーです。

または、ドキュメント ライブラリには、チェック アウトが必要な場合。
  • 単語:「ドキュメントのチェック アウト」ボタンを使用してサーバー バーがない
  • Excel:"をブックのチェック] ボタンを使用してサーバーのバーがないです。
  • PowerPoint:"をプレゼンテーションのチェック] ボタンを使用してサーバーのバーがないです。
さらに、Office アプリケーションで開いている間は、ドキュメントを SharePoint サイトに保存できません。ユーザーは、変更を保存できる場合がありますが、SharePoint サーバーのバックアップに、インターネット一時ファイル フォルダー内のファイルに、変更が保存されます。

また、ドキュメントがワークフローの一部である場合は、このタスクを編集するか、このタスクを開くボタンと、ワークフローに関連付けられている他のすべてのボタンが不足している、原因で、ワークフローを開始できません。ユーザーは電子メールでワークフロー タスクを受信して、電子メールには、SharePoint サーバー上にあるドキュメントへのハイパーリンクが含まれているが通常です。

これは、最新の Office ファイル形式でのみ発生します。 .docx、.pptx、.xlsx。古い、従来の Office ファイル形式では発生しません。 .doc、.xls、.ppt です。さらに、これだけが発生したとき。

サーバーは、SharePoint server 2010 と
  1. クライアント コンピューターで Office 2007 が動作しているときに問題が発生する .docx、.dotx、.xlsx .pptx ドキュメント
    または
  2. クライアント コンピューターは、Office 2010 を実行していると、は、.pptx ドキュメントで問題が発生します。

この問題は、Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーとクライアント コンピューターが Office 2007 または Office 2010 を実行している場合に発生しません。

注: このときだけで、Outlook の電子メール メッセージに Office ドキュメントをクリックすると ON A ハイパーリンクを開くと、Office ドキュメントが SharePoint 2010 ドキュメント ライブラリ内にあります。ユーザーは、SharePoint 2010 ドキュメント ライブラリを参照するし、そこからファイルを開く、この問題は発生しません。
原因
SharePoint 2010 では、'制限しないか、高レベルのブラウザー ファイル処理' と呼ばれる新しいセキュリティ機能を実装します。Web サーバーから配信されるファイルの種類ごとには、関連付けられている MIME の種類 (「コンテンツの種類」とも呼ばれます)、コンテンツ (画像、テキスト、アプリケーションなど) の性質を説明します。Internet Explorer (IE) は、MIME スニッフィングは、ダウンロードした各リソースのコンテンツ タイプを決定しようとする機能を持っています。Office ファイルでは、コンテンツの種類は、サーバーによって送信された場合は MIME データベースで IE「スニッフィング」MIME コンテンツの種類別のような MIME がないかどうかをクライアント マシンの MIME のデータベースに入力しのような MIME の種類を使用してファイルを開く、クライアント コンピューターのレジストリにします。ただし、厳密なブラウザー ファイルの処理が SharePoint 2010 では、各 web アプリケーションに既定で有効にし、これには、コンテンツ タイプのスニッフィングを許可、ためサーバーの応答で完全に一致するコンテンツの種類を送信しない場合は MIME データベースのクライアントのレジストリで見つかった、サーバーから開かれているのではなくクライアント コンピューターのインターネット一時ファイルから、ファイルが開きます。信頼されていないコンテンツをホストするサーバーのセキュリティの問題につながることができますも MIME スニッフィングします。
たとえば: SharePoint 2010 サーバーからの応答で送信されたコンテンツ タイプは"vnd.ms word.document.12"ヘッダーと共に、SharePoint 2010 ドキュメント ライブラリに存在するドキュメントを指すハイパーリンクの .docx ファイルを開くときに"X-コンテンツの種類: nosniff」これのような。

HTTP 200 OK
コンテンツ長: 108
日: 1 日、[日付と時刻] GMT
コンテンツの種類: vnd.ms-word.document.12
X-コンテンツの種類: nosniff

この正確なコンテンツ タイプは、Office クライアント コンピューターのレジストリの [MIME] 領域で、MIME スニッフィングは行われませんので、インターネット一時ファイルからドキュメントを開きます。

[詳細情報] セクションの下に記載されているその他の原因の可能性があります。

解決方法
次の解決策のいずれかを使用します。

サーバー側の回避策:

SharePoint 2010 から送信されるなしでバック グラウンド ・ ヘッダーを削除します。

  • サーバーの全体管理サイトを参照して、[アプリケーションの管理Web アプリケーションの管理] をクリックします。
  • Web アプリケーションを選択し、リボンの [全般設定] をクリックしてください
  • ブラウザーでファイルの処理を、下にスクロールし、高レベルではなく制限しないを選択します。
注: このセキュリティが低下します。ブラウザーでファイルの処理は、web ブラウザーに表示するドキュメントに追加のセキュリティ ヘッダーを追加するかどうかを指定します。
これらのヘッダーがブラウザーが表示されるようにダウンロード プロンプト特定の種類のファイル (たとえば、.html) とサーバーの使用を指定
他の種類のファイルの MIME の種類です。「寛容な型指定」は、ヘッダーは追加されませんより互換性のあるユーザー エクスペリエンスを提供するを指定します。「厳密」を追加します。
強制的に特定の種類のファイルをダウンロードするのにはブラウザーのヘッダー。ダウンロードが自動を禁止することで、サーバーのセキュリティを向上します。
投稿者がアップロードされる Web コンテンツの実行をします。

クライアント側の回避策:

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。

322756 バックアップし、Windows のレジストリを復元する方法です。


次の 2 つの方法のいずれかを使用して、MIME のデータベース、レジストリに必要なコンテンツ タイプをインストールするのには Office クライアント コンピューターのレジストリを更新します。このレジストリの更新プログラムは、Office 2007 または Office 2010 のいずれかで動作します。
  1. レジストリを手動で更新するには、以下のテキスト ファイルをコピー、名前を持つ。reg拡張子とそれを実行します。
Windows レジストリ エディターのバージョン 5.00
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-excel.12]
"拡張機能「=」.xlsx"
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-powerpoint.presentation.12]
「拡張機能「=」.pptx」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-word.document.12]
「拡張子」=「.docx」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-word.template.12]
"拡張機能「=」.dotx"
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-powerpoint.template.12]
「拡張機能「=」.potx」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-powerpoint.show.macroEnabled.12]
「拡張機能「=」.ppsm」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-powerpoint.show.12]
"拡張機能「=」.ppsx"
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-powerpoint.macroEnabled.12]
「拡張機能「=」は .pptm です」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/x-mspublisher]
"拡張機能「=」.pub"
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-excel.binary.12]
「拡張機能「=」.xlsb」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-excel.macroEnabled.12]
「拡張機能「=」した」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-excel.macroEnabledTemplate.12]
"拡張機能「=」.xltm"
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-excel.template.12]
「拡張機能「=」.xltx」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12]
「拡張機能「=」.docm」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-word.template.macroEnabled.12]
「拡張機能「=」.dotm」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-powerpoint.template.macroEnabled.12]
「拡張機能「=」.potm」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-powerpoint.presentation.macroEnabled.12]
「拡張機能「=」は .pptm です」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-excel.sheet.macroEnabled.12]
「拡張機能「=」した」
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/vnd.ms-excel.addin.12]
"拡張機能「=」.xlam"
[HKEY_CLASSES_ROOT\MIME\Database\Content Type\application/onenote]
"拡張子 .one「=」"

または

2. Office のコンピューター上のレジストリの MIME のデータベースに自動的に、コンテンツ タイプをインストールするには、「ここでは、簡単に直るセクションに進んでください。

ここでは、簡単に直る

自動的にこの問題を解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。
  • このウィザードは英語版のみとなります。ただし、自動修正は、他言語バージョンの Windows でも動作します。
  • されていない場合に、問題があるコンピューターを簡単に修正プログラム ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、し、問題のあるコンピューターで実行します。
詳細
SharePointワークフロー タスクのボタンがこの資料に記載されている以外の理由で Office ドキュメントに表示されません。いくつかの原因があります。
  • セキュリティ センターの設定では、メッセージ バーが無効です。
  • Office (ホーム、ビジネス、ホームおよび受講者用) またはその他の製品を小売チャンネルからの価値の低いライセンスを使用しています。参照してください。 http://office.microsoft.com/en-us/powerpoint-help/manage-the-document-approval-process-using-a-workflow-HA010220203.aspx
  • 開いているドキュメントにワークフローがまだ開始されていません。
  • ユーザーには、アイテムの編集アクセス許可がありません。ワークフローの設定によって、リストの管理のアクセス許可も必要です。
  • Office 2010 の標準のバージョンは、ワークフロー タスク ・ パネルをサポートしていません。詳細については、 http://office.microsoft.com/en-us/buy/compare-server-integration-features-between-office-suites-available-through-volume-licensing-FX101850719.aspx
  • サーバー読み取り専用バーは、[文書の編集] または [ブックの編集] ボタン バーの [プレゼンテーションの編集] が表示されないその他の理由に、SharePoint サイトを最初に保存されている Office 2010 のドキュメントへのハイパーリンクをクリックしたときか。リンク クリックした後は、サーバーの読み取り専用のバーを表示します。




サーバーの読み取り専用のバーのスクリーン ショット



ハイパーリンクの最初のクリックで表示するサーバーの読み取り専用のバーを強制的には、追加のクライアント ・ マシンのレジストリ キーの下。

追加します。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\Internet
名: OptimisticBHO
種類: DWORD
値: 1

場合、サーバー バーまだ表示されない、[文書の編集] ボタンを使用して OptimisticBHO キーを有効にした後でも、Internet Explorer のツールで、[Office ドキュメント キャッシュ ハンドラー"アドオンが有効になっているかどうかを確認 > [アドオンの管理です。



fixit 修正 fixme です。サーバーの読み取り専用のバー。サーバー メッセージ バーです。Office ドキュメント

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2661910 - 最終更新日: 09/28/2015 19:45:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft SharePoint Foundation 2010, Microsoft SharePoint Server 2010, Microsoft Office Enterprise 2007, Microsoft Office Basic 2007, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 1, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 2, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3, Microsoft Office Professional 2010, Microsoft Office Professional Plus 2010, Microsoft Office Standard 2010

  • kbfixme kbmsifixme kbmt KB2661910 KbMtja
フィードバック