現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

文字列配列に、区切りの文字列を配置するには、Split 関数を使用する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

266289
概要
この資料では、 Split 関数を使用して、文字列配列に区切り記号で区切られた文字列を分割する方法を説明します。 Microsoft Visual Basic の製品ドキュメントには、 Split 関数を使用方法について説明します、製品のマニュアルは、 Split 関数を使用するの例はありません。
詳細
Split Function は、指定した部分文字列数を含む 1 次元配列を返します。 この関数を使って各部分文字列の値を取得する文字列配列に文字を区切り記号で区切られた文字列を配置することができます。

次の手順を使用して、サンプル プロジェクトの作成をします。
  1. 新しい 標準 EXE プロジェクトを作成します。 デフォルトで Form1 が作成されます。
  2. コマンド ボタンを Form1 に追加します。
  3. 次のコードを Form1 のコード ウィンドウに追加:
    Option ExplicitPrivate Sub Command1_Click()   Dim strTest As String   Dim strArray() As String   Dim intCount As Integer      strTest = "Fred & Wilma & Barney & Betty"   strArray = Split(strTest, "&")      For intCount = LBound(strArray) To UBound(strArray)      Debug.Print Trim(strArray(intCount))   NextEnd Sub					
  4. [ 表示 ] メニューのをクリック しますイミディエイト ウィンドウ。
  5. [ 実行 ] メニューの [ 開始 ] をクリックするか、プログラムを起動する F5、キーを押してください。
  6. します、 Command1 コマンド ボタン 結果 : 各名 strTest 変数に、個々 の行に表示されます。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:266289 - 最終更新日: 07/15/2004 20:34:00 - リビジョン: 1.3

  • Microsoft Visual Basic 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual Basic Enterprise Edition for Windows 6.0
  • kbhowto kbstring kbmt KB266289 KbMtja
フィードバック
cript>