FIX Host Integration Server 2010年環境でカスタム パッケージ XML 内に指定するように DB2/MVS パッケージをバインドするには、独立性レベル設定されていません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2666036
現象
次のシナリオを検討してください:
  • Microsoft Host Integration Server 2010年環境では、カスタム パッケージをパッケージ DB2/MVS (DB2 z/OS のとも呼ばれます) にバインドするには、XML を作成します。
  • パッケージで使用される分離レベルを指定するのにには、独立性レベルの文字列を使用します。

パッケージがバインドされている場合は、このシナリオでは、カスタム パッケージ XML 内に指定すると、指定した分離レベルが設定されていないことを確認します。

たとえば、指定、 CursorStability カスタム パッケージ XML 内の独立性レベル。コードを実行すると、ただし、パッケージを使用する設定されて、 RepeatableRead 独立性レベル。
解決方法
この問題を解決するには、この修正プログラムを適用します。この修正プログラムを適用した後、Host Integration Server の各分離レベルは次のエイリアスを取得します。

古い名前新しい名前DDM説明
CursorStabilityReadCommittedISOLVLCSReadCommitted 示します DB2 カーソル安定性 (* CS) (既定値)
シリアル化可能ですシリアル化可能ですISOLVLRRDB2 の繰り返し可能な読み取りのシリアル化を示す (* RR)
すべてRepeatableReadISOLVLALLRepeatableRead 示します DB2 読み取りの安定性 (* すべて)
変更ReadUncommittedISOLVLCHGReadUncommitted 示します DB2 のコミットされていない読み取り (* 変更を)
NoCommitNoCommitISOLVLNCNoCommit 示します DB2 の成功はコミット (* NC)

Microsoft プログラミング例としては黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。Microsoft サポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能について説明することができます。ただしは、機能の追加や、お客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するには、次の例変更されません。

サンプル コードは、カスタム パッケージの XML を次に示します。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?><Packages>  <Package Collection="MYCOL" Id="MYID" Token="TOKEN001" Version="CursorStability-5" IsolationLevel="ISOLVLCS">    </Section>      <Section Number="1" Alias="SEL1">        <Statement Number="1">SELECT COUNT(CREATOR) into :H FROM SYSIBM.SYSTABLES WHERE CREATOR = 'SYSIBM'</Statement>          <Parameters>            <Parameter Name="P1" Type="INT" Length="4" Precision="0" Scale="0" CCSID="0" Nullable="False"/>          </Parameters>      </Section>  </Package></Packages>

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。危険性が高い場合は、この修正プログラム可能性があります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラムを適用するインストールされている累積的な更新プログラム パッケージ 2 の Host Integration Server 2010年が必要な場合。

累積的な更新プログラム パッケージの入手については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックする方法の詳細については。
2616519 Host Integration Server 2010年の累積的な更新プログラム パッケージ 2

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示されます。世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルに一覧表示されます。ファイル情報を表示すると、そのローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン で、 日付と時刻 コントロール パネルの項目。

Microsoft Host Integration Server の 2010 年は、32 ビット版
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.hostintegration.drdalink.dll8.5.4437.259,27216-1 月-201216: 57x86
Microsoft Host Integration Server の 2010 年は、64 ビット版
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.hostintegration.drdalink.dll8.5.4437.259,27216-1 月-201217: 01x86
Microsoft.hostintegration.drdalink.dll8.5.4437.269,51216-1 月-201217: 01x 64
メモ ファイルの依存関係のため、これらのファイルを含む最新の修正プログラムは、追加ファイルも含まれる可能性があります。


状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
カスタム パッケージの XML を作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2666036 - 最終更新日: 02/28/2012 18:06:00 - リビジョン: 1.0

  • kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2666036 KbMtja
フィードバック