SUA をインストールしている Windows の rcp コマンドを SYSTEM ユーザーから実行すると、"Permission Denied" エラーが発生する場合がある

現象
Windows Server 2008 R2、Windows 7、Windows Server 2008 または Windows Vista 上から rcp コマンドによるファイルのコピーを実行すると、特定の条件をすべて満たしていた場合、以下のエラーが発生します。

Permission Denied

現象が発生する条件 :
  • Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows Server 2008 R2 に SUA (Subsystem for UNIX-based Application) をインストールしている。
  • rcp コマンドを、SYSTEM ユーザーを利用して、バッチ ファイルなどから実行している。
  • rcp コマンドの実行時に、"-D" オプションを利用している。
バッチ ファイルのコマンド記述例 :

C:\Windows\posix.exe /u /c /bin/rcp -D Administrator@<RCP Server>:FileName1.txt FileName2.txt

原因
この現象は、rcp コマンドを SYSTEM ユーザーから実行した際、コマンドの実行ユーザーとして"NT AUTHORITY+SYSTEM" というスペース文字を含んだユーザー名が送信されるために発生します。
回避策
この現象を回避するには、RSH サーバー側でスペース文字を含んだユーザー名を許可してください。

注 : Windows で利用される RSH サーバーではスペース文字を含んだユーザー情報は正常に処理されないため、この現象が発生するシステムでは、rcp コマンドは SYSTEM ユーザー以外のユーザーで実行してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:2668238 - 最終更新日: 09/20/2016 10:30:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Ultimate

  • kbtshoot kbnofix kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbbug kberrmsg KB2668238
フィードバック