現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Exchange Server 2010 SP2 をインストールしようとするとエラー メッセージ:「承認チェックに失敗しました」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

2668686
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Microsoft Exchange Server 2010年または Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1) をインストールします。
  • グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) またはローカル グループ ポリシー エディター (Gpedit.msc) を使用してグループ ポリシー オブジェクト (GPO) またはローカル ポリシーを作成します。
  • GPO またはローカルのポリシー、Windows PowerShell 実行ポリシー ステータスに他の設定します。 未定義.
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2 (SP2) をインストールします。
このシナリオでは、インストールに失敗し、次のようなエラー メッセージが表示されます。
次のエラーが発生した場合"$ エラーです。Clear()。
& $RoleBinPath\ServiceControl.ps1 EnableServices の重要です
」を実行した:「承認チェックに失敗しました。"。
承認チェックに失敗しました。

このエラーが発生して、Exchange Server 2010年が機能しないの追加と削除]に表示されません。さらに、Exchange Server 2010年を再インストールすることはできません。

原因
この問題はインストール プロセス中に Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスを停止するために発生します。このため、Exchange Server 2010 SP2 インストール プロセスの一部として実行される ServiceControl.ps1 の Windows PowerShell スクリプトの実行アクセス許可を確認するのには、WMI サービスを呼び出すことはできません。
解決方法
この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. Exchange Server 2010年を実行しているサーバーを回復します。Exchange Server 2010年を実行しているサーバーを復旧する方法の詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。
  2. GPO またはローカル ポリシーを無効にするのには、GPMC または、Gpedit.msc を使用します。
  3. Exchange Server 2010 SP2 をインストールします。
  4. LocalMachine スコープの実行ポリシーを RemoteSigned に設定します。これを行うには、次のコマンドレットを実行します。

    セット ExecutionPolicy RemoteSigned-LocalMachine スコープ
詳細
インストールを開始する前に、実行ポリシーを確認するには、次の Windows PowerShell コマンドレットを実行します。
取得 ExecutionPolicy-リスト
出力は次のようになります。
Scope ExecutionPolicy ----- --------------- MachinePolicy UndefinedUserPolicy Undefined Process Undefined CurrentUser Undefined LocalMachine RemoteSigned
次のスコープのいずれかの状態が未定義に設定すると、Exchange Server 2010 SP2 をインストールする前に、「解決方法」の手順を参照してください。
  • MachinePolicy
  • UserPolicy
  • プロセス
  • CurrentUser

LocalMachine スコープが未定義に設定されている場合 Exchange 管理コンソール (EMC) を起動すると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

「GetSteppablePipeline」を「1」の引数と共に呼び出す例外:「ファイル C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\RemoteScripts\ConsoleInitialize.ps1 ロード スクリプトの実行がこのシステム上で無効になっているため。「Get - about_signing 詳細はヘルプ」参照してください。"

また、Exchange 管理シェル (EMS) を起動すると、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

用語 'れている接続]' は、コマンドレット、関数、スクリプト ファイルまたは実行可能なプログラムの名前としては認識されません。名前のスペルを確認かパスが搭載されている場合は、パスが正しいことを確認して、やり直してください。

メモこの問題が発生すると、Exchange 2010 は、EMC または EMS を起動できない場合でも正常に動作します。
関連情報
Microsoft Exchange Server 2010 の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールするときに発生する問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術、次の資料を参照してください。
981474 エラー 1603 を Exchange Server 2010年の RU1 をインストールするときが表示されます。

Microsoft Exchange Server 2010 の更新プログラムのロールアップをインストールするときに発生する問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術、次の資料を参照してください。
2467565 PowerShell 実行ポリシーを更新すると、サーバーの定義、展開された GPO での Exchange Server 2010年の更新プログラムのロールアップをインストールできません。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2668686 - 最終更新日: 11/09/2012 05:47:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1
  • kbsurveynew kbprb kbservicepack kbmt KB2668686 KbMtja
フィードバック