現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX「非 NULL にできない列の値を NULL に設定しようとしています」エラー メッセージ、SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012 で SQL Server 2008 で MERGE ステートメントを使用する場合

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2671078
マイクロソフトは Microsoft SQL Server 2008年配布して、1 つのダウンロード可能なファイルとして SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012年を修正します。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムを含むし、以前の SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012年に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Microsoft SQL Server 2008年、2008 R2 の Microsoft SQL Server、または Microsoft SQL Server 2012年データベースのテーブルで挿入操作を実行しようとするとします。
  • 対象のテーブルが 1 つ以上の外部キー (FK) 制約です。
  • 使用して、挿入操作を実行するのには 差し込み印刷 ステートメントです。
このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

Msg 681、レベル 16、状態の #、# を行します。
非 NULL にできない列の値を NULL に設定しようとしています。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 2008 R2 SP2 用の累積的な更新プログラム 10

SQL Server 用の累積的な更新プログラムについて

各新しいの累積的な更新 SQL Server にはのすべての修正プログラムが含まれています、セキュリティ修正がすべてが、以前の累積的な更新プログラムに含まれて.SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Server 2012 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1

この問題に対する修正は累積的な更新 1 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2012年の Service Pack 1 の入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2765331 SQL Server 2012 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1
注: ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012年で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれる最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2772858 SQL Server 2012 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2012 のビルド

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 8 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server の 2008 R2 Service Pack 1 の入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2723743 SQL Server 2008 の R2 SP1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 8
注: ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれる最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2567616 SQL Server の 2008 R2 SP1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を構築します。

SQL Server 2012

この問題に対する修正は SQL Server 2012年の累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2723749 SQL Server 2012 の累積的な更新プログラム パッケージ 3
注: ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012年で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれる最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2692828 SQL Server 2012 のリリース後にリリースされた SQL Server 2012 のビルド
SQL Server 2012年のインストールに SQL Server 2012年の修正プログラムを適用する必要があります。

SQL Server 2008 Service Pack 3

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新 6 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2715953 SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 6
注: ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれる最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2629969 SQL Server 2008 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 のビルド
特定の SQL Server の Service Pack の Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 3 の修正プログラムを適用すると、SQL Server 2008 Service Pack 3 のインストールをする必要があります。既定では、SQL Server の Service Pack で提供されるすべての修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれているです。

SQL Server 2008 R2

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 14 でまずリリースされました。SQL Server 2008 R2 のこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2703280 SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 14
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、前回公開された SQL Server 2008 R2 修正プログラムに含まれていたセキュリティ修正プログラムおよび修正プログラムがすべて含まれています。この修正プログラムが含まれる最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
981356 SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 のビルド

SQL Server 2008 Service Pack 2

この問題に対する修正は SQL Server 2008 の Service Pack 2 の累積的な更新プログラム 9 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2673382 SQL Server 2008 の Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 9
注: ビルドは累積的であるため各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれているすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれる最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2402659 SQL Server 2008 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 のビルド
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2671078 - 最終更新日: 12/17/2013 14:47:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, SQL Server 2012 Enterprise Core

  • kbtshoot kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2671078 KbMtja
フィードバック
/html>