代理人が専用の Office 365 または ITAR に Lync オンライン会議をスケジュールできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2671103
現象
Microsoft Office 365 の専用または ITAR で、ユーザーは、代理人として、Lync のオンライン会議をスケジュールできません。オンライン会議を作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
このアカウントの所有者のためのオンライン会議をスケジュールするアクセス許可がありません。Lync で代理アクセス権を取得するのには、アカウントの所有者に問い合わせてください。

原因
この問題は以下の1つまたは複数の理由で発生する可能性があります。
  • エンタープライズ ボイス ユーザー (代理人) では、Outlook および Lync で代理人は追加されません。
  • 非エンタープライズ ボイス ユーザー (代理人) では、Outlook の代理人は追加されません。
  • 非エンタープライズ ボイス ユーザー (代理人) の Lync クライアントは、Outlook は MAPI 経由で通信できません。
解決方法
この問題を解決するには、ユーザーの状態に応じて、以下の方法のいずれかを使用します。

エンタープライズ ボイス ユーザー

代理人は、Outlook および Lync で代理人を追加する必要があります。Outlook では、ユーザーが少なくとも持っていることを確認してください] の予定表にします。Outlook で代理人を追加する方法の詳細については、次を参照してください。 自分のメールと予定表を管理するために他のユーザーを許可します。.

Lync の代理人としてユーザーを追加するには、次の手順を実行します。
  1. Lync またはビジネス クライアント用の Skype では、オプションを見つける >呼び出しを転送します。
  2. 自分の代理人のメンバーを編集] をクリックし、目的のユーザーを追加します。
オプション ページのスクリーン ショットは、自分の代理人のメンバーを編集を選択します。

呼び出しの転送] タブが使用できない場合は、ユーザーがエンタープライズ VoIP を正しく準備を持っていることを確認します。

非エンタープライズ ボイス ユーザー

  1. 代理人が、Outlook でのメール プロファイルを構成している必要があります。Outlook で複数のアカウントを構成する場合は、既定値として代理人のアカウントを設定しなければなりません。
  2. 代理人は、Lync クライアントが代理人の設定を読み取るための MAPI 経由の Outlook に接続するため、Windows を実行しているコンピューターを使用する必要があります。

    Lync クライアントは、MAPI を介して接続できることを確認します。これを行うには、CTRL キーを押しながら、Lync と Skype をビジネスのアイコンを右クリックして、構成情報を選択するとします。MAPI の情報は、 MAPI のステータス [ok]として表示する必要があります。

    これは、期待どおりに表示されていない場合、は、クライアントが MAPI を使って接続できない理由を調査します。
  3. Outlook と、Lync または Skype ビジネス クライアントが開いているため、代理人は、意図したデリゲートを Outlook に追加する必要があります。(あることを確認、代理人には、少なくとも編集者アクセス許可)。Outlook で代理人を追加する方法の詳細については、次を参照してください。自分のメールと予定表を管理するために他のユーザーを許可します。.代理人を追加すると後、delegatormust はサインアウトして、再度サインインを Lync または Skype ビジネス クライアントの。
  4. Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の代理人のメタベースの属性をセッション開始プロトコル (SIP) アドレスが thedelegate のmsRTCSIP PrimaryUserAddress属性内の SIP アドレスと一致していることを確認します。

エスカレーション手順を実行します。

  1. Microsoft Online Services のサポートにお問い合わせください。オンライン送信 または 電話.
  2. Microsoft Online Services をサポートする次の項目を提供します。
    1. エラー メッセージのスクリーン ショット
    2. クライアントのログ ファイル-委任者と代理人のトレース ディレクトリ内のすべてのファイル
    3. 出力、 構成情報 代理人のクライアントから

詳細
他のユーザーに代わって、オンライン会議をスケジュールする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

Proprietà

ID articolo: 2671103 - Ultima revisione: 11/25/2015 18:51:00 - Revisione: 9.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphic kbgraphxlink kbmt KB2671103 KbMtja
Feedback