Exchange Server 2007 Exchange Server 2010年のトラブルシューティングを行う方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2671849
概要
「Exchange Server 2007年 SP3 と Exchange Server 2010 のトラブルシューティング ツールを Windows 2008 R2」ツール、包括的な Windows Server 2008 R2 で Exchange Server 2007 の SP3 および Exchange Server 2010年の問題のトラブルシューティング情報を収集します。このトラブルシューティングはマイクロソフトに統合されているセンター Pro サービスを修正します。このサービスは、ソリューションを識別するために、自動化された診断分析を実行できます。

このトラブルシューティングを実行するには、次の手順を実行します。
  1. 参照してください、 Microsoft Fix it Center Pro ポータルです。
  2. ダイアログ ボックスが表示されたら、Windows Live を自分の ID を使用してサインインします。
  3. 分析パッケージ] ボックスの一覧をクリックします。 2007 SP3 および Windows 2008 R2 の Exchange Server 2010年のトラブルシューティングを Exchange Server します。.
  4. 分析セッションの作成] ウィンドウで、セッションの名前を入力しをクリックしてください 保存.

    後、分析の結果を表示するを入力、名を使用します。
  5. ダウンロードして分析パッケージを実行する手順を実行します。
  6. 分析結果を表示するを開き、 Fix it Center Pro – 解析 web ページ。
  7. 分析セッションの名前は、作成をクリックして解決策を表示するには 4 ステップを実行します。
詳細
Fix it Center Pro に関する詳細情報については、以下のマイクロソフト技術情報を参照してください。このトラブルシューティングのツールとは、スキャンの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。
kbficp

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2671849 - 最終更新日: 03/30/2012 09:28:00 - リビジョン: 11.0

  • kbmt kbsurveynew KB2671849 KbMtja
フィードバック