現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Millennium Edition でクリーン ブートを実行する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP267288
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
表示されるエラー メッセージがこの資料に記載されていない場合は、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照して、その他のエラー メッセージに関する説明を参照してください。
315854 Windows 98 および Windows Me のエラー メッセージ リソース センター
この資料は、さまざまな問題のトラブルシューティングを支援するために作成されました。特定のエラー メッセージに関する情報が必要な場合は、Windows 98 および Windows Me のエラー メッセージ リソース センターを参照してください。
概要
この資料では、一般的なスタートアップ プログラム、設定、ドライバを無効にして、Windows Millennium Edition (Me) の問題のトラブルシューティングを行う方法について説明しています。この方法は、"クリーン ブート" と呼ばれています。

この方法は、問題の原因を特定できない場合に、エラー メッセージや現象のトラブルシューティングを行うためにのみ使用してください。以下の手順を実行すると、一部の機能が一時的に使用できなくなります。設定を復元すると、その機能はまた使用できるようになりますが、元のエラー メッセージや現象が再発する可能性があります。
詳細
この資料に記載されている手順を実行する前に、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) で個別の問題に関する情報を検索してください。この資料の情報は、特定の問題を解決するためのものではありません。特定のエラー メッセージや現象が発生した場合は、エラー メッセージのテキストや、問題または現象の記述に基づいて「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を検索してください。「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) は次のマイクロソフト Web サイトで参照できます。

Windows Me でクリーン ブートを実行する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに msconfig と入力して、[OK] をクリックします。
  2. [全般] タブの [起動オプションを選択する] をクリックします。
  3. [起動オプションを選択する] の下のチェック ボックスをすべてオフにします。
  4. [スタートアップ] タブの [*StateMgr] チェック ボックスをオンにします。
  5. [OK] をクリックします。コンピュータを再起動することを確認するウィンドウが表示された場合は [はい] をクリックします。コンピュータが再起動するのを待ってから、[スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに msconfig と入力して、[OK] をクリックします。

    重要 : [全般] タブを表示し、オフにしたチェック ボックスがオフになっていることを確認します。オフにしたチェック ボックスがすべてオフのままになっている場合は、手順 6. に進みます。オフにしたチェック ボックスの中に、淡色表示されていて変更できないチェック ボックスがある場合、コンピュータは完全にはクリーン ブートされていません。その場合、システム設定ユーティリティ (msconfig) で、チェック ボックスがオンになっているプログラムの製造元に問い合わせる必要があります。
  6. 手順 5. でコンピュータのクリーン ブートが確認できたら、問題の原因となっているスタートアップ項目を特定します。クリーン ブート後にこの問題が再現しなければ、[起動オプションを選択する] の項目を一度に 1 つずつオンにしてコンピュータを再起動し、新たにオンにした項目によって、問題が発生するかどうかを確認します。

    : この手順を実行すると、Windows の画面表示に標準 VGA ドライバ (640 x 480 x 16) が使用されます。このドライバが使用されることによって、画面の解像度は 640 x 480 ピクセル、色数は 16 色になります。この構成で元の問題のテストを行えない場合 (実行するために解像度や色数を高くする必要があるプログラムをテストする場合など)、ディスプレイ ドライバを変更して標準の高解像度ドライバ (Super VGA) を使用するか、System.ini 項目を選択して元のディスプレイ アダプタを現在の構成に再度追加する必要が生じることがあります。System.ini 項目を現在の構成に再度追加する場合、元のディスプレイ ドライバにコンポーネントと設定も追加する必要がある場合があります。使用するディスプレイ ドライバを変更する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    131806 [Windows 95/98/Me] ビデオ ドライバのインストール方法と変更方法

クリーン ブート状態を解除する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに msconfig と入力して、[OK] をクリックします。
  2. [全般] タブで [標準の起動] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。コンピュータを再起動することを確認するウィンドウが表示された場合は [はい] をクリックします。

クリーン ブートによって無効になるカテゴリ

  • System.ini のエントリ
  • Win.ini のエントリ
  • 静的仮想デバイス ドライバ (VxD)
  • スタートアップの項目
  • MS-DOS エミュレーション用の環境変数


: インターネット アクセスやネットワーク アクセスが正常に機能するために、システム設定ユーティリティの [静的 VxD] タブで以下の VxD をオンにする必要があります。

VNETSUP
NDIS
VNETBIOS
VREDIR
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 267288 (最終更新日 2003-04-22) を基に作成したものです。
system configuration utility
プロパティ

文書番号:267288 - 最終更新日: 10/02/2004 01:25:34 - リビジョン: 2.2

  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • kbenv kbfaq kbhowto kbprod2web KB267288
フィードバック