フェールオーバーすると MSMQ パフォーマンス カウンタが失われる

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP267316
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
クラスタノード間でフェールオーバーが発生すると、Microsoft Windows 2000 クラスタ上の Microsoft Message Queuing (MSMQ) サービスがパフォーマンス (Perfmon) のカウンタをすべて失うことがあります。

解決方法
Local Admin API (Application Programming Interface) を使用して、パフォーマンス カウンタと同等の情報を取得することができる可能性があります。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
242471 FILE: MSMQ Local Admin API
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 267316 (最終更新日 2000-12-21) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:267316 - 最終更新日: 02/23/2014 22:15:43 - リビジョン: 1.4

  • Microsoft Message Queuing 2.0
  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbhotfixserver kbproductlink KB267316
フィードバック