Windows 2000 Service Pack 1 に含まれているページ ヒープの機能強化

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

267802
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料で Windows 2000 Service Pack 1 の高度なデバッグに使用できる追加のページ ヒープ機能について説明します。
詳細
Windows 2000 Service Pack 1 は、ページ ヒープの用意されています。

標準ページ ヒープ

この機能は同じまま; が解放されるときに、割り当てが調べられます。 通常の構文を使用しても標準ページ ヒープ有効にすることができます。 たとえば、コマンド プロンプトで pageheap/enable program を入力します。

完全ページ ヒープ

この機能、割り当ての最後にアクセスできないページを配置して問題を早く検出します。 ただし、このメソッドが使用メモリの少なくとも 1 つのページのすべての割り当てするために大量のメモリを使用します。 できますフルページ ヒープ と完全な スイッチを使用しています。 たとえば、入力 program を有効にする/完全な 、コマンド プロンプトで。

ページ全体のヒープ DLL ごとに有効にできます、これはさらに、上書きを分離する完全ページ ヒープが必要な場合に便利です。 それを全体のプロセスで使用する場合完全ページ ヒープによってリソースが多すぎるが使用します。 たとえば、次のコマンドの原因の一覧に表示されている DLL 残り (Iexplore.exe と、残りの DLL を含む)、プロセスの中に、ページ全体のヒープに取得標準ページ ヒープ。
pageheap/enable iexplore.exe/dlls ole32.dll mshtml.dll jscript.dll
次のページ ヒープ スイッチも追加されました。
  • /サイズ: ページ ヒープによって使用されるメモリの量を指定します。 コマンド構文、次のとおりです。
    pageheap/enable imagename/size startend のフル/
    Imagenameイメージの名前、startend は、ページ ヒープで割り当てられるブロック (10 進数) バイト単位で閉じられたサイズ間隔。

  • /アドレス: ページ ヒープの割り当てのアドレス範囲を指定します。 コマンド構文、次のとおりです。
    imagename を有効に startend アドレス
    Imagenameイメージ、および start の名前であり end は、0xabcdef00 など、C スタイル 16 進表記ですべての割り当てスタック トレースを検索するアドレスの範囲。

  • /ランダム: ランダム ページ ヒープの割り当てを指定します。 コマンド構文、次のとおりです。
    pageheap/enable imagename imagename/完全/ランダム probability
    Imagenameイメージの名前であり probability は、割り当てはページ全体のヒープ内に作成しようとしてかどうかを判断に使用する確率を表す 0 ~ 100 の間で 10 進数値。 100 の値と同等の または完全な スイッチであり 0 の値が標準ページ ヒープ。

  • /下位: アクセス以外のページを最後に対し、割り当ての先頭に配置は、下位のオーバーランの検出に使用します。 コマンド構文、次のとおりです。
    pageheap/enable/完全/下位
  • /不整列: 不整列の割り当てに使用して塗りつぶしパターンの使用を防止ページへの割り当てを配置します。 Internet Explorer など、多くのプログラム配置に関する特定の推測し、このスイッチを使用すると動作はしません。 コマンド構文、次のとおりです。
    pageheap/enable imagename imagename/完全/不整列
    Imagenameイメージの名前です。

  • /デコミット: 完全ページ ヒープの割り当て用のコミットされていないページを指定します。 このスイッチ自体を切り替える、 または完全 と同じ効果が少ないメモリを使用します。 用に、割り当ての終わり、先頭には、ページ全体を使わず、だけで仮想空間を予約します。 アクセス違反は、同じあり、このメソッドは、現在 /完全 ページ ヒープのスイッチを置き換えることができます。 コマンド構文、次のとおりです。
    imagename を有効にする/完全/デコミット
    Imagenameイメージの名前です。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:267802 - 最終更新日: 02/02/2014 14:13:16 - リビジョン: 3.3

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbenv kbmt KB267802 KbMtja
フィードバック