現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ツールをチェック (CalCheck) を Outlook の予定表についての情報

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2678030
概要
(CalCheck) を Outlook の予定表のチェック ツールは、問題を Microsoft Outlook の予定表をチェックするコマンド ライン プログラムです。ツールは、Outlook の予定表にアクセスする Outlook プロファイルのメッセージを開きます。全般的な設定で、アクセス許可、空き時間情報の公開、代理人の構成、自動予約などさまざまなチェックを実行します。不足するいると思われる会議などの予期しない動作を引き起こす可能性のある既知の問題を Outlook の予定表フォルダー内の各項目がチェックされます。

CalCheck ツールは、問題点を診断したり、傾向を識別するために使用できるレポートを生成します。


重要な注意事項CalCheck のレポートには、問題が発生すると判断した予定または会議の次のフィールドが含まれます。
  • 件名
  • 場所
  • 開始時刻
  • 終了時刻
  • 開催者
これらの予定表アイテムのフィールドには、個人情報または詳細情報が含まれている可能性があります、ため、レポートを共有する前にまず CalCheck レポート内のすべての項目を確認することをお勧めします。CalCheck のレポートに追加のフィールドは、この資料の最後に [詳細情報] セクションを参照してください。
詳細
CalCheck を使用するには、Outlook の予定表は、Microsoft Exchange Server を実行しているコンピューター上になければなりません。ツールは、IMAP、POP3、またはその他の Exchange 以外の電子メール アカウントでは機能しません。

インストール方法

ダウンロードして、Outlook の予定表のチェック ツールをインストールするには、Microsoft ダウンロード センターのページを表示するのには次のリンクをクリックします。システムの要件と手順に従って、ツールをアンインストールするのにはまた、web サイトの一覧です。


注: <b>このツールの 64 ビット バージョンは 64 ビット バージョンの Outlook でのみ使用するためです。

実行されるチェック

予定表のチェック ツールでは、基本と 2 種類のチェック、予定表に固有のチェック項目レベルのチェックを実行します。

カレンダー固有のチェック

次の予定表に固有のチェックが実行され、レポートにログに記録し。
  • カレンダーにアクセスを許可します。
  • 予定表フォルダー内のアイテムの合計数です。

    予定表フォルダー内の高い項目の数の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    2768656 キャッシュ モード .ost ファイルまたは .pst ファイルのフォルダーに多数のアイテムを Outlook のパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  • 予定表の代理人です。
  • 空き時間情報を発行します。
  • メールボックスまたは予定表の予約設定を指示します。
注: <b>これら 3 つのチェックについては、ローカルの空き/予約済みメッセージから読み取られます。まれは、Outlook をそのメッセージを開くことができないがあります。次に、これらのチェックが失敗します。これが発生した場合にのみ、Exchange メールボックス内の非表示の空き/予約済み情報の再生成を強制する必要があります。

非表示の空き時間情報を再生成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
958443 空き時間情報を構成しようとするとき、または情報を委任しようとするときに Outlook で問題が発生します。

項目レベルのチェック

次の項目レベルのチェックは実行し、レポートにし、ログに記録。

エラー番号問題ソリューション
0001アイテムの繰り返しの開始日や時刻は、0 (1601 年 1 年間) に設定されています。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0002アイテムの繰り返しの開始日または時間は、1995 年の 1 年 1 月より前です。これは必ずしもエラーではありません。削除または、破損しているように見えます場合にのみアイテムをキャンセルする必要があります。既定では、「-fargument を使用するこれらアイテムは移動されません。Cfg ファイルごとにエラーとして警告を扱う calcheck を構成する場合、移動した withcalcheck fonly (WarningIsError = true)。
0003アイテムの繰り返しの開始日または時間、1 月 1日 2025年より後です。これは必ずしもエラーではありません。削除または、破損しているように見えます場合にのみアイテムをキャンセルする必要があります。既定では、「-fargument を使用するこれらアイテムは移動されません。Cfg ファイルごとにエラーとして警告を扱う calcheck を構成する場合、移動した withcalcheck fonly (WarningIsError = true)。
0004アイテムの繰り返しの開始日または時間は、過去の上限値は。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0005項目の定期的なアイテムの終了日または時間は、0 (1601 年 1 年間) に設定されています。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0006項目の定期的なアイテムの終了日または時間は、1995 年の 1 年 1 月より前です。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0007項目の定期的なアイテムの終了日または時間、1 月 1日 2025年より後です。これは必ずしもエラーではありません。削除または、破損しているように見えます場合にのみアイテムをキャンセルする必要があります。既定では、「-fargument を使用するこれらアイテムは移動されません。Cfg ファイルごとにエラーとして警告を扱う calcheck を構成する場合、移動した withcalcheck fonly (WarningIsError = true)。
0008項目の定期的なアイテムの終了日または時間は、過去の上限値です。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0009項目の定期的なアイテムのプロパティが正しく作成されていません。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0010予定の定期的なアイテムのデータは、空です。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0011DispidRecurringdispidRecurTypeプロパティは、プロパティがFalseに設定されてまたはが存在しない None.This をセットでは、予定が定期的なことを示します。したがって、2 つのプロパティは、競合しています。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。一覧に表示されない場合、は、calcheck-fを実行します。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0012定期的な予定はありませんが、dispidRecurring が True に設定開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0013定期的なアイテムの例外のデータが一致しません。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0014シリーズの開始前に、定期的なアイテムの元の開始日付または時刻が設定されています。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0015定期的なアイテムの元の開始日や時刻は、シリーズの終了後に発生します。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0016開始の日付または時刻は、0 には。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0017開始の日付や時刻は、1995 年の 1 年 1 月より前です。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0018開始の日付または時刻、1 月 1日 2025年より後です。これは必ずしもエラーではありません。削除または、破損しているように見えます場合にのみアイテムをキャンセルする必要があります。既定では、「-fargument を使用するこれらアイテムは移動されません。Cfg ファイルごとにエラーとして警告を扱う calcheck を構成する場合、移動した withcalcheck fonly (WarningIsError = true)。
0019開始の日付または時刻が過去の上限値です。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0020予定には、開始時刻がありません。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0021最後の日付または時刻は、0 には。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0022最後の日付または時刻は、1995 年の 1 年 1 月より前です。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0023最後の日付または時刻、1 月 1日 2025年より後です。これは意図的なものがありますが、問題がある可能性も。これは必ずしもエラーではありません。削除または、破損しているように見えます場合にのみアイテムをキャンセルする必要があります。既定では、「-fargument を使用するこれらアイテムは移動されません。Cfg ファイルごとにエラーとして警告を扱う calcheck を構成する場合、移動した withcalcheck fonly (WarningIsError = true)。
0024最後の日付または時刻は、過去の上限値です。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0025このアイテムには、予定の終了時刻がありません。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0026このアイテムには、必要なプロパティ dispidRecurring が見つかりません。 予定の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するには、週、または月を表示、次の資料番号をクリックして、1 日で表示されません。
827432 Outlook 予定表の予定表は、WebDAV を使用して Exchange 2000 で予定を作成するとき、日、週、または月のビューに表示されているではありません。
0027このアイテムには、必要なプロパティ dispidApptTZDefStartDisplay が見つかりません。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0028このアイテムには、PR_SENT_REPRESENTING_NAME プロパティがありません。 開催者が不足しているの詳細については、電子メール アドレス、表示名または、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックしてください。
2825677 Outlook 2013 の修正プログラム パッケージ (Outlook x none.msp です。Outlookintl-<Language-Code>.msp): 2013 年 10 月 16 日 </Language-Code>
0029このアイテムには、PR_SENDER_NAME プロパティがありません。 開催者が不足しているの詳細については、電子メール アドレス、表示名または、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックしてください。
2825677Outlook 2013 の修正プログラム パッケージ (Outlook x none.msp です。Outlookintl-<Language-Code>.msp): 2013 年 10 月 16 日</Language-Code>
0030このアイテムの開催者のアドレスはありません。この項目の PR_SENT_REPRESENTING プロパティを確認します。開催者が不足しているの詳細については、電子メール アドレス、表示名または、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックしてください。
2849083 」の操作を完了できません。会議の開催者は、定期的な会議を更新するときの 1 つまたは複数のパラメーター値が有効ではありません"エラー メッセージ
0031このアイテムの送信者のアドレスはありません。この項目の PR_SENDER プロパティを確認します。開催者が不足しているの詳細については、電子メール アドレス、表示名または、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックしてください。
2849083 」の操作を完了できません。会議の開催者は、定期的な会議を更新するときの 1 つまたは複数のパラメーター値が有効ではありません"エラー メッセージ
0032このアイテムの件名がありません。このアイテムには、情報カテゴリを追加する必要があります。開催者である場合は、会議の件名を更新します。場合、出席者は、会議の件名を更新するのには開催者に問い合わせてください。これはエラー状態ではありませんが、やすく、会議に関連する将来の問題のトラブルシューティングを行う。
0033このアイテムのメッセージ クラスがありません。ある場合、既定のメッセージ クラス IPM がない会議で発生する問題。予定を削除するか、会議をキャンセルする問題が解決した場合は、どのプログラムがそのカスタム メッセージ クラスを使用して会議を作成するを決定する必要があり、。プログラムまたはアドインは、Microsoft またはサード パーティ製アプリケーションかどうかを決定する必要があります。サード ・ パーティ製アプリケーションの場合は、サードパーティのサポートについて問い合わせます。
0034このアイテムのメッセージ クラスを使用して、予定表アイテムの標準がなく、問題を示している可能性があります。ある場合、既定のメッセージ クラス IPM がない会議で発生する問題。予定を削除するか、会議をキャンセルする問題が解決した場合は、どのプログラムがそのカスタム メッセージ クラスを使用して会議を作成するを決定する必要があり、。プログラムまたはアドインは、Microsoft またはサード パーティ製アプリケーションかどうかを決定する必要があります。サード ・ パーティ製アプリケーションの場合は、サードパーティのサポートについて問い合わせます。
0035PR_MESSAGE_CLASS「required」プロパティーをがありません。ある場合、既定のメッセージ クラス IPM がない会議で発生する問題。予定を削除するか、会議をキャンセルする問題が解決した場合は、どのプログラムがそのカスタム メッセージ クラスを使用して会議を作成するを決定する必要があり、。プログラムまたはアドインは、Microsoft またはサード パーティ製アプリケーションかどうかを決定する必要があります。サード ・ パーティ製アプリケーションの場合は、サードパーティのサポートについて問い合わせます。
0036このアイテムの添付ファイル テーブルにアクセスできません。エラー:<error code="" returned=""></error>開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。、一覧に表示されない場合は、calcheck f を実行します。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0037この項目を 25 以上の添付ファイルがあります。この定期的な会議の例外に問題がある可能性があります。エラー状態ではありません。ただし、詳細についてを参照して '定期的な会議を使用する' sectionin この資料。Outlook の予定表を使用する時のベスト プラクティス
0038メッセージのサイズは、50 MB を超えています。このアイテムの添付ファイル、例外またはプロパティに問題がある可能性があります。エラー状態ではありません。ただし、詳細については、この資料のセクションを定期的な会議での作業'」をクリックします。Outlook の予定表を使用する時のベスト プラクティス.
0039メッセージのサイズは 25 MB を超えています。このアイテムの添付ファイル、例外またはプロパティに問題がある可能性があります。エラー状態ではありません。ただし、詳細については、この資料のセクションを定期的な会議での作業'」をクリックします。Outlook の予定表を使用する時のベスト プラクティス.
0040メッセージのサイズは 10 MB を超えています。このアイテムの添付ファイル、例外またはプロパティに問題がある可能性があります。エラー状態ではありません。ただし、詳細については、この資料のセクションを定期的な会議での作業'」をクリックします。Outlook の予定表を使用する時のベスト プラクティス.
0041代理送信者のアドレスでは、受信者テーブルの開催者のアドレスが一致しません。/RecipTable:/SentRepresenting:詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2563324 Microsoft Exchange ActiveSync およびサード ・ パーティ製のデバイスとの現在の問題
0042この会議の開催者の可能性があるが正しくないです。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2563324Microsoft Exchange ActiveSync およびサード ・ パーティ製のデバイスとの現在の問題
0043DispidCleanGlobalObjectID プロパティは、この項目では設定されません。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2714118 コピーされる予定表アイテムが存在しないには、Exchange Server 2007
0044DispidGlobalObjectID および dispidCleanGlobalObjectID プロパティは、この項目には設定されません。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2714118コピーされる予定表アイテムが存在しないには、Exchange Server 2007
0045DispidGlobalObjectID プロパティは、この項目では設定されません。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2714118コピーされる予定表アイテムが存在しないには、Exchange Server 2007
0046ThePidLidGlobalObjectId プロパティの値は、2 つの項目に一致します。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
3012590予定のインスタンスが存在しないまたは ActiveSync クライアント上で重複しています。
0047PidLidCleanGlobalObjectId プロパティの値は、2 つの項目に一致します。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
3012590予定のインスタンスが存在しないまたは ActiveSync クライアント上で重複しています。
00482 つの項目に、PidLidGlobalObjectId および PidLidCleanGlobalObjectId プロパティの値に一致します。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
3012590予定のインスタンスが存在しないまたは ActiveSync クライアント上で重複しています。
0049このアイテムは、duplicatedin、予定表です。この項目を確認してください。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。場合は、ボックスの一覧で runcalcheck f が表示されません。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。

件名、開催者、場所、定期的な/シングル ・ インスタンス、および開始/終了は、2 つ以上の項目のすべてに一致するプロパティを時間、いったい – f計算式は 1 つを除くすべての重複データを移動します。
0050受信者テーブルには、不正または不足しているアドレスの種類があります。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。場合は、ボックスの一覧で runcalcheck f が表示されません。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0051受信者テーブルには、不正または不足している電子メール アドレスがあります。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。場合は、ボックスの一覧で runcalcheck f が表示されません。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0052受信者テーブルには、不正または不足している表示名のエントリがあります。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。場合は、ボックスの一覧で runcalcheck f が表示されません。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
始まり 0053受信者テーブルの開催者には、不正または不足している電子メール アドレス プロパティがあります。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。場合は、ボックスの一覧で runcalcheck f が表示されません。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0054受信者テーブルには、重複するエントリが含まれています。空き時間情報の参照は影響を受ける可能性があります。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。場合は、ボックスの一覧で runcalcheck f が表示されません。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0055項目には、dispidApptTZDefRecurproperty で必要なデータがありません。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。見つからない場合、runcalcheck f、ボックスの一覧です。出席者である場合は、開催者に連絡し、彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼します。
0056DispidPropDefStream プロパティが壊れています。これは、Outlook がクラッシュする原因となる既知の問題です。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
3017283Lync 会議の詳細を含む会議を開くと、outlook がクラッシュします。
0057MrMapi を呼び出すときに、PropDefStream でした createdcorrectly です。CalCheck、PropDefStream がデフォルトを正しくできるかどうかを確認するには、もう一度を実行します。このエラーが発生した場合、もう一度、主催している場合、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。、一覧に表示されない場合は、calcheck f を実行します。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0058電子メール アドレスの種類は、Exchange または SMTP ではありません。アドレスの検索のパフォーマンスの問題が生じます可能性があります。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。場合は、ボックスの一覧で runcalcheck f が表示されません。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0059項目には、必要なプロパティ PR_MESSAGE_DELIVERY_TIME が見つかりません。開催者の場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索をキャンセルし、再作成します。、一覧に表示されない場合は、calcheck f を実行します。出席者の場合は、開催者に連絡してキャンセルし、会議を再作成することを依頼ください。
0060警告: 定期的な予定の数は、1250年を超えています。最大値は、1300年です。 制限を押すことを防ぐためには、古い定期的な予定の一部を削除します。
0061エラー: 定期的な予定の数は、1300年の制限に達しました。 この問題を解決するには、古い定期的な予定の一部を削除します。
0062予定表で競合しているアイテムです。CalCheck -fを実行すると、これらの競合するアイテムに移動します。

注: しないようにする場合は、ホリデー シーズン用のアイテムにフラグが設定された、CalCheck.cfg ファイルを変更します。CalCheck は、名前付きプロパティのキーワードには、「祝日」の文字列が含まれている場合、休日として終日のイベントを識別します。

現在のヘルプとコマンド ライン スイッチ

次のセクションでは、CalCheck の動作をカスタマイズする使用可能なコマンド ライン スイッチについて説明します。

CalCheck [-P<profilename></profilename>] [-L <filename></filename>] [-M <mailboxname></mailboxname>] [-N <display_name></display_name>] [-S<servername></servername>] [-O <path></path>]
[-C <version></version>] [-A][-F] です。[-R] です。[-V] です。[-なし]


CalCheck のでしょうか。

-Pプロファイルの名前 (場合存在しない、プロファイルのメッセージが表示されます)
-L個のメールボックスをチェックするのファイル (ファイル名および LegacyExchangeDN を含む) のパスとファイル名] ボックスの一覧
-Mメールボックスの DN は、-n (指定されているメールボックスのみを処理する) で使用します。
-N-M (指定されているメールボックスのみを処理する) の表示名を使用します。
-O出力パス (指定されている場合は、出力ファイルに書き込みますこのパスにします。既定は現在のフォルダー)
-COffice 2013 クイック実行のシナリオで使用するバージョン
-Aすべての予定表アイテムの出力を CALCHECK。CSV
-FCalCheck フォルダーを作成し、エラーのフラグが設定された項目を移動
-Rレポート メッセージを受信トレイに CalCheck.log ファイルを配置します。
-Vコマンド プロンプト ウィンドウへの詳細出力
-?このメッセージを印刷します。

注: <b>-L-n-Cスイッチは、CalCheck (v. 2) バージョン 2 にします。CalCheck のバージョン 1 では、 -sのオプションは、 -lに置き換えられます。CalCheck v1 ではさらに、 -いいえスイッチは、CalCheck.cfg ファイルに置き換えられます。CalCheck.cfg ファイルは、この資料の後半で詳しく説明されています。

注: <b>CalCheck.log ファイルは、常に生成されます。CalCheck.log ファイルは修正または削除する必要があります任意の項目が表示し、処理情報も表示します。



プロファイルの既定値: メッセージを表示し、そのプロファイルにメールボックスの処理します。
CalCheck

上のすべてのメールボックスを処理します。 MyServer:
CalCheck - S MyServer

上のすべてのメールボックスを処理します。 MyServer 使用して、 MyProfile ログオン プロファイル。
CalCheck キーを押しながら P キーを押す MyProfile S MyServer

内のメールボックスだけを処理します。 MyProfile:
CalCheck キーを押しながら P キーを押す MyProfile

指定されたメールボックスを処理しを使用して、 MyProfile ログオン プロファイル。
CalCheck キーを押しながら P キーを押す MyProfile -M"/o = 組織/ou = orgunit/cn = 受信者と cn = ユーザー a」N「ユーザー A」

"C:\Directory\List.txt"内のメールボックスの一覧を処理します。

CalCheck-l"C:\Directory\List.txt"

注: <b>「List.txt」は、Get メールボックスの形式である必要があります。LegacyExchangeDN と各メールボックスの表示名を含むフロリダの出力:

表示名:
LegacyExchangeDN:/o = 組織/ou = AdminGroup/cn = 受信者と cn = メールボックス


メールボックスを処理し、CalCheck フォルダー、メールボックス内にエラーの項目を移動し、レポート メッセージを受信トレイに配置。
CalCheck ・ F ・ R

特定のプロファイルと Outlook のバージョンに基づいてメールボックスを処理します。これは、機能は、クイック実行のシナリオで Office のサイド バイ サイド インストールを実行するときに必要です。
CalCheck-c####> P MyProfile
プレース ホルダーに注意してください。####> (たとえば、 2007年2010年または2013年) の Outlook のバージョンを表します。

このメッセージを印刷します。
CalCheck のでしょうか。


CalCheck を複数のメールボックス (リスト) モードで実行します。

注: 複数のメールボックスのモードは、Exchange Server 2010年と Exchange の以前のバージョンでのみ機能します。


メールボックスの一覧を処理するには、以下の手順を実行します。

  1. Exchange サーバーまたは Exchange 組織のすべてのメールボックスへのフル アクセス権をユーザーに与えます。
    1. 次の例の PowerShell コマンドレットでは、OrgUnit2 内のすべてのメールボックスへの AdminB のフル アクセス権が付与されます。

      Get メールボックス名の"OrgUnit2"|追加 MailboxPermission-ユーザーの"AdminB"- ・ アクセス権の FullAccess
  2. メールボックスの一覧を作成します。これには、表示名、LegacyExchangeDN が含まれます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Exchange PowerShell を開き、次のようなコマンドを実行します。

      Get メールボックス ・ サーバ」サーバー名" |fl 名、legacyexchangedn が渡されます。Out-file します。path_file_name>-幅 200

      注: <b>プレース ホルダー サーバー名 サーバー、およびプレース ホルダーの名前を表します path_file_name .txt ファイルを作成するのパスとファイル名を表します。
    2. CalCheck を実行するワークステーションには、.txt ファイルをコピーします。
  3. CalCheck を複数のメールボックス (リスト) モードで実行します。これを行うには、以下の手順
    1. Outlook がインストールされているワークステーションでは、メールボックスへのフル アクセス権を持つユーザーとしてログオンします。
    2. 新しい Outlook プロファイルを作成し、オンライン モードを使用する Exchange Server アカウントを構成します。
    3. Cmdを実行し、CalCheck が置かれているディレクトリに変更し、します。
    4. 次のコマンドを実行します。

      CalCheck Lパスとファイル名>

      注: <b>プレース ホルダー <path and="" file="" name=""></path> 手順 2 で作成した .txt ファイルのパスを表します。
CalCheck を複数のメールボックス (リスト) モードで実行するときは、次のファイルが作成されます。
  • CalCheckMaster.log。 これは、処理されたすべてのメールボックスの要約です。
  • CalCheck__<mailbox></mailbox>。 ログします。処理されたメールボックスごとにこのような 1 つのファイルが作成されます。

    注: <b>プレース ホルダー <mailbox></mailbox> LegacyExchangeDN の受信者の名前の部分を表します。

CalCheck バージョン 2 の構成ファイル

CalCheck バージョン 2 (v2) には、CalCheck.cfg ファイルが含まれています。CalCheck.exe が配置されている同じディレクトリに保存されています。.Cfg ファイルが存在しない場合は、CalCheck v2 はエラーが表示され、実行されません。.Cfg ファイルは、プレーン テキスト形式では。有効にするか、個々 のテストを無効にするファイルを手動で編集することができます。既定では、すべてのテストはtrueに設定します。既定では、すべてのテストが実行されます。

詳細
CalCheck のレポートには、会議や予定表で問題が発生すると判断した予定からこれらのフィールドも含まれます。

フィールド説明
過去の項目 (はい/いいえ)Determinesif 会議または予定の終了時刻より前に発生、CalCheck の頃に次のように実行します。
定期的な (真/偽)会議や予定が定期的な場合、または 1 つのインスタンスである場合を指定します。
その他のアイテムの件名重複した項目が見つかった場合、その他のアイテムの件名で、予定表で検索することができるように問題の 1 つで重複しているその他の項目です。
その他の項目の開始重複した項目が見つかった場合、その他の項目の開始で、予定表で検索することができるように問題の 1 つで重複しているその他のアイテムの開始時刻。
その他の項目の終了重複する項目が見つかると、その他の項目の最後は、予定表で検索することができるように問題の 1 つで重複しているその他のアイテムの終了時刻について説明します。
エントリ Idこれは、予定表アイテムの PR_ENTRYID です。



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2678030 - 最終更新日: 04/27/2016 16:16:00 - リビジョン: 7.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition

  • kbmt KB2678030 KbMtja
フィードバック