CD-ROM ドライブの名前を変更すると Everyone グループのメンバがフル アクセス許可を持つ Admin$ 共有が作成される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP267868
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
CD-ROM ドライブまたはほかのリムーバブル メディア ドライブの名前を変更 (たとえば、デフォルトのドライブ D からドライブ H に変更) した場合は、新しいドライブ文字に対する管理用共有が作成されます。ドライブ文字が変更されていると、誰が接続しようとするかにかかわらず、CD-ROM ドライブにアクセスするためにパスワードは必要ありません。Everyone グループのメンバは、そのドライブへアクセスできます。ドライブの名前を変更して元のドライブ文字に戻しても、この問題は解決されません。
原因
CD-ROM ドライブとほかのリムーバブル メディア デバイスが、有効な管理用共有の種類の一覧に追加されていないためです。
状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 267868 (最終更新日 2001-02-22) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:267868 - 最終更新日: 02/05/2014 09:39:55 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbpending KB267868
フィードバック