[OLEXP] Outlook Express では不在時のアシスタントを使用できない

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Outlook Express と Microsoft Outlook の相違点の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
257824 [OL2002] Outlook と Outlook Express の相違点
概要
Outlook Express では不在時のアシスタントを使用できません。メッセージ ルールを適用して、この機能と同様の機能を使用することができる場合があります。
詳細
不在時のアシスタントは、不在時に送られた電子メール メッセージの送信元に自動的に返信することを可能にする Microsoft Outlook の機能です。Outlook Express にはこの機能がありません。Outlook Express で不在時のアシスタントの機能と同様の機能を使用するには、まず不在時のメッセージを作成し、次に不在時のルールを作成する必要があります。さらに、この機能は Outlook Express が実行中で、電子メール サーバーにログオンしている場合にのみ機能することに注意してください。

不在時のメッセージを作成する方法

  1. Outlook Express を起動します。
  2. [ファイル]、[新規作成] をクリックして、[メール メッセージ] をクリックします。
  3. 不在時のメッセージとして使用するメッセージを入力し、[ファイル] をクリックして、[名前を付けて保存] をクリックします。
  4. [ファイル名] ボックスにメール メッセージの名前を入力し、メール メッセージを保存するフォルダを選択して、[保存] をクリックします。
  5. メッセージを閉じ、不在時のルールを作成する手順に進みます。

不在時のルールを作成する方法

  1. Outlook Express を起動します。
  2. [ツール] メニューの [メッセージ ルール] をポイントし、[メール] をクリックします。
  3. [新規作成] をクリックします。
  4. [ルールの条件を選択してください] ボックスの一覧の [すべてのメッセージに適用する] チェック ボックスをオンにします。
  5. [ルールのアクションを選択してください] ボックスの一覧の [指定したメッセージで返信する] チェック ボックスをオンにします。
  6. [ルールの説明] ボックスの一覧で、[指定したメッセージ] をクリックします。
  7. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、「不在時のメッセージを作成する方法」で名前を付けたファイルを見つけ、そのファイルをクリックして、[開く] をクリックします。
  8. [ルール名] ボックスで、ルールの名前を付け、[OK] をクリックします。
  9. [OK] をクリックし、[メッセージ ルール] ダイアログ ボックスを閉じます。
ルールをテストするには、別の電子メール アカウントから、メッセージを自分宛てに送信してみます。Outlook Express を使用している場合、同じ電子メール アカウントで自分宛てに送信したメッセージにはルールが適用されません。
プロパティ

文書番号:267880 - 最終更新日: 12/05/2015 20:57:10 - リビジョン: 2.0

Microsoft Outlook Express 5.5, Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 1, Microsoft Outlook Express 5.0, Microsoft Outlook Express 5.5, Microsoft Outlook Express 5.01, Microsoft Outlook Express 5.0, Microsoft Outlook Express 4.0, Microsoft Outlook Express 5.5, Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 2, Microsoft Outlook Express 6.0, Microsoft Outlook Express 6.0, Microsoft Outlook Express 6.0

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto KB267880
フィードバック