現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Project 2010 にて [プロジェクト全体] に対する [WBS 番号の再割り当て] 機能が動作しない

現象
Microsoft Project 2010 にて WBS 番号を定義している状態にて、[プロジェクト全体] を対象とした [WBS 番号の再割り当て] 機能を利用した場合、意図通りに動作せず、WBS 番号が正しく振り直されない、という現象が発生します。
原因
解決方法
回避策
下記 3 点の回避策のいずれかを利用してください。

回避策 1. [新しい列の追加] 列を非表示とする

[ガント チャート] 等のビューは複数の列を含みますが、一番右側の列として [新しい列の追加] 列が存在します。
この [新しい列の追加] 列を非表示とした場合、[プロジェクト全体] を対象とした [WBS 番号の再割り当て] 機能は正しく動作します。

  1. [ガント チャート] 等のビューにて、[新しい列の追加] 列の上で右クリックをし、表示されたメニューから [列の非表示] を選択します。
  2. リボン メニューの [プロジェクト] タブ内、[プロパティ] グループの [WBS] をクリックし、[番号の再割り当て] を選択します。
  3. [WBS 番号の再割り当て] ダイアログにて、[WBS 番号再割り当ての対象] として、[プロジェクト全体] を選択し、[OK] をクリックします。
  4. WBS 番号が正しく再割り当てされます。
なお、非表示にした [新しい列の追加] 列は、下記手順にて再度表示させることが可能です。
  1. リボン メニューの [表示] タブ内、[データ] グループの [テーブル] をクリックし、現在使用されているテーブルを確認します。([入力] テーブル、等)
  2. 再度 [テーブル] をクリックし、[その他のテーブル] を選択します。
  3. [その他のテーブル] ダイアログにて、使用中のテーブル名が選択されていることを確認し、[編集] をクリックします。
  4. [[新しい列の追加] インターフェイスを表示する] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。
  5. [その他のテーブル] ダイアログにて、[適用] をクリックし、変更した内容を反映させます。
  6. [ガント チャート] 等のビューに、再度 [新しい列の追加] 列が表示されたことを確認します。
回避策 2. [選択したタスク] を対象とした [WBS 番号の再割り当て] 機能を利用する

[選択したタスク] を対象とした [WBS 番号の再割り当て] 機能は問題なく動作します。全てのタスクを選択後に [選択したタスク] を対象とした [WBS 番号の再割り当て] 機能を使用することで、プロジェクト全体に対する WBS 番号の再割り当てが行われます。
  1. [ガント チャート] 等のビューにて、[WBS 番号] 列、あるいは、[タスク名] 等の列名部分をクリックして、列全体を全選択します。
  2. リボン メニューの [プロジェクト] タブ内、[プロパティ] グループの [WBS] をクリックし、[番号の再割り当て] を選択します。
  3. [WBS 番号の再割り当て] ダイアログにて、[WBS 番号再割り当ての対象] として、[選択したタスク] を選択し、[OK] をクリックします。
  4. WBS 番号が正しく再割り当てされます。
なお、ビューのフィルター機能、あるいは並べ替え機能を利用している場合、[WBS 番号再割り当ての対象] として、[選択したタスク] を選択できない場合があります。
この場合は次の回避策 3. を利用してください。

回避策 3. 別のビューに切り替え、その後 [選択したタスク] を対象とした [WBS 番号の再割り当て] 機能を利用する

[ガント チャート] 等のビューにて、ビューのフィルター機能、あるいは並べ替え機能を利用している場合は、一度フィルター機能、あるいは並べ替え機能を利用していない別のビューに切り替え、その後[選択したタスク] を対象とした [WBS 番号の再割り当て] 機能を使用する回避策を利用します。
  1. ビューのフィルター機能、あるいは並べ替え機能を利用していないビューに切り替えます。([ガントチャート (進捗管理)] ビュー、等)
  2. [WBS 番号] 列、あるいは、[タスク名] 等の列名部分をクリックして、列全体を全選択します。
  3. リボン メニューの [プロジェクト] タブ内、[プロパティ] グループの [WBS] をクリックし、[番号の再割り当て] を選択します。
  4. [WBS 番号の再割り当て] ダイアログにて、[WBS 番号再割り当ての対象] として、[選択したタスク] を選択し、[OK] をクリックします。
  5. WBS 番号が正しく再割り当てされます。
  6. [ガントチャート] 等の、元々使用していたビューに切り替えます。


状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
問題の再現手順
  1. Project 2010 を起動します。
  2. リボン メニューの [プロジェクト] タブ内、[プロパティ] グループの [WBS] をクリックし、[コードの定義] を選択します。
  3. [WBS 番号の定義] ダイアログにて、下記のように設定し、[OK] をクリックします。
    レベルシーケンス長さ区切り
    1数値 (昇順)すべて.
    2数値 (昇順)すべて.
    3数値 (昇順)すべて.

  4. [ガント チャート] ビューに [WBS 番号] 列を追加します。
  5. タスクを複数作成し、その後にタスク挿入、削除等を繰り返し、[WBS 番号] が順番通りとならない状態とします。
  6. リボン メニューの [プロジェクト] タブ内、[プロパティ] グループの [WBS] をクリックし、[番号の再割り当て] を選択します。
  7. [WBS 番号の再割り当て] ダイアログにて、[WBS 番号再割り当ての対象] として、[プロジェクト全体] を選択し、[OK] をクリックします。
  8. WBS 番号が変更されず、正しく再割り当てされません。


関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2679902 - 最終更新日: 09/20/2016 11:03:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Project Professional 2010, Microsoft Project Standard 2010

  • kbbug kbnofix KB2679902
フィードバック