現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ConfigMgr 2012: APP-V のシーケンサーを使用すると、APP-V のアプリケーションへの変更は表示されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2683934
現象
次のシナリオを検討してください:
  • マイクロソフト アプリケーションの仮想化 (App-V) のアプリケーションを作成します。
  • ソース システム センター 2012年の構成マネージャーの配布ポイントを展開します。
  • APP-V Sequencer を使用して、アプリケーションを変更します。
  • 配布ポイントの更新済みのアプリケーションのコンテンツを展開します。

ユーザーがアプリケーションを実行すると、アプリケーションでこのシナリオでは、変更を含まれません。
原因
APP-V Sequencer はアプリケーションで保存すると、別の名前を使用して、仮想アプリケーションの SFT ファイル (.sft) 保存ために発生します。たとえば、仮想アプリケーションが MyApp.sft という名前の場合は、APP-V のシーケンサーとしての MyApp_2.sft 変更されたアプリケーションを保存します。手動での調整が行われない APP-V のアプリケーション用の [展開の種類は、元 .sft ファイル名を参照します。
回避策
この問題を回避するには、配置の現在の .sft ファイルに手動で参照する種類を変更します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
APP-V のアプリケーションを更新すると、ファイル名が変更されるため、クライアントに更新されたコンテンツをダウンロードするのには、バイナリ デルタ レプリケーションが使用されません。バイナリ デルタ レプリケーションはのみ、同じ名前を持つファイルが 2 つのバージョンで作業しているときに可能性があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2683934 - 最終更新日: 07/31/2012 17:45:00 - リビジョン: 3.1

Microsoft System Center Configuration Manager 2012, Microsoft SoftGrid for Windows Desktops, Microsoft SoftGrid for Terminal Services

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2683934 KbMtja
フィードバック