現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Outlook 2003 を使用時に OWA から共有の予定表を追加すると、Microsoft Outlook 2007/2010 にアップグレード時に OWA で追加した予定表の情報のみ引き継がれる

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Microsoft Outlook 2003 を使用時に Exchange Server 2010 の Outlook Web Access (以下、OWA) から共有の予定表の追加をすると、Outlook 2007/2010 へのアップグレード時に Outlook 2003 の共有の予定表の情報が引き継がれず、OWA で追加した予定表情報のみが引き継がれます。
原因
Exchange Server 2010 の新機能として、OWA で Outlook 2007 以降のナビゲーション ウィンドウにアクセスできるようになり、OWA でも共有の予定表の追加が可能となりました。
そして、OWA から共有の予定表の追加を行うと、メール ボックスに Outlook 2007 以降の形式のナビゲーション ウィンドウの情報が保存されます。
しかし、OWA では Outlook 2003 の古い形式のナビゲーション ウィンドウのデータを読み込まないため、OWA で保存されるデータには Outlook 2003 の情報が含まれません。
この状態で Outlook 2007/2010 へのアップグレードを行うと、すでに新しい形式のナビゲーション ウィンドウの情報が保存されていることを Outlook 2007 が認識し、Outlook 2003 から Outlook 2007 へのナビゲーション ウィンドウ情報の引継ぎが行われません。

なお、Outlook 2003 をオンライン モードでご使用の場合には、OWA にログオンを行うことで、メール ボックスに Outlook 2007 以降の形式のナビゲーション ウィンドウの情報が保存されるため、OWA から予定表の追加を行わない場合にも、Outlook 2007/2010 にアップグレード時に、Outlook 2003 で追加した予定表情報が引き継がれない動作となります。
状況
この動作は仕様です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2685949 - 最終更新日: 09/20/2016 11:05:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise

  • kbtshoot kbprb kbdeployment kbsetup kbhowto KB2685949
フィードバック