現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

「システム エラー 2148073478、」「拡張エラー」、または「の署名が無効です」エラー メッセージ Windows Server 2012 と Windows 8 の SMB 接続

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2686098
現象
Windows Server 2012 ベースまたは Windows 8 ベース コンピューター、SMBv2 ファイル ・ プロトコルをサポートしているサード パーティ製のファイル サーバーへの接続に失敗した後、次のエラー メッセージまたは、サード パーティ製のファイル サーバーにアクセスする方法によって、同様のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
  • UNC パスが DIR コマンドを使用するとします。
    無効な署名
  • NET USE コマンドを実行するとします。
    システム エラー 2148073478 が発生しました。
  • UNC パスを参照しようとします。
    拡張エラーが発生しました。
次の一般的なシナリオでこれらのエラーが発生する可能性があります。
  • HYPER-V サーバーが (HYPER-V Server 2012 または Windows Server 2012 とウィンドウ 8 のいずれかを実行している) のライブ移行は失敗します。これは、ストレージは、ホストする必要、SMB 共有にします。
  • 8 Windows Server 2012 のウィンドウ環境では、SAN にネットワーク ドライブをマップすることはできません。
原因
「セキュリティで保護されたネゴシエート」Windows Server 2012 と Windows 8 の SMB 3.0 に追加された機能によっては、この問題は発生します。この機能は、プロトコル バージョンのみ 2.0 および 2.1 をサポートしているサーバーを含め、SMBv2 のすべてのサーバーでエラー応答の適切な署名に依存します。一部のサード パーティ製のファイル サーバーは署名されたエラー応答が返されません。そのため、接続は失敗します。
解決方法
この問題を解決するのには、supportWindows Server 2012 と Windows 8 クライアントをファイル サーバーを有効にする更新プログラムを要求するサード パーティ製のファイル サーバーのベンダーに問い合わせてください。
回避策
警告要件を無効にすることはお勧めしませんをセキュリティで保護された交渉、これによりコンピューターのセキュリティにします。無効にするセキュリティで保護された、一時的なトラブルシューティングの手段としてのみをネゴシエートします。操作のままにセキュリティで保護されたネゴシエーション無効になっています。代わりに、サード ・ パーティ製のファイル サーバーのベンダーに問い合わせてくださいし、正しく Windows Server 2012 と Windows 8 クライアントをサポートするためには、ファイル サーバーが更新を要求します。

セキュリティで保護されたネゴシエーションの重要性に関する詳細についてを参照してください。 http://blogs.msdn.com/b/openspecification/archive/2012/06/28/smb3-secure-dialect-negotiation.aspx.

無効にできるセキュリティで保護されたネゴシエーション機能が将来のオペレーティング システムが削除されます。

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • サード パーティ製のファイル サーバー上の署名を必要とします。

    署名を要求する SMB クライアントに、SMB サーバー、「RequireSecuritySignature」設定オンにします。SMB サーバーの製造元には署名の設定を「必要」に設定する手順については、ベンダーのマニュアルを参照してください。

    Windows Server 2012 または Windows 8 クライアント上で PowerShell を使用して署名することができます。これには、次のコマンドを実行します。

    Set-SmbClientConfiguration -RequireSecuritySignature $true
  • クライアント上で「セキュリティで保護されたネゴシエーション」を無効にします。

    PowerShell を使用して、Windows Server 2012 または Windows 8 クライアント上でセキュリティのネゴシエート] オプションを無効にできます。これには、次のコマンドを実行します。

    Set-ItemProperty -Path "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters" RequireSecureNegotiate -Value 0 -Force
    注: <b>このコマンドは、web ブラウザーで複数の行に折り返されます。
関連情報
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
2709568 Windows Server 2012 のファイル サーバーに SMB 3.0 の新機能

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2686098 - 最終更新日: 03/02/2015 19:51:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Microsoft Hyper-V Server 2012, Windows Server 2012 Standard, Windows 8, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Preview, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows 8.1

  • kbmt KB2686098 KbMtja
フィードバック