現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ユーザーまたはグループに他のユーザーのメールボックスに対するフル アクセスを割り当てる方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP268754
概要
この資料では、メールボックスに関連付けられているプライマリ アカウントではないユーザーまたはグループに対して、そのメールボックスのアクセス許可を割り当てる方法について説明します。
詳細
Microsoft Exchange Server 5.5 とは異なり、Microsoft Exchange 2000 Server および Microsoft Exchange Server 2003 では、Microsoft Windows 2000 Active Directory アクセス制御リスト (ACL) を使用して、セキュリティおよびアクセス許可に関する情報が Exchange メールボックスに割り当てられます。デフォルトでは、メールボックスの所有者であるユーザーだけが、メールボックスを開くために必要なアクセス許可を持っています。これは、デフォルトでサービス アカウント (インストール時に選択された、Exchange Server サービスを開始するアカウント) にすべてのメールボックスへのアクセスが許可される Exchange Server 5.5 とは異なります。

Exchange 2000 または Exchange 2003 のメールボックスへのアクセスを許可するには、次の手順を使用します。

: この手順を実行するには、適切な Exchange 管理者のアクセス許可が必要です。
  1. Active Directory ユーザーとコンピュータを起動します。
  2. [表示] メニューの [拡張機能] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。
  3. アクセス許可を付与するメールボックスの所有者であるユーザーをダブルクリックします。
  4. [Exchange の詳細設定] タブで [メールボックスの権利] をクリックします。
  5. [追加] をクリックしてこのメールボックスに対するアクセスを許可するユーザーまたはグループを追加し、[OK] をクリックします。
  6. [名前] (または [グループ名またはユーザー名]) ボックスで該当するユーザーまたはグループが選択されていることを確認します。[アクセス許可] ボックスの一覧で、[フル メールボックス アクセス] の隣にある [許可] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
x2kadmht XADM
プロパティ

文書番号:268754 - 最終更新日: 12/03/2007 07:10:00 - リビジョン: 3.3

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition

  • kbhowto KB268754
フィードバック
amp;t=">