現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

アプリケーションを削除した後、クライアントのキャッシュに古いシステム センター 2012年構成マネージャー アプリケーション展開の種類のソースのコンテンツを維持します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2688244
現象
次のシナリオを検討してください:
  • した展開の種類を使用するアプリケーションを作成、クライアント キャッシュの内容を保持します。オプションは、選択、Microsoft システム センター 2012年の構成マネージャーを実行しているクライアント コンピューターにアプリケーションを展開します。
  • 構成マネージャーを実行しているクライアント コンピューターでアプリケーションをインストールします。
  • 構成マネージャー管理コンソールで、展開型ソースに影響を与えるアプリケーションに変更を加えるし、その新しいソースを配布ポイントに配布します。
  • クライアントでコントロール パネルを使用して、アプリケーションを削除し、実行、アプリケーションの展開評価サイクル使用してアクションを 構成マネージャー コントロール パネルの項目。
  • 更新の展開の種類のソース コンテンツがクライアント キャッシュにダウンロードされます。

このシナリオでは、元のソース コンテンツ クライアント キャッシュ内に残ります。ただし、クライアントのキャッシュから削除する古いソース コンテンツが期待どおり。
原因
この問題は、関連するソース コンテンツ キャッシュから自動的に削除されないために発生します。ダウンロードした後は、キャッシュにキャッシュされたコンテンツが最後に参照されました後に、少なくとも 1 つ 1 日を維持するソース コンテンツのすべての種類の配置が保証されます。しかし、中に、[展開の種類を構成する場合は、クライアント キャッシュの内容を保持します。オプションを有効に、ソースが削除されることはありません。
回避策
この問題を回避するには、キャッシュのサイズを増やすまたは既存パッケージを削除するを強制します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2688244 - 最終更新日: 04/17/2012 22:23:00 - リビジョン: 1.1

  • kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2688244 KbMtja
フィードバック