現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

FIX SQL Server 2012年のインストール メディアを使用してアップグレードを修復するには、または機能をアンインストールすると、エラー メッセージ:「、SQL Server のインストールの状態は、セットアップの実行後変更されませんでした」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2688964
現象

シナリオ 1

次のシナリオを検討してください:
  • Microsoft SQL Server 2012年のインストール メディアを使用するには、次の操作のいずれかを実行するのには。
    • SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 のインスタンスのエディション アップグレードを実行しようとしました。たとえば、エディションのアップグレードを実行するには、次のコマンドを実行します。
      setup.exe/action Editionupgrade =
    • SQL Server 2012年のインスタンスの機能を修復しようとしました。たとえば、修復を実行するには、次のコマンドを実行します。
      setup.exe/action 修復/mediasource = ドライブ: \sql2012rtm\
    • SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 のインスタンスを修復しようとしました。たとえば、修復を実行するには、次のコマンドを実行します。
      setup.exe/action 修復/mediasourceドライブを =: \sql2012rtm\
対象となる機能がインストールされていない場合は、このシナリオでは、SQL Server の 2012年のセットアップ プログラムは失敗します。さらに、SQL Server のセットアップ ログに次のようなエラー メッセージが表示されます。
SQL Server のセットアップは、次のエラーが発生しました。

SQL Server のインストールの状態は、セットアップの実行後は変更されていません。Summary.txt ログで詳細を確認してください。

エラー コードErrorCode

注意

  • SQL Server 2012年のセットアップが失敗した場合でも、SQL Server の現在のバージョンの機能はありませんが変更またはが破損しています。
  • 次のエラー メッセージが表示] をクリックすると、セットアップの失敗を通常に発生します。 次へ で、機能を選択します。 ページ:
    このリリースにアップグレードするのには、SQL Server の機能を変更することが可能です。

シナリオ 2

次のシナリオを検討してください:
  • SQL Server 2012年のインストール メディアを使用して、機能の SQL Server 2012年のインスタンスをアンインストールしようとします。例えば、SQL Server 2012年をアンインストールするには、次の操作のいずれか実行します。
    • 使用して、プログラムをアンインストールします。 コントロール パネルの項目。
    • 次のコマンドを使用します。

      setup.exe/action = アンインストール

  • [機能の選択] ページの機能は選択しません。
  • アンインストールを続行しようとしています。
このシナリオでは、すぐに、または後に、次のエラー メッセージを受け取る。
1 つまたは複数の機能を続行するには、を選択してください。

また、アンインストール プロセスが失敗し、SQL Server のセットアップ ログに次のエラー メッセージが表示されます。

SQL Server のセットアップは、次のエラーが発生しました。
SQL Server のインストールの状態は、セットアップの実行後は変更されていません。Summary.txt ログで詳細を確認してください。
エラー コード 0x84B30002

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012

この問題に対する修正は累積的な更新 1 で初めてリリースされました。SQL Server 2012 のこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2679368 SQL Server 2012年についての累積的な更新プログラム パッケージ 1
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2692828 SQL Server の 2012年 2012 の SQL Server のリリース後にリリースされたビルドします。
この累積的な更新プログラムを適用した後、アップグレード、修復、またはアンインストール時にすべての機能を選択しないと、次の必要なエラー メッセージが表示されます。

この操作を実行するには、有効な SQL Server 2012年機能はありません。

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
回避策
この問題を回避するには、アップグレードを修復するには、または機能の SQL Server 2012年のインスタンスをアンインストールするときに、少なくとも 1 つのフィーチャーを選択します。

SQL Server 2012年のインストール メディアでは、アップグレードまたは以前のバージョンの SQL Server を修復するのには使用しません。
詳細
シナリオ 1 の更新プログラムの詳細については、
この累積的な更新プログラム、修正プログラムは、失敗条件を「現象」に記載されているを防ぐために、新しいエラー メッセージについて説明します。この更新プログラムを適用した後、次へ ボタンまたは、 修復対象となる機能がコンピューターにない場合、セットアップ プログラムのボタンが無効です。選択すると、操作を行いますない機能で、機能を選択します。ページで、次のエラー メッセージが表示されますで、 機能を選択します。アンインストール プログラムのページ。
このページで検証エラーがあります。このダイアログ ボックスを閉じるには、[ok] をクリックします。エラー、セットアップ ページの下部を確認し、有効なパラメーターを提供または詳細については [ヘルプ] をクリックします。

さらに、ページの下部に、次のエラー メッセージが表示されます。
この操作を実行するには、有効な SQL Server 2012年機能はありません。

詳細については、次のスクリーン ショットを参照してください。

スクリーン ショット 1
シナリオ 2 の更新プログラムの詳細については、
選択すると、操作を行いますない機能で、 機能を選択します。ページで、次のエラー メッセージが表示されますで、 機能を選択します。アンインストール プログラムのページ。
このページで検証エラーがあります。このダイアログ ボックスを閉じるには、[ok] をクリックします。エラー、セットアップ ページの下部を確認し、有効なパラメーターを提供または詳細については [ヘルプ] をクリックします。

さらに、ページの下部に、次のエラー メッセージが表示されます。
1 つまたは複数の機能を続行するには、を選択する必要があります。

このメカニズム、ユーザーの機能が選択されていない場合、プロセスを続行するを防ぐことができます、 機能を選択します。ページします。詳細については、次のスクリーン ショットを参照してください。

スクリーン ショット 2

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2688964 - 最終更新日: 04/12/2012 07:24:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2688964 KbMtja
フィードバック
rotocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");