NTFS パスの要素の名前を変更するとファイル I/O 関数が誤動作する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP268897
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows 2000 NTFS ボリュームで、ファイル パス内のフォルダ名が、元のフォルダ名を省略した名前に変更された場合、いくつかのファイル I/O 操作は、古いパスが引き続き有効であるかのように動作し続けることがあります。

たとえば、次のファイル パスがあるとします。
C:\Development\Bin\App.exe
フォルダ "development" の名前が "dev" に変更された場合、いくつかの関数は、元のフル パス名を使用しているファイルに引き続きアクセスできることがあります。このパスは既に無効であるはずですが、コンピュータが再起動されるまでは引き続き有効です。

予期しない動作の種類は、使用している API に依存します。たとえば、GetFileAttributes() は古い名前に基づいてファイルの属性を返し続けます。この場合、API は失敗するはずですが、引き続き成功します。

一方、CreateDirectory() を使用して、新しい C:\Development\Bin フォルダを作成しようとすると、エラー メッセージ "ERROR_ALREADY_EXISTS" が表示されて失敗します。この場合、API は成功するはずですが、失敗します。
原因
フォルダ名が省略形に変更されると、そのフォルダ名に対応するハッシュ値は、Windows 2000 の NTFS ハッシュ テーブルから正しく削除されていません。

状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
詳細
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Installing Microsoft Windows 2000 and Windows 2000 Hotfixes
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 268897 (最終更新日 2001-04-16) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:268897 - 最終更新日: 02/23/2014 19:40:01 - リビジョン: 3.1

Microsoft Win32 Application Programming Interface

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp2fix kbmapi kbhotfixserver KB268897
フィードバック