システム センター 2012年構成マネージャーが正しく、サイト システム インストール アカウントは、リモート サイト システム SQL Server データベースへの接続に使用します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2689646
現象
次のシナリオを検討してください:
  • Microsoft システム センター 2012年構成マネージャーは、リモートの Microsoft SQL Server とは、サイト サーバーと同じドメインにインストールします。
  • 信頼されていないドメイン (境界ネットワークは、DMZ、罫線に 1 非武装地帯、およびスクリーンド サブネットとも呼ばれます) では、リモート サイト システムがあります。
  • 選択、 このサイト システムをインストールするために別のアカウントを使用します。オプションは、リモート サイト システムと、そのサーバー上のローカルの管理者権限を持つアカウントを指定します。
  • ロールを展開するには、リモート サイト システムに配布ポイントの役割などをします。

このシナリオでは、構成マネージャーが正しく、SQL Server データベースを更新するには、リモート サイトのサーバーのように構成されたサイト システム インストール アカウントを使用しよう可能性があります。この現象が発生すると、更新は失敗し、次のメッセージがログに記録されます。

リモートの SQL Server のログには。
MSSQLSERVER、18452、ログオン、ログインに失敗しました。ログインは、信頼されていないドメインであるし、Windows 認証を使用できません。[クライアント: primary_site_server_IP_address]

Distrmg.log では。
*** [28000] [18452] [Microsoft] [ODBC SQL Server ドライバー] [SQL Server] ログインに失敗しました。ログインは、信頼されていないドメインであるし、Windows 認証を使用できません。

***、SQL Server への接続に失敗しました。パッケージ ステータスは、データ ソースに保存できません.

回避策
SQL Server、リモート サイトのサーバーは、構成されているサイト システム インストール アカウントと同じ名前を持つローカル アカウントを作成し、構成マネージャーのデータベースへのアクセス権限を付与します。サイト システム インストール アカウントの構成マネージャーの使用を認証のしくみを通過し。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2689646 - 最終更新日: 04/18/2012 20:10:00 - リビジョン: 1.1

  • kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2689646 KbMtja
フィードバック