Office 365 での WAN 最適化コントローラーおよびキャッシュ デバイスの使用

概要
WAN 最適化コントローラー (WOC) は Office 365 において必須のデバイスではありません。そのため、マイクロソフトでは、このデバイスを用いたソリューションの効果についてはコメントを控えています。過剰な遅延が発生する状況や低帯域幅を使用する状況では、お客様は Microsoft Office 365 (特に、Microsoft Exchange Online および Microsoft SharePoint Online) で WAN 最適化コントローラー (WOC) を使用してパフォーマンスの向上を図る場合があります (以下、「WAN 最適化サービス」)。Office365 への展開およびサービス展開構成 (複数テナント (MT)、専用 (D)、ITAR) の選択は、お客様の判断のもとに行ってください。

マイクロソフトは、このようなデバイスに対するテクニカル サポートを提供していません。その他ネットワーク インフラストラクチャ装置同様、マイクロソフトはこれらデバイスと Office 365 の互換性についてテストしておらず、通常のサービス更新に伴うこれらデバイスの互換性についても保障していません。これらデバイスの技術サポートを受けるには、お客様は WOC に直接問い合わせる必要があります。



お客様が WOC デバイスを使用している場合、および Office 365 に適用済みの WAN 最適化サービスを比較的容易にバイパスできる場合は、マイクロソフトにその旨を申告していただくようお客様にお願いしています。Office365 サービスに発生した問題の解決をサポートする際、問題の分析や解決手順に進む前に、これらデバイスをバイパス モードにするようお客様にお願いする場合があります。バイパス モードを用いることで、WOC が含まれるあらゆる組合せのネットワーク構成またはデバイス構成をバイパスできるため、お客様と Office 365 間のインフラストラクチャ パスから WOC デバイスを論理的にも物理的にも切り離すことができます。
詳細情報
Microsoft Office365 専用版および ITAR のお客様は、お客様の判断のもとに WOC デバイスをインストールおよび使用していただきます。マイクロソフトは、お客様のプライベート ネットワークの末端となるマイクロソフトのデータ センター内に、このような装置のコロケーションを可能にします。これは、Office 365 専用サービスおよび ITAR サービス展開において可能ですが、複数テナントのサービスには対応していません。同様の機能を実現するため、一部の WOC 販売業者は、お客様のデータ センター内にのみデバイスを展開する (マイクロソフト データ センターでのコロケーションは必要としない) オプションを提供しています。前述のとおり、このオプションを適用できる展開の種類は限定されていますが、WOC デバイスの使用は Office365 サービスの信頼性に影響を及ぼす可能性があるため、以下の点についてお客様に同意いただく必要があります。

·         お客様のサポート リクエストに、サービスへのアクセス問題を診断する必要性が含まれる場合、お客様は Microsoft Online Services サポートに問い合わせる際に WOC デバイスの使用を申告する必要があります。お客様は Web サービスリクエストを送信するか (http://support.microsoft.com/kb/2694621/)、電話 (http://support.microsoft.com/kb/2573289/) により Microsoft Online Services サポートに問い合わせることが可能です。

·         マイクロソフト サポートによるトラブルシューティング中に、これらデバイスが Office365 サービス コンポーネントのパフォーマンスまたは可用性に影響を及ぼすことを確認した場合、サービスの可用性を維持するため WOC デバイスをバイパスするようお客様にお願いする場合があります。

·         デバイスを再有効化する前に、お客様はデバイス販売業者のテクニカル サポートに直接問合せ、既存デバイスに起因する問題を調査する必要があります。

·         マイクロソフトにより、WOC デバイスに起因するサービスに影響を及ぼすイベントが確認された場合、サービス レベル契約 (SLA) の補償対象にはなりません。



マイクロソフトではすべてのお客様に共通し、Office 365 (複数テナント、専用版、または ITAR 版) での WOC の使用はサポートしていません。サポートを提供していない理由は以下のとおりです。

  • マイクロソフトでは、マイクロソフトにより管理されていない装置またはそれに付随するサードパーティ ソフトウェアに対し、積極的にサポートを提供することはできません。このような装置はクライアントとマイクロソフト サーバーの中間に位置し、すべてのネットワーク通信に影響します。そのため、このような装置は潜在的にマイクロソフト サービスに影響を及ぼす可能性もあります。マイクロソフトは、このような装置により発生した問題に対し責任を負うことはできません。
  • マイクロソフトはこのような装置を直接診断することはできないため、サポート チームが診断およびトラブルシューティングをする間、装置をバイパスするようお願いする場合があります。WOC デバイスをバイパスすことにより問題が修正される場合は、お客様は装置の製造元に連絡し長期的な解決策に向け作業 (例: コードの更新) をした後、装置を再度有効化していただくことになります。
  • マイクロソフトは、お客様によるこの装置使用の必要性を理解し、展開についても認めていますが、その複雑さから、問題が発生した場合には、お客様の責任のもとにデバイス販売業者とともに問題の解決に向け作業を行っていただきます。
このような装置は、お客様のオンプレミス側の一部としてみなされます。装置を使用する場合は、お客様の管理のもとに使用する必要があります。マイクロソフトは継続的にサービスを改良しているため、変更によりこれら装置の効果に影響を及ぼす可能性があります。お客様と装置の製造元は、このような変更に対応するために必要な修正を行っていただく必要があります。

プロパティ

文書番号:2690045 - 最終更新日: 10/30/2014 08:33:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal, Microsoft Office 365

  • o365 o365022013 KB2690045
フィードバック