System Center Operations Manager の SharePoint 2010 管理パックを構成します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2690744
概要
トラブルシューティングまたは、次のシナリオには、SharePoint 2010 管理パックを構成する手順を説明します。

  1. SharePoint Foundation 2010 と SharePoint Server 2010 データベースにアクセスできません。
  2. 関連のアカウントとして実行を構成します。
  3. ローカル ドメインまたはリモート ドメイン内の複数のファームを監視することができません。
  4. 構成タスクを実行する方法
  5. System Center 2012 の Operations Manager で「SharePoint 管理パックの構成] タスクを実行することができません。
  6. SharePoint 2010 のデータベースを監視することができません。
  7. ユーザー教育の分離検出
  8. ユーザー教育の同期時刻を上書き
  9. ワークフロー ファイルを追加する SharePoint の構成 - ユーザーの教育


シナリオ 1 - SharePoint Foundation 2010 と SharePoint Server 2010 のデータベースへのアクセスなし

現象:

  • コンピューターが->-> 不明なコンピューターの SharePoint 2010 製品のオペレーション マネージャー consoleunder 監視の「不明なコンピューター」ビューに表示されます。


  • SharePoint 2010 製品の-> の監視の下のコンソールで複数のビューが「空白」または「監視しない」、これらのビューが含まれます。

    管理・監視されていません。
    コンテンツ データベースの空白
    ダイアグラム] ビューで監視されていません。
    イベント - 空白
    畑の空
    -空のパフォーマンス
    サーバー - 空白
    サービスのフロント エンドでの空します。
    サービス - 空白
    共有サービス - 空白
    SPHA のルール - 空白
    空の web アプリケーション

解像度:SharePoint Foundation および SharePoint Server 2010 データベースに適切なアクセス許可を設定します。エラーが発生する場所を確認するのにデバッグのトレースを有効にします。


必要なアクセス許可

個々 の SharePoint ファーム上のアカウントは、構成に必要な権限を実行します。

  • AllSharePoint の 2010年のフロント エンド サーバーおよびアプリケーション サーバー上のローカル管理者
  • SharePoint 2010 のデータベースをホストするすべての SQLmachines 上のローカル管理者
  • SharePoint 2010 内のすべてのファームの管理者権限
  • SharePoint のすべてのデータベース用の DBO

初期セットアップ中に作成されるすべての SharePoint Foundation 2010 と SharePoint Server 2010 のデータベース上の権限を必要とします。
DBO 権限を必要とする SharePoint Foundation 2010 と SharePoint Server 2010 でデータベースの一部のリストを次に示します。これは完全なリストの特定の構成で itdepends です。
  • Application_Registry_Service
  • Bdc_Service_DB
  • マネージ メタデータ サービス
  • PerformancePoint サービス アプリケーション
  • Search_Service_CrawlStoreDB
  • Search_Service_DB
  • Search_Service_Application_PropertyStoreDB
  • Secure_Store_Service_DB
  • SharePoint_Config
  • SharePoint_AdminContent
  • StateService
  • ユーザー プロファイル サービスの Application_ProfileDB
  • ユーザー プロファイル サービスの Application_SocialDB
  • ユーザー プロファイル サービスの Application_SyncDB
  • ユーザー プロファイル サービスの Application_ReportingDB
  • ユーザー プロファイル サービスの Application_StagingDB
  • WebAnalyticsServiceApplication_ReportingDB
  • WebAnalyticsServiceApplication_StagingDB
  • WordAutomationServices
  • おそらく
  • WSS_Logging

SharePoint 2010 の基盤および SharePoint 2010 Server の初期インストール アカウントは、初期インストール時に作成されたすべてのデータベースで必要な許可を既に持っています。このインストール アカウントを使用して、SharePoint Foundation 2010 と SharePoint Server 2010 の管理パックを構成することをお勧めします。要件管理用の新しいアカウントの作成の呼び出しをセキュリティの管理および検出をパックする場合、SharePoint のインストール アカウントに既に与えられている同じアクセス許可を複製する必要があるを考慮します。


クラスター化されたルート管理サーバーのインストール、SharePointMP.config ファイルが必要に次のディレクトリに

X86% プログラム ファイル (86) \System Center Management Packs\Microsoft SharePoint 2010 Products OpsMgr 2007 MP en の Windows サーバー オペレーティング システムのビット バージョンのこと

Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の 64 ビット バージョンの SharePointMP.config ファイルをコピーしますプログラムの Files\System センターの管理パックは、%%programfiles(x86) %\System Center 管理パックのディレクトリから


完全ファーム管理者の権限を新しいアカウントに付与します。

  1. SharePoint 2010 サーバーの管理を開きます。
  2. セキュリティ パネルの左クリックします。
  3. ユーザー管理、ファーム管理者グループ」をクリックの右下中央のウィンドウで
  4. SharePoint を最初にインストールしたアカウントがいない場合があります。次グループに SharePoint を実行としてアカウントを追加します。
  5. アカウントを追加する操作マネージャーの SharePoint の左上隅をクリックでドロップダウン リストの [新規] の横の矢印をユーザーの追加を選択します。
  6. 小さな本のアイコン (参照) をクリックします。
  7. 操作マネージャーの SharePoint のアクション アカウントの名前を入力します。
  8. 検索アイコンをクリックし、操作マネージャーの SharePoint のアクション アカウントを返すまで待機します。
  9. [追加] ボタンをクリックします。
  10. [Ok] をクリックします。

デバッグ トレースを有効にします。


デバッグ トレースを有効にするエージェント コンピューターが Windows PowerShell を実行するスクリプト ベースの検出と SPHA モニターのデバッグ トレースが有効になります。既定ではになります。有効な場合、スクリプト ベースの検出モニターはデバッグ トレース情報イベント ログに書き込む操作マネージャーのチャネルにすべてのエージェント コンピューターとデバッグのすべてのトレース イベントは、イベント ID 0 があります。

次のデバッグ トレースは有効にします。
  1. オペレーション コンソールで [監視] を選択します。
  2. SharePoint 2010 製品を選択します。
  3. 管理ビューを選択します。
  4. [アクション] パネルの設定 DebugTrace の SharePoint 管理「パック」という名前タスクをクリックします。タスクの実行」ウィンドウがポップアップします。
  5. (デフォルト オプション) のデバッグ トレースを有効にするを実行] をクリックします。デバッグ トレースを無効にするには、上書きをクリックします。
  6. 有効パラメーターの値をポップアップ ダイアログ ボックスに"False"に設定します。
  7. 上書きダイアログ ボックスを閉じるをクリックします。
  8. 実行をクリックします。
  9. タスク ウィンドウでタスクの進捗状況、完了を待機し、タスクの出力を確認、タスクが正常に完了を確認.
  10. 閉じるをクリックします。

デバッグ トレースを使用する方法
設定 DebugTrace の SharePoint 管理パック」「タスクを実行し、管理タスクを再実行してチャンネルに移動する操作マネージャーのイベント サーバーでし ID を持つイベントを確認 = 0。イベント ログのタイムスタンプを確認し、ケースが確認する SharePoint ULS トレース ログを確認し
ULS トレース ログの詳細については、TechNet (SharePoint Foundation 2010 のドキュメントを参照してください。http://technet.microsoft.com/en-us/sharepoint/ee263910.aspx ).

構成より安全なオプション」

安全なオプションは、構成済みの資格情報このセクションで指定されたコンピューターにのみ提供します。検出し、指定された SharePoint ファームを監視する目的で送信される資格情報になります。このリスト内のコンピューターに SharePointMP.config ファイルで指定されている同じコンピューター必要があります。要件はそれぞれ個別のファームのすべての分散アプリケーション コンポーネントです。これはフロント エンド サーバーおよび SharePoint データベースまたはそのコンポーネントをホストする SQL サーバーが含まれます。

構成するオプションをよりセキュリティで保護された、次の。

オプション1- 実行としてアカウントを作成および構成
  1. オペレーション マネージャー コンソールを開きます。
  2. [管理] タブに移動します。
  3. [セキュリティ] ノードを展開します。
  4. アカウントとして実行を右クリックします。
  5. 作成実行としてアカウントを [次へ] を選択します。
  6. 実行としてアカウントの種類として"Windows"に設定、表示名と次へをクリックします。
  7. Active Directory ドメイン ユーザーの資格情報の入力を考慮し、次へをクリックします。
  8. 」安全性が向上します」オプションを選択し、すべての SharePoint ファームの一部であるサーバーを追加します。これはすべての SharePoint フロント エンド、アプリケーションおよび SQL サーバーを SharePoint ファームに含まれます。
  9. 作成] をクリックします。
オプション 2 - 既存のアカウントを設定
  1. オペレーション マネージャー コンソールを開くし、[管理] タブに移動します。
  2. 実行構成] ノードを展開し、アカウントを強調表示します。
  3. 中央のパネルで [種類] の下の中央のウィンドウから既存実行としてアカウントを開く: Windows
    アカウントを右クリックし、プロパティ] を選択します。
  4. [配布] タブをクリックします。
  5. 」安全性が向上します」オプションを選択し、すべての SharePoint ファームの一部であるサーバーを追加します。これはすべての SharePoint フロント エンド、アプリケーションおよび SQL サーバーを SharePoint ファームに含まれます。
  6. [Ok] をクリックします。

配布セキュリティ SP ファームの一部であるすべてのサーバーが選択されていて、ここに含まれていることを確認します。お勧めオペレーション マネージャー サーバーのモニターの 1 セットのみ 1 つの SharePoint ファームします。エージェントのマルチホーム コンピューター (複数のオペレーション マネージャーの管理グループで監視される SharePoint サーバー) のことはお勧めしません。


シナリオ 2 -
関連のアカウントとして実行を構成します。

現象

  • SharePoint 2010 製品の-> の監視の下のコンソールで複数のビューが「空白」または「監視しない」、これらのビューが含まれます。

    管理・監視されていません。
    コンテンツ データベースの空白
    ダイアグラム] ビューで監視されていません。
    イベント - 空白
    畑の空
    -空のパフォーマンス
    サーバー - 空白
    サービスのフロント エンドでの空します。
    サービス - 空白
    共有サービス - 空白
    SPHA のルール - 空白
    空の web アプリケーション

  • 構文のための実行としてアカウントの関連付けが正しく構成されていないときに次のエラー メッセージは表示します。


    例:
    The Event Policy for the process started at 10:44:13 PM has detected errors in the output. The 'StdErr' policy expression: .+ matched the following output: Account OpsMgr SharePoint Action Account doesn't exist Failed to find RunAs account OpsMgr SharePoint Action Account Command executed: "C:\Windows\system32\cmd.exe" /c powershell.exe -NoLogo -NoProfile -Noninteractive "$ep = get-executionpolicy; if ($ep -gt 'RemoteSigned') {set-executionpolicy remotesigned} & '"C:\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 32\9687\AdminTask.ps1"' 'SharePointMP.Config'" Working Directory: C:\Program Files\System Center Management Packs\ One or more workflows were affected by this. Workflow name: Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.ConfigSharePoint Instance name: Microsoft SharePoint 2010 Farm Group Instance ID: {B7E9A5AF-62D1-CF79-0AE8-044AE7CECBD7} Management group: XXX Error Code: -2130771918 (Unknown error (0x80ff0032))
  • SharePoint Foundation 2010 または SharePoint サーバー 2010 がインストールされていないマシンは、SharePoint 2010 サーバーとして検出されます。

解決-実行アカウントの関連付けの構成や、マシン名の関連付けを構成するより安全なオプション」を設定します。


構成より安全なオプション」

安全なオプションは、構成済みの資格情報このセクションで指定されたコンピューターにのみ提供します。検出し、指定された SharePoint ファームを監視する目的で送信される資格情報になります。このリスト内のコンピューターに SharePointMP.config ファイルで指定されている同じコンピューター必要があります。要件は、すべてを特定のファームのアプリケーション コンポーネントを分散します。これはフロント エンド サーバーと SQL サーバー、SharePoint データベースをホストします。

構成するオプションをよりセキュリティで保護された、次の。

オプション1 - 実行としてアカウントを作成および構成
  1. オペレーション マネージャー コンソールを開きます。
  2. [管理] タブに移動します。
  3. [セキュリティ] ノードを展開します。
  4. アカウントとして実行を右クリックします。
  5. 作成実行としてアカウントを [次へ] を選択します。
  6. 実行としてアカウントの種類として"Windows"に設定、表示名と次へをクリックします。
  7. Active Directory ドメイン ユーザーの資格情報の入力を考慮し、次へをクリックします。
  8. 」安全性が向上します」オプションを選択し、すべての SharePoint ファームの一部であるサーバーを追加します。これはすべての SharePoint フロント エンド、アプリケーションおよび SQL サーバーを SharePoint ファームに含まれます。
  9. 作成] をクリックします。
オプション 2 - 既存のアカウントを設定
  1. オペレーション マネージャー コンソールを開くし、[管理] タブに移動します。
  2. 実行構成] ノードを展開し、アカウントを強調表示します。
  3. 中央のパネルで [種類] の下の中央のウィンドウから既存実行としてアカウントを開く: Windows
    アカウントを右クリックし、プロパティ] を選択します。
  4. [配布] タブをクリックします。
  5. 」安全性が向上します」オプションを選択し、すべての SharePoint ファームの一部であるサーバーを追加します。これはすべての SharePoint フロント エンド、アプリケーションおよび SQL サーバーを SharePoint ファームに含まれます。
  6. [Ok] をクリックします。

配布のセキュリティにより、SharePoint ファームの一部であるすべてのサーバーが選択されていて、ここに含まれていること。お勧めオペレーション マネージャー サーバーのモニターの 1 セットのみ 1 つの SharePoint ファームします。エージェントのマルチホーム コンピューター (複数のオペレーション マネージャーの管理グループで監視される SharePoint サーバー) のことはお勧めしません。



関連のアカウントとして実行を構成します。

実行としてアカウントを SharePoint の管理パックの構成ファイル内で関連付けられる必要があります。正しく構成されていない場合は、SharePoint サーバーを検索できません。

SharePointMP.config ファイルを構成します。

  1. <drive>に移動します \Program ファイル (86) \System Center Management Packs\Microsoft SharePoint 2010 Products OpsMgr 2007 MP en-我々。

    Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の 64 ビット バージョンの SharePointMP.config ファイルをコピーしますプログラムの Files\System センターの管理パックは、%%programfiles(x86) %\System Center 管理パックのディレクトリから</drive>
  2. SharePointMP.config ファイルを右クリックし、編集を選択
  3. Locatethe セクションを次に示すよう

    例:

    <Association account="SharePoint Discovery/Monitoring Account" type="Agent">

    </Association>
  4. 実行アカウントとして実行としてアカウントを SharePoint ファーム構成した以前の「表示名」を反映するためにここを変更します。

    今ここのようになります

    <Association account="SPAdmin" type="Agent">

    または

    <Association account="Domain\SPAdmin" type="Agent">


    混同しないように、実際の active directory ドメインのユーザー アカウントです。</Association></Association>


コンピューター名の構成

SharePoint ファームの一部であり実行としてアカウントの SharePoint 2010 ファームの使用」のセキュリティを強化」のセクションに一致するすべてのサーバーのコンピューター名を構成します。

Hostname コマンドは、コマンド プロンプトからサーバーで実行、ローカルまたはリモート コンピューターごとにこの名前を確認するには、ファームの一部です。


SharePointMP.config ファイルを構成します。

  1. <drive>に移動します \Program ファイル (86) \System Center Management Packs\Microsoft SharePoint 2010 Products OpsMgr 2007 MP en-我々。

    Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の 64 ビット バージョンの SharePointMp.config ファイルをコピーしますプログラムの Files\System センターの管理パックは、%%programfiles(x86) %\System Center 管理パックのディレクトリから。

    クラスター化されたルートの管理サーバーをクラスターの両方のノードで同じ手順を実行しなければなりません。
    </drive>
  2. SharePointMP.config ファイルを右クリックし、編集を選択します。
  3. セクションを検索します次のよう

    例:

    <Machine name=""></Machine>

    <Machine name=""></Machine>



  4. ここなど、SharePoint のサーバー名を変更します。


    <Machine name="SRV1"></Machine>

    <Machine name="SRV2"></Machine>



確認実行アカウントが構成されています。

実行としてアカウントが構成されてを確認します。
  1. Operations Manager イベント ログを開きます。
  2. このイベントのイベント ID 7026 - 開いている検索 - SharePoint MP 用のアカウントとして実行が正常にログオンすることを示します。
注:Operations Manager イベント ログにイベント ID 7000 をログオン アカウントと SharePoint の MP の実行が失敗したことを示します。

操作マネージャーのログ名:
ソース: 出力
日付:
イベント ID: 7000
タスクのカテゴリ: ヘルス サービス
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:
説明:
ヘルス サービスが管理グループ<MGName>の RunAs アカウント contoso\spadmin にログオンできませんでした。エラーがログオン失敗: 不明なユーザー名またはパスワードが間違っています。(1326 L) ですこれから監視または RunAs アカウントを使用してアクションを実行する正常性サービスを防ぐことは。

またもに表示される次のイベント

操作マネージャーのログ名:
ソース: 出力
日付:
イベント ID: 7021
タスクのカテゴリ: ヘルス サービス
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:
説明:
ヘルス サービス管理グループ<MGName>のユーザー アカウントを検証できませんでした。


操作マネージャーのログ名:
ソース: 出力
日付:
イベント ID: 7015
タスクのカテゴリ: ヘルス サービス
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:
説明:
ヘルス サービスが管理グループ<MGName>の RunAs アカウント contoso\spadmin の今後の有効性を確認できません。エラーがログオン失敗: 不明なユーザー名またはパスワードが間違っています。(1326 L)。



シナリオ 3- ローカル ドメインまたはリモート ドメイン内の複数のファームを監視することができません

現象:
から見た-> の SharePoint 2010 製品の監視-> ファームの状態の表示は 1 つだけのサーバー ファームが発見されました。他のファーム サーバーに表示、SharePoint 2010 製品の-> の監視状態表示の UnidentifiedMachines->

解像度:SharePointMP.config を複数のサーバー ファームの構成します。



必要なアクセス許可

それぞれ個々 の SharePoint ファーム アカウントとして実行に必要な権限は次のとおりです。
</MGName></MGName></MGName>
  • すべての SharePoint フロント エンドとアプリケーション サーバー上のローカル管理者
  • SharePoint 2010 のデータベースをホストするすべての SQL ボックス上のローカル管理者
  • SharePoint 2010 内のすべてのファームの管理者権限
  • SharePoint のすべてのデータベース用の DBO

SharePoint 2010 の基盤および SharePoint 2010 Server の初期インストール アカウントは、初期インストール時に作成されたすべてのデータベースで必要な許可を既に持っています。このインストール アカウントを使用して、SharePoint Foundation 2010 と SharePoint Server 2010 の管理パックを構成することをお勧めします。要件管理用の新しいアカウントの作成の呼び出しをセキュリティの管理および検出をパックする場合、SharePoint のインストール アカウントに既に与えられている同じアクセス許可を複製する必要があるを考慮します。
ルートの管理サーバーのクラスター化インストール、SharePointMP.config ファイルはクラスターの個別のノードで上記のよう同じディレクトリになければなりません。


構成より安全なオプション」

安全なオプションは、構成済みの資格情報このセクションで指定されたコンピューターにのみ提供します。
検出し、指定された SharePoint ファームを監視する目的で送信される資格情報になります。このリスト内のコンピューターに SharePointMP.config ファイルで指定されている同じコンピューター必要があります。要件は、すべてを特定のファームのアプリケーション コンポーネントを分散します。これはフロント エンド サーバーと SQL サーバー、SharePoint データベースをホストします。

構成するオプションをよりセキュリティで保護された、次の。


オプション
1 - 実行としてアカウントを作成および構成
  1. オペレーション マネージャー コンソールを開きます。
  2. [管理] タブに移動します。
  3. [セキュリティ] ノードを展開します。
  4. アカウントとして実行を右クリックします。
  5. 作成実行としてアカウントを [次へ] を選択します。
  6. 実行としてアカウントの種類として"Windows"に設定、表示名と次へをクリックします。
  7. Active Directory ドメイン ユーザーの資格情報の入力を考慮し、次へをクリックします。
  8. 」安全性が向上します」オプションを選択し、すべての SharePoint ファームの一部であるサーバーを追加します。これはすべての SharePoint フロント エンド、アプリケーションおよび SQL サーバーを SharePoint ファームに含まれます。
  9. 作成] をクリックします。
オプション 2 - 既存のアカウントを設定
  1. オペレーション マネージャー コンソールを開くし、[管理] タブに移動します。
  2. 実行構成] ノードを展開し、アカウントを強調表示します。
  3. 中央のパネルで [種類] の下の中央のウィンドウから既存実行としてアカウントを開く: Windows
    アカウントを右クリックし、プロパティ] を選択します。
  4. [配布] タブをクリックします。
  5. 」安全性が向上します」オプションを選択し、すべての SharePoint ファームの一部であるサーバーを追加します。これはすべての SharePoint フロント エンド、アプリケーションおよび SQL サーバーを SharePoint ファームに含まれます。
  6. [Ok] をクリックします。

配布セキュリティ SP ファームの一部であるすべてのサーバーが選択されていて、ここに含まれていることを確認します。お勧めオペレーション マネージャー サーバーのモニターの 1 セットのみ 1 つの SharePoint ファームします。エージェントのマルチホーム コンピューター (複数のオペレーション マネージャーの管理グループで監視される SharePoint サーバー) のことはお勧めしません。

シナリオの例:2 異なるドメイン内に存在する 3 つの畑があります。


Contoso の SharePoint ファーム管理者 1 contoso.com ドメイン内の最初の SharePoint ファームのファーム管理者アカウントに関連付けられており、ドメインのアカウント SPADMIN1 を使用

Contoso の SharePoint ファーム管理者 2 contoso.com ドメイン内の 2 番目の SharePoint ファームのファーム管理者アカウントに関連付けられており、ドメインのアカウント SPADMIN2 を使用

SharePoint 2010 ファームの管理者である Fabrikam fabrikam.com ドメインで 3 つ目の SharePoint ファームのファーム管理者アカウントに関連付けられており、ドメインのアカウント FKSPADMIN を使用して


Fabrikam.com のリモート ドメインに対して、運用管理ゲートウェイ サーバーまたは 2 つの方法、完全な信頼ドメインを使用して、信頼性の高いリンクであることが想定されます。

実行として構成のアカウント タイプ->->-> 管理の実行としてアカウントの表示名を使用: Windows

Toconfigure SharePointMP.config ファイル。

  1. 移動します。
    ドライブ: \Program ファイル (86) \System Center Management Packs\Microsoft SharePoint 2010 Products OpsMgr 2007 MP en-我々

    Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の 64 ビット バージョンの SharePointMP.config ファイルをコピーしますプログラムの Files\System センターの管理パックは、%%programfiles(x86) %\System Center 管理パックのディレクトリから

    ルートの管理サーバーのクラスター化インストール、SharePointMP.config はクラスターの個別のノードで上記のよう同じディレクトリになければなりません。

  2. SharePointMP.config ファイルを右クリックし、編集を選択します。
  3. セクションを検索します「関連付け」と「コンピューター名」SharePointMP.config ファイルに次の例で示すように
      </Annotation>  <Association Account="SharePoint Discovery/Monitoring Account" Type="Agent">    <Machine Name="" />  </Association>
  4. 後に次の使用例のように「関連付け」と「コンピューター名」のセクションを変更します。
<Association Account="Contoso - SharePoint Farm Administrator 1" Type="Agent"> <Machine Name="Contoso1" /> <Machine Name="Contoso2" /> <Machine Name="Contoso3" /> <Machine Name="Contoso4" /> <Machine Name="Contoso5" /> <Machine Name="Contoso6" /> </Association><Association Account="Contoso - SharePoint Farm Administrator 2" Type="Agent"> <Machine Name="Constosrv1" /> <Machine Name="Constosrv2" /> <Machine Name="Constosrv3" /> </Association><Association Account="Fabrikam - SharePoint 2010 Farm Administrator" Type="Agent"> <Machine Name="Fabrikam1" /> <Machine Name="Fabrikam2" /> <Machine Name=" Fabrikam3" /> </Association>

実行としてアカウントが構成されてを確認します。

実行としてアカウントが構成されてを確認します。
  1. Operations Manager イベント ログを開きます。
  2. このイベントのイベント ID 7026 - 開いている検索 - SharePoint MP 用のアカウントとして実行が正常にログオンすることを示します。
Operations Manager イベント ログにイベント ID 7000 をログオン アカウントと SharePoint の MP の実行が失敗したことを示します。

操作マネージャーのログ名:
ソース: 出力
日付:
イベント ID: 7000
タスクのカテゴリ: ヘルス サービス
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: SRV1.contoso.com
説明:
ヘルス サービスが管理グループ<MGNAME>の RunAs アカウント contoso\spadmin にログオンできませんでした。エラーがログオン失敗: 不明なユーザー名またはパスワードが間違っています。(1326 L) ですこれから監視または RunAs アカウントを使用してアクションを実行する正常性サービスを防ぐことは。

またもに表示される次のイベント

操作マネージャーのログ名:
ソース: 出力
日付:
イベント ID: 7021
タスクのカテゴリ: ヘルス サービス
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: SRV1.contoso.com
説明:
ヘルス サービス管理グループ<MGNAME>のユーザー アカウントを検証できませんでした。


操作マネージャーのログ名:
ソース: 出力
日付:
イベント ID: 7015
タスクのカテゴリ: ヘルス サービス
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: SP2010SRV1.contoso.com
説明:
ヘルス サービスが管理グループ<MGNAME>の RunAs アカウント contoso\spadmin の今後の有効性を確認できません。エラーがログオン失敗: 不明なユーザー名またはパスワードが間違っています。(1326 L)。




シナリオ4- 構成タスクを実行する方法

現象:構成タスクを実行できません、次のエラーが生成されます。


例 1

</MGNAME></MGNAME></MGNAME>
Exception calling ".ctor" with "1" argument(s): "The user Contoso\SPAdmin does not have sufficient permission to perform the operation." Failed to connect to local management group Command executed: "C:\Windows\system32\cmd.exe" /c powershell.exe -NoLogo -NoProfile -Noninteractive "$ep = get-executionpolicy; if ($ep -gt 'RemoteSigned') {set-executionpolicy remotesigned} & '"C:\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 49\5037\AdminTask.ps1"' 'SharePointMP.Config'" Working Directory: C:\Program Files\System Center Management Packs\ One or more workflows were affected by this. Workflow name: Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.ConfigSharePoint Instance name: Microsoft SharePoint 2010 Farm Group Instance ID: {B7E9A5AF-62D1-CF79-0AE8-044AE7CECBD7} Management group: XXXError Code: -2130771918 (Unknown error (0x80ff0032)).


例 2

The Event Policy for the process started at 10:44:13 PM has detected errors in the output. The 'StdErr' policy expression: .+ matched the following output: Account OpsMgr SharePoint Action Account doesn't exist Failed to find RunAs account OpsMgr SharePoint Action Account Command executed: "C:\Windows\system32\cmd.exe" /c powershell.exe -NoLogo -NoProfile -Noninteractive "$ep = get-executionpolicy; if ($ep -gt 'RemoteSigned') {set-executionpolicy remotesigned} & '"C:\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 32\9687\AdminTask.ps1"' 'SharePointMP.Config'" Working Directory: C:\Program Files\System Center Management Packs\ One or more workflows were affected by this. Workflow name: Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.ConfigSharePoint Instance name: Microsoft SharePoint 2010 Farm Group Instance ID: {B7E9A5AF-62D1-CF79-0AE8-044AE7CECBD7} Management group: XXX Error Code: -2130771918 (Unknown error (0x80ff0032)).



解像度:運用マネージャー管理者ロールのアカウントとして実行を追加します。


実行としてアカウント追加タスクを実行するのに

  1. オペレーション コンソールを開きます。
  2. 管理に移動します。
  3. セキュリティをクリックします。
  4. ユーザー ロールをクリックします。
  5. 運用マネージャー管理者をクリックします。
  6. 運用マネージャー管理者の役割の一部としてタスクを実行するアカウントを追加します。

    Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の 64 ビット バージョンの SharePointMP.config ファイルをコピーしますプログラムの Files\System センターの管理パックは、%%programfiles(x86) %\System Center 管理パックのディレクトリから

    ルートの管理サーバーのクラスター化インストール、SharePointMP.config はクラスターの個別のノードで上記のよう同じディレクトリになければなりません。

SharePoint 管理パックのタスクを構成します。

管理タスクでは、オーバーライドの管理パックの存在を保証する、'RunAs' のアカウントをサーバーに関連付けること、プロキシの設定を有効にすると、探索を開始する管理パックを構成します。

「SharePoint 管理パックの構成] タスク次を実行するには

  1. オペレーション マネージャー コンソールを開きます。
  2. コンソールの [監視] タブをクリックします。
  3. SharePoint 2010 製品の表示を展開します。
  4. 管理状態の表示をクリックします。
  5. [操作] ウィンドウの [Microsoft SharePoint 2010 のファームのグループ作業、構成の SharePoint 管理パックをクリックします。
  6. 選択タスクの適切な資格情報 (できれば SharePoint 管理者実行としてアカウントがある以前セットアップ)
  7. 実行] をクリックし、タスクが正常に完了を待ちます。
  8. [閉じる] をクリックします。


成功したタスクの例

SharePoint 管理パックのタスクの説明を構成します。
管理タスクでは、オーバーライドの管理パックの存在を保証する、'RunAs' のアカウントをサーバーに関連付けること、プロキシの設定を有効にすると、探索を開始する管理パックを構成します。


状態: 成功
予定開始時刻。
開始時刻:
送信: CONTOSO\SPADMIN
としてを実行します。
実行場所。
ターゲット。
ターゲットの種類: Microsoft SharePoint 2010 のファームのグループ
カテゴリ: 操作
タスクの出力:

出力
SharePointMP.Config 構成ファイルの読み込み
Microsoft.SharePoint.Foundation.2010 バージョン 14.0.4744.1000 を構成します。
上書き管理パックのバージョン 1.0.0.0 の Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.Override が見つかりました
20時 06分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.WSSInstallation.Discovery の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
TimeoutSeconds の構成を持たない Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.WSSInstallation.Discovery
20時 08分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPFarm.Discovery の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 14分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPService.Discovery の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 20分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPSharedService.Discovery の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 26分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARule.Discovery の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 32分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.Availability の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 32分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.Security の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 32分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.Performance の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 32分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.Configuration の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 32分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.Custom の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 38分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.SPServer.Availability の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 38分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.SPServer.Security の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 38分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.SPServer.Performance の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 38分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.SPServer.Configuration の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
20時 38分 Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPHARuleMonitor.SPServer.Custom の '同期 ' の時間設定の上書きに変更します。
SharePoint 管理パックの構成が正常に完了しました

エラー
なし

終了コード: 0


シナリオ 5 のタスクを実行できません、「SharePoint 管理パックの構成」でシステム センター操作マネージャーの 2012

現象:次のエラー メッセージが生成されます。

The Event Policy for the process started at 6:51:29 PM has detected errors in the output. The 'StdErr' policy expression: .+ matched the following output: Exception calling "ImportManagementPack" with "1" argument(s): "This method from the System Center Operations Manager 2007 R2 SDK is not supported to work with System Center Operations Manager 2012. Please migrate to the System Center Operations Manager 2012 SDK." Failed to create override management pack Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.Override Command executed: "C:\Windows\system32\cmd.exe" /c powershell.exe -NoLogo -NoProfile -Noninteractive "$ep = get-executionpolicy; if ($ep -gt 'RemoteSigned') {set-executionpolicy remotesigned} & '"E:\Program Files\System Center 2012\Operations Manager\Server\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 11\7481\AdminTask.ps1"' 'SharePointMP.Config'" Working Directory: C:\Program Files\System Center Management Packs\ One or more workflows were affected by this. Workflow name: Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.ConfigSharePoint Instance name: Microsoft SharePoint 2010 Farm Group Instance ID: {B7E9A5AF-62D1-CF79-0AE8-044AE7CECBD7} Management group: XXXError Code: -2130771918 (Unknown error (0x80ff0032)).

解像度:システム センター操作マネージャーの 2012年の SDK と互換性のある管理パックの最新バージョンをダウンロードします。 http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34697


シナリオ 6 - SharePoint 2010 のデータベースを監視できません。

現象:
  • ->-> アクティブなアラートの SharePoint 2010 製品の監視、アクティブなアラート ビューで重要なアラートが生成されます。

SharePoint: データベース接続の失敗のアラートの説明

ソース: 構成データベース、重大なインシデントが発生した場所データベースのデータ ソースへの接続 = sp2010srv2; 初期カタログ = SharePoint_Config; 統合セキュリティ = True参加 = False;接続のタイムアウト = 15 にできませんでした。
構成データベースのパス:
モニターの警告: SQL データベースの接続に失敗しました
作成されます。

アラートのコンテキスト。
日付と時刻
HRESULT-2147217805
結果データ ソースを初期化できませんでした。
初期化文字列のエラー メッセージの形式は OLE DB 仕様に準拠していません。
初期化時 23
オープン時 0
実行時間 0
フェッチ時間 0
結果セット データの入力項目

  • モニターの SQL データベース接続に失敗しましたが表示されているビューの次の重要です
->-> の SharePoint 2010 製品の監視

構成データベース
コンテンツ データベース
共有サービス
ダイアグラム] ビュー


解像度:SQL データベース接続に失敗しましたモニターに新しい接続文字列の値の上書きを作成します。


オーバーライドを作成するには、必要は、以下行います。


1. SharePoint 2010 製品をアクティブなアラート->-> theMonitoring の表示は影響を受けるモニターを選択します。

2. アラートの詳細 (下のペイン) でのアラートの説明になります。これのようになります

例:

アラートの説明
重大なインシデントが発生した場所データベースのデータ ソースへの接続 = sp2010srv2; 初期カタログ = SharePoint_Config; 統合セキュリティ = True;参加 = False;接続のタイムアウト = 15 が失敗しました

3. コピー、notepad.exe などのテキスト エディターにテキストを貼り付ける

4. 右クリック モニターにもう一度表示をオンまたはこのモニターの設定を編集

5. SQL データベースの接続に失敗しましたのプロパティ ウィンドウで [オーバーライド] タブを選択し、[上書き] ボタンをクリックしてください

6. オプションを選択する」特定のオブジェクトのクラス: XXX」


例:
特定のオブジェクトのクラス: SharePoint の構成データベース

7 [一致するオブジェクトのオブジェクトの選択、適切な一致するオブジェクトを選択を [OK] をクリックします。

例:
構成データベース

8 からの接続文字列パラメーターの値をオーバーライドします。

例:
Provider=SQLOLEDB;$Target/Property[Type="Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.SPDatabase"]/ConnectionString$

To

プロバイダー = SQLOLEDB; データ ソース = SP2010srv2; 初期カタログ SharePoint_Config; = 統合セキュリティです。参加 = False;接続のタイムアウト = 15

9、新しいオーバーライドの管理パックの作成や保存、既存上書き管理パック以外の変更を保存し [ok] をクリックして

以前コピーした接続文字列モニターのアラートの説明を変更し、真の統合セキュリティを変更する必要がありますそれぞれの個々 のデータベース データベース名 (初期カタログ) に対応する独自のデータベースの一意な文字列を必要があるので


例を示します。
データ ソース = sp2010srv2; 初期カタログ SharePoint_Config; = 統合セキュリティです。参加 = False;接続のタイムアウト = 15

データ ソース = sp2010srv2; 初期カタログ SharePoint_AdminContent_0ada3e0b-a0f6-4af5-a311-34bcedb1c4eb は = 統合セキュリティ = True参加 = False;接続のタイムアウト = 15

データ ソース = sp2010srv2; 初期カタログおそらく; = 統合セキュリティです。参加 = False;接続のタイムアウト = 15

データ ソース = sp2010srv2; 初期カタログ Bdc_Service_DB_17ab85413d424b84ac58ea247e7f5b47; = 統合セキュリティです。参加 = False;接続のタイムアウト = 15

データ ソース = sp2010srv2; 初期カタログ Search_Service_Application_CrawlStoreDB_04e2a4bcdb974275954c0ab090d8a0aa; = 統合セキュリティです。参加 = False;接続のタイムアウト = 15


ユーザー教育-同期時刻を上書き

同期時間の場所で、デフォルト値を使用をお勧めします。既定値はないと思われるパフォーマンスへの影響で、環境が特記事項の適切な場合これらの値を変更してあります。

同期時間の上書き失敗の検出のトラブルシューティング時に特に便利です。既定値をオーバーライドして異なるワークフローの開始時刻を設定および検出の問題を特定できます。

同期時間 (開始時間) は、検出と監視のプロパティです。同期時間は"HH:mm"の形式の文字列値です。同期時間、IntervalSeconds、および管理パックのインポート時、正確な実行時間を指定したワークフローの一緒に確認します。

BaseStartTime 属性には"HH:mm"または整数の形式で値を設定できます。"HH:mm"の形式として基になる開始時間の調整は、
サイクルが繰り返されます。整数形式の関数の配置を設定すると開始時刻を現在時刻とする秒数。留意します。
管理タスクを再実行するたびに、整数値を設定した場合、サイクルの開始時間が再計算されます。
長さ属性は各サイクルの長さ (単位は秒) を指定します。
間隔属性を 1 つのワークフローのタイムアウト時間と、次のワークフローの開始時刻との間の間隔時間 (秒単位) を指定します。

などの場合 IntervalSeconds = 21600 (6 時間) と同期時間 =「01:15」、可能性のあるワークフローの実行時間が 1時 15分 AM 7時 15分 AM、1時 15分 PM 7時 15分 PM。午前 1 時 15 分後、管理パックがインポートされますし、午前 7 時 15 分前に開始されます 7時 15分 am が午後 1 時 15 分後 7時 15分 PM の前に、管理パックがインポートされた場合、7時 15分 PM で開始されます。ただし、ネットワークなどの外部要因により遅延の実際の開始時間も異なります。しなければならない場合、既定同期時間の値は変更されません。

などをインポートした場合に 03時 00分 PM との間隔の秒間 MP がすべて 8 hrs.=(28,800 seconds) に設定し、」03:00] するが午後 11時 00分または 8 時間の MP をインポートしたときに、同期時間がセットアップした後で同期し、同期時間の構成します。

これ正しく構成されない場合、エラー メッセージを以下に示します

例 1

The Event Policy for the process started at 6:46:08 PM has detected errors in the output. The 'StdErr' policy expression: .+ matched the following output: Cycle length 60 is not long enough to ensure the order of workflows Please change cycle length to no less than 360 or decrease times, timeout values, and/or spacing Command executed: "C:\Windows\system32\cmd.exe" /c powershell.exe -NoLogo -NoProfile -Noninteractive "$ep = get-executionpolicy; if ($ep -gt 'RemoteSigned') {set-executionpolicy remotesigned} & '"C:\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 22\9315\AdminTask.ps1"' 'SharePointMP.Config'" Working Directory: C:\Program Files\System Center Management Packs\ One or more workflows were affected by this. Workflow name: Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.ConfigSharePoint Instance name: Microsoft SharePoint 2010 Farm Group Instance ID: {B7E9A5AF-62D1-CF79-0AE8-044AE7CECBD7} Management group: XXX Error Code: -2130771918 (Unknown error (0x80ff0032)).
例 2

The Event Policy for the process started at 6:42:01 PM has detected errors in the output. The 'StdErr' policy expression: .+ matched the following output: Cycle length must be in whole minutes (times of 60) Length value 500 is undefined or invalid Command executed: "C:\Windows\system32\cmd.exe" /c powershell.exe -NoLogo -NoProfile -Noninteractive "$ep = get-executionpolicy; if ($ep -gt 'RemoteSigned') {set-executionpolicy remotesigned} & '"C:\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 21\9314\AdminTask.ps1"' 'SharePointMP.Config'" Working Directory: C:\Program Files\System Center Management Packs\ One or more workflows were affected by this. Workflow name: Microsoft.SharePoint.Foundation.2010.ConfigSharePoint Instance name: Microsoft SharePoint 2010 Farm Group Instance ID: {B7E9A5AF-62D1-CF79-0AE8-044AE7CECBD7} Management group: XXX Error Code: -2130771918 (Unknown error (0x80ff0032)).


ユーザー教育に分離する発見


失敗している 1 つのワークフローの構成タスクを実行した後 5 分を実行する探索の実行時間を設定する例を次。


<WorkflowCycle basestarttime="+5" length="6240" spacing="15">
<Workflow id="SPFarm.Discovery" type="Discovery" times="1"></Workflow>


7時 35分 PM にこの手順を開始する場合、構成オーバーライド startat をコンソールで上書きを表示->-> [管理パック オブジェクトの作成から表示したときに後ろに 7時 40分 PM

同期時間のオーバーライド値 = 19時 40分
間隔秒 = 6240


デバッグ トレースを有効にします。


デバッグ トレースを有効にするエージェント コンピューターが Windows PowerShell を実行するスクリプト ベースの検出と SPHA モニターのデバッグ トレースが有効になります。既定ではになります。有効な場合、スクリプト ベースの検出モニターはデバッグ トレース情報イベント ログに書き込む操作マネージャーのチャネルにすべてのエージェント コンピューターとデバッグのすべてのトレース イベントは、イベント ID 0 があります。

次のデバッグ トレースは有効にします。
</WorkflowCycle>
  1. オペレーション コンソールで [監視] を選択します。
  2. SharePoint 2010 製品を選択します。
  3. 管理ビューを選択します。
  4. [アクション] パネルの設定 DebugTrace の SharePoint 管理「パック」という名前タスクをクリックします。タスクの実行」ウィンドウがポップアップします。
  5. (デフォルト オプション) のデバッグ トレースを有効にするを実行] をクリックします。デバッグ トレースを無効にするには、上書きをクリックします。
  6. 有効パラメーターの値をポップアップ ダイアログ ボックスに"False"に設定します。
  7. 上書きダイアログ ボックスを閉じるをクリックします。
  8. 実行をクリックします。
  9. タスク ウィンドウでタスクの進捗状況、完了を待機し、タスクの出力を確認、タスクが正常に完了を確認.
  10. 閉じるをクリックします。

デバッグ トレースを使用する方法
設定 DebugTrace の SharePoint 管理パック」「タスクを実行し、管理タスクを再実行してチャンネルに移動する操作マネージャーのイベント サーバーでし ID を持つイベントを確認 = 0。イベント ログのタイムスタンプを確認し、ケースが確認する SharePoint ULS トレース ログを確認し
ULS トレース ログの詳細については、TechNet (SharePoint Foundation 2010 のドキュメントを参照してください。http://technet.microsoft.com/en-us/sharepoint/ee263910.aspx ).

上級者。

探索の失敗のトラブルシューティングを使用できます、Operations Manager 2007 R2 MP オーサリング リソース キットの一部である Operations Manager 2007 R2 のワークフロー分析 http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=18222as
Center Operations Manager 2007 のシステムで enablingdiagnostic のトレースを使用するだけでなく http://support.microsoft.com/kb/942864


ワークフロー ファイルを追加する SharePoint の構成 - ユーザーの教育


SharePoint Foundation 2010 と SharePoint 2010 製品の両方を検出するためのワークフローを追加する場合

デフォルト<WorkflowCycle basestarttime="+300" length="28800" spacing="60">

<Workflow id="WSSInstallation.Discovery" type="Discovery" times="1"></Workflow>

<Workflow id="SPFarm.Discovery" type="Discovery" times="1"></Workflow>

<Workflow id="SPService.Discovery" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPSharedService.Discovery" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPHARule.Discovery" type="Discovery" times="1"></Workflow>

<Workflow id="SPHARuleMonitor.Availability;SPHARuleMonitor.Security;SPHARuleMonitor.Performance;SPHARuleMonitor.Configuration;SPHARuleMonitor.Custom" type="Monitor" times="8"></Workflow>

<Workflow id="SPHARuleMonitor.SPServer.Availability;SPHARuleMonitor.SPServer.Security;SPHARuleMonitor.SPServer.Performance;SPHARuleMonitor.
SPServer.Configuration;SPHARuleMonitor.SPServer.Custom" type="Monitor" times="8"></Workflow>

</WorkflowCycle>


SharePointMp.config ファイルに次のセクションを追加します。

<Workflow id="MOSSInstallation.Discovery;WACInstallation.Discovery;SearchExpressInstallation.Discovery;SearchStandardInstallation.Discovery" management="" pack="Microsoft.SharePoint.Server.2010" type="Discovery" times="1"></Workflow>

<Workflow id="SPService.Discovery" management="" pack="Microsoft.SharePoint.Server.2010" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPSharedService.Discovery" management="" pack="Microsoft.SharePoint.Server.2010" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPSharedService.Discovery.WAC" management="" pack="Microsoft.SharePoint.Server.2010" type="Discovery" times="4"></Workflow>


The 構成ファイルは次のようになります

<WorkflowCycle basestarttime="+300" length="28800" spacing="60">

<Workflow id="WSSInstallation.Discovery" type="Discovery" times="1"></Workflow>

<Workflow id="MOSSInstallation.Discovery;WACInstallation.Discovery;SearchExpressInstallation.Discovery;SearchStandardInstallation.Discovery" management="" pack="Microsoft.SharePoint.Server.2010" type="Discovery" times="1"></Workflow>

<Workflow id="SPFarm.Discovery" type="Discovery" times="1"></Workflow>

<Workflow id="SPService.Discovery" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPSharedService.Discovery" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPService.Discovery" management="" pack="Microsoft.SharePoint.Server.2010" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPSharedService.Discovery" management="" pack="Microsoft.SharePoint.Server.2010" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPSharedService.Discovery.WAC" management="" pack="Microsoft.SharePoint.Server.2010" type="Discovery" times="4"></Workflow>

<Workflow id="SPHARule.Discovery" type="Discovery" times="1"></Workflow>

<Workflow id="SPHARuleMonitor.Availability;SPHARuleMonitor.Security;SPHARuleMonitor.Performance;SPHARuleMonitor.Configuration;SPHARuleMonitor.Custom" type="Monitor" times="8"></Workflow>

<Workflow id="SPHARuleMonitor.SPServer.Availability;SPHARuleMonitor.SPServer.Security;SPHARuleMonitor.SPServer.Performance;SPHARuleMonitor.SPServer.Configuration;SPHARuleMonitor.SPServer.Custom" type="Monitor" times="8"></Workflow>

</WorkflowCycle>

詳細
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2690744 - 最終更新日: 06/17/2015 07:53:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center Operations Manager 2007 R2, Microsoft System Center 2012 Operations Manager, Microsoft System Center Operations Manager 2007, Microsoft System Center Operations Manager 2007 Service Pack 1

  • kbtshoot kbmt KB2690744 KbMtja
フィードバック